【気をつけて!】深田萌絵の日本不信論は、ただの自業自得です!

ここ数ヶ月アメリカネタばっかりを追ってたはずの私なのに……

今菅総理がアメリカにいるからそっちに興味をもっていきたいのに……

深田萌絵の悪行を確信してしまってからは、そっちにしか目がいかない私です。

すみません(>_<)

 

福田萌絵さんの話と現実はやっぱり別のもの…。

深田萌絵さんは、警察批判などもよくされていますよね。

最近になって深田さんに特段の注視をするようになった私でもやたらと「牛込署」という言葉が出てくることは気になっていました。

またやたらと日本の警察に対して、不信感だけを増大させていく深田さんの言論にも疑問を持っていました。上記Tweetでもシェアされている深田さんの動画を見れば、警察に対して不信感しか抱かなくなることと思います。

↓念のためその動画貼り付けておきます↓

 

 

ちょっとどうでも良い話かと思いますが、こぼれ話挟みます。

私が最初に深田さんのブログを見た時(5年ほど前)に感じた「ITアナリストという割に…粗雑だよな…」と思う理由が、実はこのサムネイルにも現れているんです。

↓サムネイルのスクショ↓

深田さんの動画(youtube)のサムネイルはこんな感じの本人が作ったであろう粗雑なサムネイルとプロに作ってもらったであろう見栄えの良いサムネイルが混在してます。

ITアナリストと言うからには、それなりにソフト(アプリ)を使いこなせる能力みたいなのが普通にあるかと思うのですが、彼女が自分でやると素人以下としか言いようがない雑さが際立つんですよね。こういう部分が初めて彼女のブログを見た時からありまして……それが私は不思議でしたし……、それから彼女の会社のHPも「まじで大丈夫?」って疑うくらいショボすぎるんです。

↓深田さんの会社のHP↓

別にHPが立派だからと言って立派な会社であるわけではないですが、深田さんの会社のHPのレベルの低さって素人レベルから考えてみても酷いでしょ?

いつの時代のシステム使って作ってるのか逆に聞きたくなるくらいの出来。

だから、そんな彼女が「そこまで大ごとに巻き込まれるかなぁ」って当初は思っていたんですが……そんな私も「嘘は100回聞けば真実になる」の洗脳に巻き込まれたんでしょうね(^^;)

彼女の存在を知ってから3年くらい経過して「言っていた事は本当だったかも?」と思うようになってしまいました。(ほんと…黒歴史だわ(>_<)…消し去りたい!)

【今だから分かる!】深田萌絵さんにあの時何が起こってたのか!

2019年1月27日

いかん…こぼれ話が長々になっている。

本題に戻りましょう。

 

牛込署は正しいお仕事をしていると思います。

ということで、本題で牛込署の話に戻りたいと思います。

深田さんの話を聞いていると、牛込署は悪い奴で中国の手先みたいな機関であると、多くの人は思ってしまうと思います。

まぁ深田さんがそういう風にしか受け取れないような発信をしているので、そう思うのはしかたが無いことですが、ここまでお話ししてきた通り、これも事実は真逆です。

 

深田さんは不当な内容を理由に牛込署で事情聴取などを受けているわけではなく、正式な理由があって刑事告訴されている側です。

それを彼女がいつも通り事実を反転させ、自分が被害者のように見立てて騒ぎ立てているだけのことです。

具体的に牛込署でどのような事が事件化されているのかは分かりませんが、深田さんの発信を見ている限り藤井さん(深田さんが背乗り中国人と誹謗中傷している人)のことでしょう。

私の推測ですが、牛込署では藤井さんの話を事実と認定し、深田さんの話を虚偽と認定し事が進んでいると思われます。(違ったらごめんなさい…その場合は訂正記事を書きます)

深田さんの話を事実だと思っている人は「藤井さんの話を事実だと思う牛込署はおかしい!」と思うはずですが…先日の記事でも書きましたが、この件においては深田さんが入口から間違っているというか……単に藤井さんから借りた1000万円を返したくがないために、藤井さんの経歴について大いなるフィクションを付け加えて悪者にした話であり、一般的に考えれば藤井さんの主張が通る事が法治国家である証です。

【考察】深田萌絵さんが嘘をつく理由について考えてみよう。

2021年4月12日

つまり、現実に沿った側面を見ていけば、牛込署は法治国家の警察として当り前のことをしており、人権をモットーとした対応をなされているということです。

牛込署に落ち度はないと思います。

ただ、それでも「深田脳」に犯されてしまった人は、日本の調査能力(背乗りをきちんと調べていない)と思われるかも知れませんが、そもそも藤井さんの背乗りの話は彼女の妄想です。

彼女の話では、藤井さんの祖父である藤井治さんの戸籍に背乗りしていることになっていると思いますが、それがそもそも彼女が作った嘘です。

藤井さんはそもそも藤井治さんのお孫さんであり、藤井さんのお父さんは藤井治さんの子供です。

また、藤井治さんは在留中国邦人の中でも有名な方でした。そんな藤井治さんのご家庭に背乗りしていたとあらば、そりゃ親戚の中から何か声が出てくるかと思いますし……っていうか、背乗りするのであればこんな目立つご家庭の場所に入りこむはずがないと思います。

にもかかわらず、彼女が彼女の自己保身を理由に、曲解でアクロバティックな解釈をした挙げ句、藤井さんが深田さんによるあらぬ噂で被害を受けているのであれば……そりゃ警察沙汰にもなるでしょう。

もちろん牛込署は深田さんの話を真に受けることもないでしょうし、ここまで派手にやらかしている彼女のことを放置するわけにもいかないでしょう。

しかも深田さんは今年に入ってから、「東京地方検察庁」に告発状を、「司法省」に上申書を送るようにファンに頼んでいます。

その内容はどちらも「藤井さんは背乗り中国人だから戸籍を抹消しろ」というもの。

深田さんの情報を真に受けている人は「ここまで深田さんが言うのだから協力してあげなきゃ」と思うでしょうが、ここ数日彼女の事を調べ直した私が思うことは真逆で「ここまで悪質なのか」そんな溜息しか出ません。

以前の記事でも、「実は本当の逮捕が迫っているから、その時の世論回避のために、今の言論があるのではないか」と書きましたが…調べれば調べる程、その実感が沸いてきます。

それくらい深田さんのしている事は酷いですし、単なる自業自得です。

 

しかも、全ての事を真逆の立ち位置に置き換えた上で情報発信をしている深田さんのせいで、多くの人が国家に対する不必要な不信感を抱くようになっています。

これも大問題です!

確かに日本は完璧ではないし、問題は多いです。

それゆえ直さなくてはならない事は多々あることは事実ですが、深田さんの話を真に受けて不信感を募らせることは無意味どころか害悪です。

なぜなら、ちゃんと仕事をしている人を批判することにしかなりませんから。

それはどう考えてもおかしなことだと思います。

 

ですから、本当に気をつけましょう。

 

深田さんが逮捕されても、それは自業自得の産物であり、法治国家の証です。

また私は一刻も早く深田さんが逮捕されることを今は祈っています。

 

 

追記1

読者の方が深田さんの会社がテンセントと業務提携していることを教えてくれました。

私は昨日の記事でスパイではないと思うと言いましたが……実はスパイだったりするかもしれませんね(^^;)

 

追記

最終的なまとめ記事です。

【残る疑問】深田萌絵はなぜ頻繁にアメリカに行っているのか?

2021年4月18日

ぜひご確認ください。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

2 件のコメント

  • 深田さんの記事、本当にありがとうございます。
    私もすっかり騙されていました。中国を出されると、大抵の保守の人はころっとやられてしまうのかもしれませんね。ゆりさんのおっしゃる通り、理論ではなく情緒に流されると真実を見失ってしまう・・・
    反省しなくてはと思います^^;;

    彼女は台湾政府やTSMCをやたらディスっていて、確かに台湾の中にも親中派はいるだろうし・・と思っていたのですが、台湾人の人たちがツイッターで深田さんのことを色々理論立てて反論していて「彼女はまるっきり嘘つきだ!」みたいな感じで批判しているのを見て、深田さんに対しておかしいなと思い始めていたのですが、いまいち決め手がなく、彼女に対してどう思えばいいのかわからなくなっていました。

    今回の一連の記事で、すごく腑に落ちました。
    まさかここまでやばい人だったとは・・・こちらのブログで気づくことが出来て良かったです。

    • こんにちは。
      まさか彼女の話が入口の段階から真逆で展開しているなんて思いもしないですものね(^^;)
      被害者と加害者の立場が180度逆から始まった話であったことに気が付いた時、本当に驚愕したし、身体から吹き出る気持ち悪さったらなかったです。
      そこから始まったアクロバティックな論の中に正しいことなんて一つもないと見るべき何だなと実感しています。

      お役に立てて光栄です。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください