【曺国法相】韓国は古代な暗黒時代へ!

ブレーキを忘れ、アクセルしか吹かせない人の言動は、世論とは無関係になれるのですね。

 

チョグック法相になってしまったってよwwwww

ここ最近、朴槿恵降ろしのロウソクデモ並に、つまりチェスンシル並に報道されていた曺国(チョグック)さん。

 

こんなに尺を使って報道するほどのことではないと、一般国民なら思うでしょうが、今のメディアの中枢にいる人においては、きっと重大なのでしょう。

日韓における問題はもっと別の所にあるし、他にも重大な問題が日本には山積みなのに、限りある放送時間をやたらと曺国(チョグック)に使用するということは、とにもかくにもメディア的には重大な証だと思っています。

そして、日本のメディアがやたらと曺国(チョグック)下げに転じたのは、日本の世論も駆使して、北朝鮮が曺国(チョグック)を引きずり降ろしたいと思っている意思表示なんじゃないの?って私は思ってまして……

【暴走韓国】死ぬから道連れか、それとも野望なのか?

日本でここまで大々的に報道された場合の韓国は、日本の報道世論のままに韓国の政治が動くのが通常なのですが……

まさか、まさか、まさかの事態で、曺国(チョグック)法相になってしまいましたっっっw

しかも、速報出たらしいですよ(笑)

【テレビw】他国の法相就任を全国ニュースで速報出すwwwwwwwwww

この国どこの国やねんって話ですよねwwww

ですが、一部の半島系の人には衝撃の走る事であり、速報を出さなければならないほどの事だったということでしょう。

 

こっから、韓国はさらなる暗黒時代へ!

曺国(チョグック)が法相になったということは、法とは全て文大統領たちのさじ加減ということが名実化したと言えます。

以前より、メンタリストDaigo君は、「文大統領の言動はこっからもっと激しくなる」と心理的に予想されてましたが、あまりにその言及通りの展開に私も驚きです。

↓関連記事↓

【暴走韓国】死ぬから道連れか、それとも野望なのか?

 

さすがに今回は躊躇するかなと思っていましたが、権力突破してしまいました。

 

ということは、全ては権力の判断というのがこれからの韓国です。

つまり、法など関係ないものとなるということです。

 

今まで法で「良し」とされてきたことが突如「悪」となる連打がこれから起きると思います。

 

特に、親日とレッテル貼りされるに値する人たちには、苦難に満ちた時代がやってくると思います。

なぜなら、文大統領の頭の中には、「日本=悪」しかないですからね。

この偏った思考性によって、日本や日本人と付き合いのある人たちは軒並み窮地に陥るんじゃないかなと思います。

彼の思想はどんどん過激になっていますから、今まで以上に「悪である日本を貶める」ことを第一に掲げ、その悪との付き合いがある人は、全て排除という流れになるのではなかろうかと思ってます。

 

こんな事起こりえようもないと思うのが普通の解釈だと思いますが、どんどん発想が過激になっているのが文大統領であり、その過激さは日を追うごとに「昨日の二乗」としか思えない事が続いています。

ですから、「起こらない」と思う方のが、今やお花畑なのではないかなと思います。

日韓の今後を考えて「仲良くしよう」と頑張っている半島の人ほど、憂き目にあいそうな現状をとらまえて、行動された方が良いのではないかなと思ってます。

つまり、とにもかくにも今日本にいることが、半島の人においては一番危ない事になったのではないかなと、私は思うのですよね。

だって、チュチェ思想の曺国(チョグック)が法相になったのですから。

 

■■■■お知らせ■■■■

来月9月21,22日に野外合宿企画を立ち上げました。

夏期合宿(野外学習体験)のご案内

↑ご興味ある方!一緒に野外学習しましょう↑

■■■■■■■■■■■■

 

 

新刊のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

4 件のコメント

  • 昨日の虎ノ門ニュース、青山さんの話にも通じるのですが、一般市民にできることは、韓国の話題になったり、日本悪の話になったら、テレビのチャンネルを変えることだと思います。 
    自然にそうなっていくんでしょうね。だって、文さんのおかげで、さすがのやさしい優しい日本国民も、韓国ときいただけで、嫌な気持ち、あるいは怒りの気持ちがアンカーされていると思うから。 
    ぱよったタレントコメンテーターは、声がかからなくなるか、しれーっと方向転換するかもですね。
    これからも冷静にに注視したいと思います。
    ところで、ブレーキがない、アクセルふかすだけ、でいえば、官僚の体質、天下りシステムなんかも、そうですよね。 これはアレックスカーさんが書いていたことですが、そう思います。
    考えてみたら、この官僚制度、科挙システム、はあちら側からの輸入品ですよね^^;
    もっとも、パよくたちが官僚や議員の中に入っていることが問題なのかとおもいますが、
    とにかく、古くてもう使えない、いろいろな枠組みが外れていくことを願います。
    日本人のお上頼み体質も変わると、変わっていくのかな。
    やっぱりお任せ、でなく目を向けるということがそれを可能にするのでは、と思います。
    ですから、このように情報発信してくださることに感謝します。
    いつもありがとうございます。
    拙い文章で失礼しました。 

    • おはようございます。
      あらゆることが瓦解していっていますよね。
      週刊ポストの件で、お左翼言論人が「もう小学館とは仕事をしない」と言い出しましたよね。
      これから当り前の事を言うだけで、向こうの方から怒りモードで離れて行く現象が起きるのではないかなと思ってます。
      今までだったら、こちら側が誤るのがスタンダードでしたが、「好きにすれば?」という感じで謝らなくなって、そして彼らの方の仕事が枯渇していく感じになるんじゃないかなと思ってます。
      韓国の切るカード切るカード、全部自分を追い詰めていくのと同じ図式の事が繰り広げられるのではないのかなと思ってます。
      こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。

  • ゆりさん、こんにちは。
    チョグク氏、法相任命されて、ゆりさんが著作でも書かれ、ずっと前からブログでも仰っていた彼の国との波動乖離が益々進んでいくんだなと実感しています。
    我が家は数年前に意志を持って新聞購読やめたのですが、販売店が頻繁に東京新聞の勧誘用サンプル紙を勝手に投函していくので、興味本位で開いてみると、いやーすごいですね。前川喜平氏がコラム書いてるし、法政大教授があいちトリエンナーレ中止の批判記事、あとは週刊ポストの批判記事が大々的に取り上げられてました。売国奴オールスター出演でした。
    東京新聞て、中日新聞と同じ系列でしたよね、確か。
    数年前の新聞購読者で政治に無知だった私なら、多分なんの違和感もなく、新聞記事をまんま受け取って読んでたんだろうなぁと思うと恐ろしくなります。
    ゆりさんのブログや虎ノ門ニュース、チャンネル桜などを拝読、拝聴するようになってから、マスコミの偏向報道がいかに酷いかにようやく気づけるようになりました。
    サヨク思想にさらされてた頃の自分より、心安らかに、ただただこの国に生まれたありがたさを噛み締められるようになれた気がします。
    週刊ポストのタイトルで怒りまくってる方々のほうが余程感情的ですよね。
    青木理氏、玉川氏が出ている番組は友人と共に視聴拒否してます。

    • たけちゃん、こんばんは!

      東京新聞は中日系列、その通りです!
      左翼に染まると、一番真っ当な事を言っているのが中日であり、東京新聞に見えてくるから、今思い出しても不思議な現象だなと思っています。
      人は、先に入っている情報の整合性を考えて文章を読み込んでいくので、左翼に染まれば染まるほど、あの意見が正しく映るのだと思いますが……恐ろしいことですよね。。。。
      中日新聞の牙城である中京地区は知らず知らずのうちにこの論調が軸になって物事を考える思考があり、沖縄タイムズや琉球新報に牛耳られている沖縄県と似た香りがするなと思う所が多いです。

      たけちゃんが仰る通り、左翼思想に染められていると、どうにもこうにもこの土地に生まれた事に対して畏敬の念を感じることができませんが、そこから外れるとなんと馬鹿馬鹿しいことに自分の人生をあててしまっていたのだろうと気がつくことになると思います。
      「愛国の念」を持ち合せられるようになれば、ただ生きているだけで10倍……いや百倍以上の穏やかな感情が沸き上がるようになりますよね。
      マスメディアが煽りたがる競争世界の主人公になるのではなく、自分の人生、ただそれだけを有意義に生きたいという思いのが強くなりますよね。
      そこには腹を据えた覚悟が必ず生まれるものです。
      そして腹を据えた覚悟を用いて生きるようになると、如何にマスメディアが陳腐な感情論を掻き立てるために必死になっているのかがどんどん見えてきますよね。

      既にあちらの陣営は阿鼻叫喚の域に入り込んでいると思います。
      穏やかにこれからを見守っていきたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください