【2020米大統領選】あれからもう1年。未だか?トランプ!

あのバイデンジャンプを目撃してから、もう1年経過しちゃったんだね。

 

なげーよ!ポップコーンタイム!

早いものですね。

去年の11月3日に行われた米大統領選投票日から、もう1年が経過してしまったんですね。

【大統領選印象操作】トランプは負けを認めない潔の悪い奴みたいな…。

2020年11月4日

 

この日を境に私のブログは米大統領選追っかけブログに変貌して、今年の春くらいまではかなり頻繁にその手の記事を書いていました。しかしながら春頃から通常より仕事が忙しくなって情報が追っかけられなくなったため、記事を書くことはしなくなっていたのですが……「そのうちトランプは帰ってくる」といつも思っていました。

が……まだ帰ってこないんですね(;_;)

 

シドニーパウエルさんも、リンウッドさんも、そして宇宙軍も「ポップコーン用意して楽しんで♪」と言ってたから、

まぁ、そのうちなんとかなるんでしょう。

只今ミッションの最中なんでしょう。

 

と思って待っていましたが……

正直…ポップコーンタイム長いよね(;_;)

 

私は未だにカナダ人ニュースさんやSAGAWAチャンネルで、アメリカの同行は軽くチェックしてるんだけど…(ちなみに及川さんは深田萌絵推しに耐えきれず、チャンネル削除し、そこから見てません)

そこでは一進一退の攻防を続けながらも、徐々にトランプ側に体制が移りつつあるようにも見えるんだけど、本当にそうなるかどうかは相変わらず分からないよね。

確かな事実は、相変わらずトランプは大人気だということ。そして共和党が「トランプ党」と言える状況に変わっているということ。

 

しかしながら、肝心の選挙ではやはり不正が横行しているみたいです。

 

うーん、、悩ましいです。

 

ポップコーンタイムが終わる日はいつ来るのでしょうか。

早ければいいなと思うけど、そう願って早一年。

それに、その間に日本でもいろんな事が起きてるしね。

ただ日本の場合は、悪い方に進みそうでもなんとかうまく行ってる気がする。

きっと、それぞれが気が付いて浄化している作用が大きいのだろうな。

だから、いつかポップコーンタイムが終わるその日まで、私たちは私たちで、日本国の浄化に努めていくのが最善なんだろうなと、今は思ってます。

 

それではまたね♪

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

8 件のコメント

  • こんにちは!
    虎さんの動向は スカーレットさん(スカーレットチャンネル)が詳しく発信されていますよ。
    You Tubeで検索してみて下さい。
    もうご存知かな??

    • こんばんは。
      教えてくださりありがとうございます。
      知りませんでした。
      見てみますね。

      これからも宜しくお願い致します。

  • そうあってほしいと今でも思ってるけど、依存だったという事に気がつきました。
    他力本願では何も変わりません。
    私は自分に出来ることをやろうと思います。マスクをなるべく外す、チクはスルーとか小さいことかもしれないけれど。

    • おはようございます。
      依存であると気が付くのは結構難しいものです。
      それに気が付けてすごいですね。
      また、気が付くと依存(他力本願)になってしまう理由は、二元論の思考性が強く働いているからだと思います。
      日々の生活の中で道理を意識していくと想像以上の変化があると思いますのでぜひ試してみてくださいね♪

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちはです。百合さん。
    亜熱帯気候の当地でもさすがに11月に入ると
    朝晩過ごしやすくなっております。

    さて、バイデン氏が大統領就任後から、アメリカ国内での世情とか社会情勢とかが、既存マスコミから聞こえなくなりましたね。
    米中関係の現状も全く聞こえない状況ですね。
    なんか民主党の菅政権末期の印鑑押し決裁マシーン状態の執務状況を思い出します。

    左派で盛り上がっている脱炭素化社会情勢の影響からか、生活物資が軒並み値上がり、干上がりそうです。
    トランプさんが大統領やっていたら、原油供給はもう少しは上手くいっていたんじゃないかな…
    なんて思ってしまいます。

    • こんばんは。
      世界的原油価格の高騰の要因に、バイデン大統領以外の理由は見当たらないと思います。
      それから脱炭素とかいうバカげた話も、トランプ大統領などの共和党系が舵を切っていたら起こりえないことですね。
      こういう部分でアメリカの重要性を再認識する次第です。

      ただ、10年前の日本と同じように、今アメリカでは民主政権の危機を肌身で感じているようで、庶民がしっかり動いて覚醒してくれているので、これがリベラル最後のあがきになっているようにも感じています。

      いろいろと右往左往しがちな時代ですが、しっかり足をつけて生きていきたいですね♪

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは

    一年早いですね
    憲法修正第25条の第4節の発動を待ってますが、笑って誤魔化すカマラになられてもな、、、ということで次の大統領選なんですかね。。。
    そして今日の虎ノ門でも竹田さんと田北さんが話題にしてましたね。

    ニューヨークに住んでいる日本女性のビジネスパーソンがトランプさんについて良い発言をされていたので貼ります。
    4分ぐらいからトランプタワーの部屋見学。
    短いですが6分42秒から本題です。
    https://youtu.be/0lXA8TZQg28

    • おはようございます。
      どうなることやらと思っていましたが、去年まで民主党を応援していた人もすっかり愛想尽かしているのは大きいことだなと思っています。
      それでも彼らは不正を重ねて力づくで権力を奪おうと画策するでしょうが、空気感を見ている限り靡いてくれる人が日毎減っているのではないかと。
      そうなると画策も難しくなってくるかもしれませんね。

      カマラになるかもと言われてますよね。
      カマラになったら、かつて民進党の蓮舫のように崩壊が早まるだけになるかもしれませんが……どうなることでしょう。

      動画教えてくださりありがとうございます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください