【混乱する韓国】もはや内戦一夜前と呼ぶべき状況では?

噂の玉ねぎ男・チョグック(曺国)法相が一昨日の14日、電撃辞任をしましたね。

彼の辞任は、韓国保守側の勝利とも言えることですが、これで韓国の国内情勢はさらに不安定になるんじゃないのかなぁと思ってます。

 

たった一年でここまで状況悪化するものかと……。

チョグックさんが韓国法相になったのは9月の始めのこと。

【曺国法相】韓国は古代な暗黒時代へ!

2019年9月9日

なんやかんやで展開は早かったですが、正直もう何がなにやらって感じですよね。

だって、かれこれこの一年の韓国ネタって多すぎだと思いませんか?

去年の今頃であれば、「日韓断交」という言葉は刺激的過ぎるように映る世論だったように思うのですが……

雑誌の見出しとしても、こういう論調が普通になってきましたよね。

もちろんこういう見出しをつければ、左派の皆様が騒ぐことにはなるのですが…

実は騒いでいる左派は、自分の紙面でちゃっかり週刊ポストを宣伝していたというお粗末な結果に。

ということで、いろんなことが一気に起き過ぎているとも言える日韓関係ですので、超ざっくりではありますが、あらためてここ1年の間に起きた内容を確認しておきましょう。

超ザックリ、この一年で起きた日韓関係あれこれ

去年の10月に、元募集工問題の判決が韓国で可決され

それから12月に、レーダー照射問題。

そして今年7月に、ホワイト国除外されてからは、常軌を逸したディスカウントジャパン活動が過熱し、慰安婦問題を蒸し返さないという約束の日韓合意も事実上破棄する事態となりました。

さらに8月には、GSOMIA破棄を表明(正式には来月で契約が切れます。)

GSOMIA破棄の表明を受けて、韓国は米国とも対立するようになってしまいました。

【さすが韓国】いつの間にか米韓対立に発展????

2019年8月29日

たった一年の間に、韓国にとって友好国だったはずの日米との関係は、もう後戻りができないほど、取り返しのつかない状況になってしまいましたが、こうなるであろうということは、波動の見地である程度予測がついていました。

日本が韓国に対して見限る感情が増えると、波動交流が出来なくなり、波動乖離が起きるからです。

そして、このような状況で日本を攻撃しようとする行動は全て自分に跳ね返ってくる(ブーメラン減少が起る)ことになるので、さらなる環境悪化に繋がってしまうことになります。

【言った通り】波動乖離したら、低波動は低波動しか攻撃できないって

2019年5月29日

 

とはいえ韓国側、特に文政権側の中にある思想は、自分のしている行動によって状態が悪化するとは間違いなく思っていないはずなんですよね。

韓国の上層部ですから「何より身の安全は第一」と思っていることでしょうが、それでも「自分たちのしている事によって半島全土に平和や豊かさが訪れる」と勘違いしてしきっているでしょうね。

どう勘違いしているのか、ここも整理しておきましょう。

 

南北統一で半島に平和が訪れるとかいう誤算。

文大統領の思っていることを超訳してみます。

南北統一することで、韓国は核保有国となり、その軍事的強みを背景に、半島全体が強国に生まれ変わり、半島全体が豊かで平和な場所となる。

色々な文献で考察する限り、凡そ文大統領はこのように思っているのではないかなと、私は考えています。

文大統領及び政権内部は強烈な親北派ですので、今まで築き上げてきた米国や日本の関係をかなぐり捨てて、北朝鮮に媚びる行為を続けています。

このような動きから、北朝鮮と文政権は一心同体と思われがちですが、実は北朝鮮は文大統領をよくは思ってないようです。

トランプ大統領にも「文大統領は嘘つきだ」と言っていたようですしね。信頼はされていない模様です。

【ほらねww】G7で「文大統領は信用できない」

2019年8月27日

というよりも、北朝鮮が韓国に求めていたのは、米国などと対等に話すことができるきっかけであり、その関係を悪化させることは求めていないのではなかろうかと。

しかも、文大統領を中心とした韓国内の親北派の考えと、北朝鮮のドメスティックな考え方には様々な齟齬というか理解の食い違いもあります。

【文在寅】韓国大統領の本当の目的は??

2019年1月28日

ですから、南北統一しようという試みが強くなればなるほど、内乱になってしまうだろうなと以前から思ってました。

 

そして、その方が世界は平和に繋がるだろうなとも思ってましたが……半島は内部で揉め合いへし合いしのぎあいとなるはずです。

【新説】朝鮮半島統一でようやく日本が平和になる!

2018年3月30日

 

そして、既に今、南北統一を夢見る文政権の目の前で、その方向性に韓国民が「NO」と叫び始めています。

ですから、ここから北朝鮮、文政権(韓国)、反文政権(韓国)の間で、どこが主導権を取り、どの思想に合わせて国を運営していくのかで、ますます揉めていくだろうなと思います。

その上戦後一貫して、半島の思想統一の要となっていた「反日」というイデオロギーが施策として無効化されているので、彼らのフラストレーションは日に日に強くなってしまうだろうなとも思っています。

そのフラストレーションが国内に向かえば向かうほど、彼らはもっと揉めることになるのでしょうが、半島が生まれ変わるためには自浄作用が必要で、自らを変え同期する姿勢になることが必要ですよね。(【日韓関係】波動乖離ができて初めて起きる同期

にもかかわらず、朝日新聞や毎日新聞は狂ったように、「半島に手を差し伸べろ」と書きまくってますが、

その論調を信じて行動する人は、めっきり減ってしまいましたよね。

そして今まさに、朝日や毎日の言うとおりにしない方が良い環境が手に入ることも見えてきてしまいましたね。

 

左派系メディアはこんな感じで↓、日韓関係の悪化は日本の経済に大打撃と書きまくってますが……

韓国人の観光客が減ったら、なぜか観光収入が増えてしまっているのが事実です。

日本においては、離れて良かったということがこれからますます増えていくことになるでしょうね。

今まで調和していたものが離れることによって、一方は今までよりも良くなり、一方は今までとは比べものにならないほど悪くなっていきます。(【日韓関係】波動乖離ができて初めて起きる同期

悪くなる方は、どんどん感情的で刹那的で焦りを強めていき暴力的にもなっていきますから、内乱から内戦と呼ぶべき状況になるのも時間の問題だろうなと思ってます。

またちなみに、どの勢力が勝ち上がったとしても、たとえ今回チョグックを追い詰めた韓国保守層が半島を統一することになったとしても、どの勢力も反日なので、日本はどの勢力が上に立ったとしても対応を変えないのが一番だと思ってます。

 

本を販売してます。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

4 件のコメント

  • いつも分かり易い解説ありがとうございます。
    韓国については、日本の国防面で考えるとしっかりしてほしいのですが、
    経済・文化・人的交流などの面では、お付き合いしたくないのが正直なところですね。
    根底にあるのは韓国の教育で、日本も本当の歴史をそろそろ教える時期に来たのかも知れませんね。
    日本の中高歴史教育では、大東亜戦争以降はお茶を濁す程度の教え方ですが、
    個人的には社会科教師の良心が現れているんではないかと勝手に解釈しています。
    私の高校時代の社会科教師も日教組の役職についているのに、有志を募って補習をおこなってくれました。
    内容は江戸後期から現代までの教科書に書かれていない歴史でした。
    現在ネットの世界では当然のことのように言われてる事。
    コミンテルンの思惑、中韓の成り立ち、米国の誤り、日本より英国の方が損害が大きいこと等、
    あの時代ある意味命を捨てる覚悟がないとできない行動です。
    韓国も呉善花さんと言う素晴らしい方がいるのだから、そのような人たちが教育に携わると、
    少しはマシになると思うのですが...

    • おはようございます。
      こちらこそいつもお読みくださりありがとうございます。
      戦後70年間に渡って、誤った付き合い方、その上間違った歴史教育を日韓それぞれ続けてしてきてしまった結果、友好どころかとにかく極力付き合いたくないという状況を育んでしまいましたね。
      私は、日本史は中学までしか習っておらず(高校は世界史選択)、そのせいかもしれませんが、明治からは近現代ってことでざっと流す感じで授業が終わった記憶があります。ただ、その中でもなぜか南京大虐殺はきちんとやった記憶があるというか、今は30万人と中国が主張してますが、当時の授業では3万人と教えられたことをはっきりと覚えています。(おじいちゃんたちがこんなにひどいことしたんだとあまりにショックだったので、覚えてます)なのにそれが捏造だったと知って、大人になってさらにショックを受けましたが……。

      浜太郎さんの社会科の先生は骨がありますね。当時であっても現代であっても、こういう事は本当に命がけの行為だと思います。
      ただ、このような当り前の事実をきちんと子供のうちに教えてもらえれば、その反省を活かして子供たちは考えられるのに、誤った教育だからこそ、その誤解が拭えず変な大人が量産されてしまうことになっています。

      日本の教育が本質から歪んでしまっているのは、文部省の事務次官が前川喜平であり、また左派やマスメディアが前川喜平をヒーロー扱いしてしまっている点で充分伺えます。メディアと教育を抜本から見直すことさえできれば、問題の解決はきっと早いと私も思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 韓国が短期間でここまで行くなんて・・・・という驚きもありますが、記事を読んで納得です。
    韓国もまさか、ここまで日本や北朝鮮に無視されるなんて思っていなかったのでしょうが、北朝鮮が日本やアメリカに対して取る態度と、韓国に対して取る態度は、全然違いますもんね。強気な発言は同じなのですが・・・「質」が違うと言いますか、日本人が気づくずっと前から見限っていたのかもしれませんが。

    >悪くなる方は、どんどん感情的で刹那的で焦りを強めていき暴力的にもなっていきますから、内乱から内戦と呼ぶべき状況になるのも時間の問題だろうなと思ってます。

    本当に!韓国内部でも「地図上から韓国が消えるのではないか」という声も上がっているようですので、破滅に向かっていくのは本当に時間の問題のように思います。

    • こんにちは!
      無視という判断が、これほどまで威力を発揮すると思っていなかった人が多いと思いますが、無視の威力を実感できるようになれば、この対応が通常になるはずなので、韓国の過去のような栄光は未来永劫もう訪れないと思いますし、国内が気がつき始めている事態はもう避けられないんじゃないかなと思っています。
      破滅に向かうことにはなると思いますが、心次第でやり直すことはできますから、それを遠い場所から見届けたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください