【ロシアが負けたらディストピア?】三正面より一正面のがいいでしょ?

対DS思想で今回の戦争を見ている人は、「DSに対抗しているロシアが負けたら世界はディストピア」みたいな見解が目立ち、それゆえロシアを応援している様子を感じることが多いのですが………

私はそうかな?

そうでもないんじゃない?

って思います。

反DSだから「善」というのは、脆い理論。

ちょっと前の記事で、プーチンが民族派でDSと戦っているかといって、「善」とするのは視野が狭いというお話をさせて頂きまししたが、今日のお話はその補足的且つ追加記事です。

ちょっと前の記事

【ウクライナとロシアとDS】座標軸で考えればいいのに……。

2022年3月13日

↑こちらの記事で使った表↓で、ロシアの立ち位置はそもそも善と言い難いとお伝えさせて頂きました。

 

その理由となるカテゴリ分けはこちら↓

 

ただそれでも、DSに対しておぞましいイメージになっている人は、反DS勢力であるロシアが潰されるのは恐怖かもしれません。

しかし、対DSという立ち位置以前に、私たちは日本の国土と主権を守り抜くという使命があります。

その立ち位置で考えると、ロシアがここで力を失うことは、日本にとって恩恵が大きいと言えるでしょう。

北方領土の問題も解決しやすくなりますし、ロシアに侵略される可能性も薄まります。

 

それから、ロシアとの対峙でウクライナが勝った場合は、DSは中国を潰しにかかることに拍車がかかることになると思います。

すると、表の黄色のゾーン以外の場所の勢力は全て潰されることになり、いよいよDSが望むディストピアの完成に近づくことになります。

DSを脅威に感じている人は多分これを回避したいと思って騒いでいるかと思うのですが、実はこの構図になった方が私たちにとっては有利であり、DSの終わりの始まりになると思ってます。

 

また今の段階で日本がもしもDSと対峙した場合、日本はDS以外にロシアや中国とも戦わなくてはならない3正面作戦を実行せねばならないことになりますが、(ロシアも中国も日本の権益を狙っているので、手は組めない)

DSがロシアと中国を潰してくれたのなら、日本はその脅威がなくなります。

そして戦うのはDSただ一つということになります。

 

ですから、今DSがロシアを潰しにかかってるのは、日本の権益においては特段悪いことではなく、恩恵の方があると言えます。

またDSはどうしても潰したい勢力がある時、敵であっても仲間になります。分かり易い例が2020米大統領選でしょう。あの時は中国勢力と束になって、トランプを追い詰めました。

ですが、DS自ら中国を潰してしまえば、結束することも叶わなくなります。

また、DSの生息地帯でもあるアメリカは、2020米大統領選後から内乱が続いていますが、トランプ寄りの勢力が拡大し続けているので、今年の中間選挙や2年後の大統領選挙でレジーム転換が起きる可能性は高いと言えます。

またその時にロシアや中国がなければ、彼らは裏工作がしにくくなるので、レジーム転換を阻止する術もなくなると推察できます。

 

そして、アメリカがトランプ系に転換した上で、日本が手を組み行動すれば、DSに翻弄されていた時代もかなり過去になってくるのではないかと思います。

 

とはいえ、少し長い期間の推測になるので、どうなるのかは分かりませんが、DSがロシアと中国を潰しにかかってるのは、少なくとも日本においては悪い話ではないことは事実だと思ってます。

 

それではまたね♪

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

4 件のコメント

  • 正に大峠ですね。今まで同じ生活は、もう帰ってきませんが、今こそ、「舊來ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クべシ」160年前に明治帝の五箇条の御誓文を顕現させなければなりませんね。今は、80年周期の末期であり、現文明期の末期であります。そして、新たな文明期の始まりでもありますから。

    • こんにちは。
      道理に反してからこそ全ては一時になるのかなと思ってます。
      道理に逸脱した時間はそれなりにみんな楽しめたと思いますが、それは本来の自分ではない違和感を多くの人が覚えたと思います。
      いまこそ戻る時間だと思います。
      戻りましょう。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • ゴリゴリの陰謀論者じゃありませんが、陰謀論者界隈ではウクライナでは実は戦闘が行われていなく、セットで戦争を演出して戦争開始時の数日間のウクライナのライブカメラは、普通に交通機関が動き市民が生活をしていたり、最近のウクライナに行ってみた動画をアップしてたりする人もいるらしいです。

    ロシアと西側側では実際の戦争はせず、ボードゲームのように板上だけで戦争をし、あの国はあちらに付きエネルギーの値が上がった下がった、難民が支援がドルがルーブルが、なんてゲームのように行われているのではとの噂も。

    先日のゼレンスキーも各国向けに、細かく内容が違い、戦時中で命さえ狙われているかも知れないのに、各国向けのスピーチライターの手配も手際が良すぎます。

    虎ノ門ニュースは観ていないのですが、その界隈の識者たちも反ロシアと、普段は私も嫌いな反橋下徹で思考がガチガチになっているらしいですね。

    • おはようございます。
      ほんと、いろんな情報が飛び交い過ぎて、何がなんやらですよね。
      日本の国益と安全保障を考えたら、反ロシアで私は良いと思うのですが、その反ロシアの根本にあるものが日本の国益を考えたポジショントークなのか、それとも感情論なのかよく分からないなぁと思いながら、情報を見ています。
      虎ノ門の反橋下はすごいですよ(笑)あそこまで行くとニュースと言うより、エンタテインメントとして楽しまないと聞いてるこっちも思考がガチガチになっちゃいそうです(笑)
      もちろん私も橋下さんの言ってることはおかしいと思うし、意見には賛同してるんですがね(笑)論者はこれまでの憎しが今頂点に高まってる感じなので、そこは差し引いて話を聞かないとと思ってます。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください