【韓国の王道】二兎を追う者は…の後先を知らない韓国

韓国のダメな所って、全て自分の都合で考えた挙げ句、全てが手に入ると思っているところですよね。

 

じゃぁやめれば?…ができない韓国

最近、中韓のキムチ戦争が激化してますね。

そもそもキムチ大好きな韓国人は、国内生産だけではキムチの需要を網羅できず、それゆえ中国産のキムチに依存しているのですが……

その中国産キムチは驚きの作り方をしているようで↓…っていうか…日本人としては絶対に許容することのできない作り方をしております↓

 

また、韓国人においては「キムチ」という言葉そのものがアイディンティティになっているのですが…中国では、どうやらキムチという言葉が禁止されるみたいで…そこに韓国人は怒りを感じているようです。

というのも最近の中国では、漬け物は全て「泡菜(パオツァイ)」と表記される決まりがあるらしく(前からこの決まりがあったのかどうかは不明…っていうか今さら問題になっている事態からして最近そういうことになったのかなと私は思ってます)、それゆえこれから「キムチ」も「泡菜」という表記しか認められないとのことで…それで一部の韓国人は憤っているようなのですが…こんな感じの韓国人特有の憤りに対して私…毎度思うことがあるんですよね。

それって「二兎を追う者は一兎をも得ず」じゃね?ってね。

 

だって今回のことで見えることは、韓国は「中国産キムチは買いたい」だけど「泡菜と呼ばれるのは嫌」ってことでしょ。そして、韓国としてはこれからも中国からキムチを買う状況は維持した上で、中国国内でキムチと呼べる状況も求めてるってことでしょ?

まぁ両方とも手に入れられるならこの上なしだけれども、既に韓国の方が立場が下手になっている時に、高飛車に両方手に入れようとするのって、どうなのかなぁって思うんだよね。

 

それに、キムチって見た目で主張してくる部分が強すぎるので、泡菜という表記であっても見た目でキムチって分かるから、そもそも大きなことではないと私は思うんですよ。

しかも、中国産のキムチを大量消費しているのは誰より韓国人ですから…韓国消費がほとんどであれば、その表記の違いすら問題視する必要がないんじゃないかなって思うんです。

だけど、韓国の場合は「キムチで韓国をPRしたい」という欲望が人一倍強いがゆえに、キムチと表記されない事は国民的大問題でもあるのでしょう。

だから問題となるのでしょうが…ここで中国と揉めたら、韓国に大量輸入してくれている中国産のキムチが手に入らなくなる事も考えられ、そうなった場合誰より打撃を受けるのは韓国です。

だから「二兎を追う者は一兎をも得ず」じゃね?って私は思うんですが……、この点の冷静さが毎度欠けるのも韓国です。

 

それでも韓国は宗主国である中国の言いなりになるのが常なので、結局「泡菜」を受け容れることになると思うのですが、韓国ってこんな感じの斜め上というか、全て自分の思い通りにことを進めたいと思う意志が強すぎるがゆえに、あれもこれも全部「二兎を追う者は一兎をも得ず」になっているように思うんですよね。

 

鬼滅に対する斜め上過ぎる行動は…どうしたものか。

ということで本題!

韓国人の行動は常に日本人から見れば常軌を逸しているとしか思えないものばかりで、ですから今さら韓国人の行動についてあれやこれや言うのもどうかと思うのですが……鬼滅に対する言いがかりと、韓国によって改竄された鬼滅を世界に広めようとする行動は、本当に気持ち悪いとしか言いようがないです。

ちなみに韓国人が問題視しているのは、主人公・炭治郎の耳飾り。

この耳飾りが旭日旗を彷彿させるとして、韓国では大問題となり、韓国版では耳飾りはデザイン変更されました。

っていうかさぁ……そんなに日本の事が嫌いなら、わざわざアニメ見るなよ!って話じゃない?

つまり、日本のアニメは見たいけれども、自分たちの好みにしてくれなきゃ嫌よ!ってことなんですよ。

っていうかさぁ……日本はこういうモンスタークレーマーの言い分にいつまで付き合うのよ。

韓国に輸出したところでたいした売上なんて見込めないんだから、「アニメの内容にケチつけるのなら韓国では放映しない」くらいの毅然とした態度見せればいいのに……。

そして、ほんのちょっとでも日本が譲歩したのなら、毎度のことながら全世界に向けておかしなプロモーションを開始するのよ。

炭治郎の耳飾りを変えさせろって、韓国人がオーストラリアに対して抗議するっておかしいでしょ?

しかも、韓国がもっとおかしいところは、こういう風に抗議して改竄させた上で流布することにホルホルしているところ。

 

繰り返すようだけど、だったら日本のアニメを見るなって話でしょ?

でも韓国人は、日本のアニメは見たい!でも韓国に不利になることは嫌!、なんならこのネタを使って韓国アピール!&反日工作ですよ。

 

二兎どころか、四兎な韓国。

ですが……、この先に起こることは皆さんご存じの通り「韓国めんどくせー!」ですよ。

結果として韓国の方が、多くのものを失うんですよ。

とはいえ、毎度噛みつかれる相手となる日本としてはたまったものじゃないですけどね。

 

そろそろ韓国にもこの手法が何もかも上手くいっていないどころか、自滅の一途の促進剤になっていることに気が付いてほしいですが、まぁそれに気が付けないのが韓国人です。

だから、さらに韓国の国際的地位が低下していくまでこの面倒臭さに私たちは付き合わなきゃいけないのですが、この面倒臭さをしっかり認識して、朝鮮半島とだけは仲良くするなと、後世に私たちが伝えていかなくてはならないですね。

 

また、私たち個人個人も、韓国イズムな思考性(二兎、三兎と無理して得ようとする)になっていないか、今一度見直す必要がありますよね。韓国を見ていれば明らかな通り、時代は「二兎を追う者は一兎をも得ず」です。

合理という言葉に振り回されて、あれもこれも手にしようと欲望を振り回さないことが何より大事なんだなと…私は最近の韓国をみるたびに痛感しています。

 

それではまたね♪

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください