【トンガ大噴火】募金先が知りたいのと…冷夏とCO2の話

トンガの大噴火が想像以上に大きかったことを今更知り、びっくりしています。

 

三宅島とか桜島くらいの話だと思ってました。

昨日の朝、リビングのテレビで津波情報が流れていたので、どこかで地震があったのかなと思ったら、トンガで噴火があったとのこと。

その時は「そうなのか…」くらいにしか思わなかったのですが……

想像を絶するほど噴火の規模が大きかったんですね。

今更気が付いて大変恐縮ですが、びっくりしています。

昨日の時点では、三宅島とか桜島とか、日本でもあるあるな噴火の話だと思い込んでいました。

ごめんなさい。

 

現時点で相当大規模な被害が予測されるので、まず自分のできることとして、私も募金しなきゃと思ってます。

ただ、個人的にユニセフや赤十字で募金するのは嫌なので、安心して託せる場所を探したいのですが、見つかってません。

また先にリンクしたブログでは、クラファン募金の方法を示してくれていますが、私は日本の安心できる団体(企業)に託したいと思ってます。

神社とかでもきっと義援金を募ることになると思うので、多分そこに託すことになるのかなとは思うのですが、既に安心して募金できる先があれば教えてほしいです。

宜しくお願い致します。

 

冷夏再来で、気候変動騒動は終わるだろうか。

それから今回のトンガの大噴火によって考えられることは、しばらく地球の夏は冷えるであろうということ。

というのも、火山爆発が起こると冷夏が起きるのは、歴史が証明しているから。

だから、これだけの規模の火山爆発が起きて、その後の気候に影響がないということの方が考えにくいと思います。

 

ということは……

竹田さんが言ってる通り、グレタもこれで終了だよね。

 

ここ十数年、環境活動家たちがビジネス目的でやたらと「地球温暖化」だの「CO2排出除去」だの「サスティナブルな地球」とか言い張って、特にここ数年は馬鹿馬鹿しい政策が世界中で乱立して「脱炭素」だの、「カーボンニュートラル」だの、実現不可能で不幸になるしかない道が正しいとされていたけど、

さすがにこれで終わってくれるかもしれないね。

っていうか、どんなに活動家が吠えても、蔓延る現実が言論についてこないことになると思う。

だから、竹田さんが言うように、これで終わるかもしれないですね。

というより、私はこれで終わってほしいと思ってます。

 

だって、どう考えてもそもそも無理筋な理論の正義だから。

こんなことで幸せになる人など誰一人いないことが最初からみえみえだから、今回の噴火で多くの人が間違っていた事実に気が付いてくれることを願ってます。

 

 

 

そして最後になりましたが、トンガの方々がどうかご無事でありますように。

お元気でありますように。心より願っています。

 

6 件のコメント

  • トンガの大噴火、火山灰が成層圏に到達する程だったそうですね。
    津波も衝撃波で生じたものではとされていますし、あんなに遠く離れているのに…。
    去年はアイスランドの火山が数百年ぶりに噴火していましたし、西ノ島の噴火もありましたし。
    ここ数年地球の活動が活性化しているのは、環境活動家の行動を嘲笑い掌の上で転がしているかの様にも見えます。
    ブームの終了は、予想もつかなかった所からの、ひょんな事が引き金になったりしますしね。

    • おはようございます。
      私も同じように「雑魚が」と、地球が嘲笑ってるように感じてます。
      地球という生命の中にいる細胞と言う認識を忘れず生きていきたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 恥ずかしながら私も他のことで手一杯でニュースも見ておらず
    この記事見てあの津波警報はトンガ噴火でだったのか!と知りました(恥)
    あちこち調べたところ、オリンピックでトンガ旗手を務めたムキムキてかてか兄さんがクラウドファンディングで募金募集との情報もありました。
    信頼できるかの判断は私にはできかねますが、いち考慮先として書いておきます!

    トンガの現状が気になりますね。
    在トンガ日本大使館はいまだTwitter停止中…。

    • こんにちは。
      現地は混乱していて、飛行場も降りられない状態になっているとか。
      リンクした記事でもクラファンの方法は丁寧に記載してくれていたのですが、英語のサイトでやるのが個人的に不安で( ;∀;)……。
      在日トンガ大使館にも、日本人からの寄付の問い合わせが沢山入ってるらしくて、在日トンガ大使館でその対応も進めるとのことなので、とりあえずその情報を待ってます。
      大使館も本当はほかのことでお忙しいはずなんですが、そこが一番信頼できるかなと今のところ思ってます。

      教えてくださりありがとうございました!
      それではこれからも宜しくお願い致します☆彡

  • ゆりこさん、こんばんは。
    トンガ王国はガリバー旅行記のモデルとなった国だそうですね。
    現地の状況が気がかりです。
    私も信頼できる団体等に義援金を送りたいと思います。

    たまたま江戸時代のミニ氷河期について検索をしていましたら、こちらの記事をみつけました。
    https://ieei.or.jp/2020/10/expl201012/
    「寒冷期は異常気象が多い」とか「大規模な洪水は寒冷化の予兆」といったことが書かれています。
    日本での猛暑や大雨、長雨、大雪を思い出すと、やっぱり温暖化ではなく寒冷化かな。
    もしも小氷河期に向かっているとしたら、江戸時代に学ぶものが多そうです。

    • おはようございます。
      トンガがモデルだったとは、驚きました。
      小人の国と巨人の国は子供の頃に読んだことがありますが、巨人のモデルがトンガだったんですね。
      驚きです。

      私も前から氷河期説派だったのですが、いよいよそっちの実例がここから多発するのかなと思ってます。
      ただ、氷河期に生きるのは大変なので、本当は氷河期は来てほしくないのですが……地球のリズムですから従うしかないですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください