【英断】生田さんが文化人放送局を辞める

生田さんが昨晩、突如文化人放送局を辞めました。

 

生田、文化人放送局辞めるってよ。

先ほど生田さんのTwitterを見たらこんなTweetが上がっててびっくりしました。

どんな経緯かはこちらのスレッドで上がってますが……

 

契機となったのはこちらの一件。加藤さんとのやりとりです。

いつも隣にいる魚屋生田さんのことを忘れてしまった加藤さん。しかも風評被害対策として加藤さんが掲げた案こそが風評被害を拡大するとしか思えない内容(^^;)こりゃ怒って当然ですね。

そしてこれが火蓋となり…かつてより鬱憤が溜まってた生田さんが本音を吐き出し、THE ENDとなりました。

 

正直なところ、生田さんの気持ちよく分かります。

以前マーケティング記事でもお伝えしたことあるのですが、加藤さんってMCとか仕切り向いてないと思うんですよ…性格的に。

↓文化人放送局についてマーケティング分析した記事↓

㊊成り行きまかせでは、商品力は高まらない。

2020年8月17日

これは私の憶測ですが、加藤さんに一度幅を与えたらズケズケ幅を拡大させようと画策するんじゃないかなと。しかも、相手への配慮は足りないし、持論だけを肯定しようと必死になる性格をお持ちだからMCには不向きだと思ってました。

また、持論が肯定されるまで攻撃するジャーナリスト性質が強いので、周りも気を遣わずにいられない。ただ、気を遣ったら倍返しな感じでズケズケする。そしてそのエンドループが続く…。

こんな風に内部はなってるんじゃないかなぁと前から思ってたのですが…生田さんの本音でこの答え合わせができた気がします。

もちろん加藤さんには加藤さんの良さがあるかとは思いますが、MCという立ち位置はただただ彼の悪い面ばかりを引き出してしまったんじゃないかなぁと、私は思ってます。

 

だから、これで良かったんじゃないですかね。

それに近年の文化人放送局での生田さんは、無理して頑張っているようにしか見えなかったし、番組が生田さんの本来の良さを引き出してくれることもなかったですから。

ぶっちゃけ言うと、番組側が面倒臭いことは全部生田さん任せにしちゃっているように私には見えてましたから。

だから、良かったんじゃないですかね。

 

それに生田さん自身のチャンネルで「報道特注(右)」みたいな王道番組をやれてるし、みんなが期待してるのはこういう姿の生田さんですから。

だから良かったんじゃないかと思ってます。

 

生田さんお疲れ様でした。

生田さんのお陰で政治家と庶民の距離は確実に縮まったと思います。

これからも頑張って下さい。

 

追記

安倍前総理も生田チャンネルでるかもしれないってよ。

楽しみだね♪

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

4 件のコメント

  • こんにちは。

    しばらく文化人放送局観てなかったんですが(コロナの最初あたりからカオスすぎて)、生田さんお辞めになるんですね。生田さんって前にも何かありませんでしたっけ。で、戻って来てくれた形だと思ってたんですけど、スタッフはそのまま生田さんに甘えっぱなしで改善しなかったんですかねぇ・・・。

    その時の動画で「もともと魚屋&政治家で駄弁るみたいなコンセプト」っていうようなことをおっしゃってた記憶がありますので、議員さんのメンバーは変わりましたが元の形に戻ったのは良かったですね。

    • おはようございます。
      前にも同様のことありましたよ。
      その時もトラブルの元凶は加藤さんでした。
      私の記憶が確かなら…それは報道特注(右)が始まって1年くらい経過した2018年頃と記憶しているんですが……、その頃から加藤さんが文化人放送局に出入りするようになって、それでMCの生田さんなしで番組放送をしちゃったことがあるんですよね。
      加藤さんが今いるメンバーでやっちゃおうみたいなあまりに雑なノリで収録しちゃって、しかも、その日に収録があることを生田さんには言ってなかったんです。つまり生田さんから見ればダマテンで番組が乗っ取られたかっこうになったわけです。それに生田さんは怒って辞めるってなったんです(怒る気持ちとても理解できます)
      ですがその時はプロデューサーが謝罪動画を作ったりして平謝りの末、生田さんは帰ってきてくれました。
      そこからスタッフは生田さんへの配慮はしてたと思うんですけど(本人談による分析)、日に日に激しくなる加藤さんの暴走を結局制作側が誰も止められなかったって事なんじゃないんですかね。

      私はとにもかくにも加藤さんが日に日に苦手になり過ぎて(^^;)、徐々に加藤さんが出る回は極力見ないようになって、今では加藤さんの回は全く見ません。
      でも、加藤さんが出てなくて坂東さんが出ている回なら見たいので、番組を選んで今でもちょくちょくは見ています。

      報道特注(右)が始まった4年前は、文化人や政治家がそれぞれ個人でyoutubeチャンネルを持つなんていう発想は未だなかったと思うのですが…逆になかったからこそ大当たりしたと思うんだけど、今は個人でチャンネルを持つのが当り前ですからね。そういう意味で文化人放送局は役目を終えつつあるようにも思います。
      時代の流れ…意外と早いですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • 生田さんが収録を知らされてなかった、っていうの覚えてます。あれも加藤さんだったんですか。生田さんも加藤さんも出演者ですから、生田さんだけでなく、加藤さんのあれこれもスタッフがやるべきでしたね、ここまでこじれる前に。今は前に比べるとYouTubeなども始めやすくなっているのでしょうし、個人で好きなように番組をやるのが一番ですね。

        坂東さんはいいですよね。表立って対立することもなくマイペースで。最近、YouTuberや論客の方々のちょっとアレな部分が見えすぎて、正直「うわぁ」という感じなのですが、坂東さんだけはこのままでいてほしいと思います。

        • こんばんは。
          加藤さんの性格上、スタッフが言いたくてもすごく言いにくい空気感を醸し出すんじゃないかと思うんです(映像上からだけの推測)
          しかも言ったところで「俺は政治記者40年なんだぞ!」な感じで聞く耳持たずやりたい放題。
          そこに対して早めに一撃与えてやれば良かったと思うのですが、「政治記者40年」を盾にされたら、素人上がりのスタッフは言いにくくて…そしてそんな状況がかれこれ3年くらい続いた結果がこれなんでしょうね。
          しかも、加藤さんが加わってからの文化人放送の視聴数は激落ちなんですが(^^;)、加藤さんはそこには気が付かず「俺のお陰で」と言いまくるタイプですからね。

          政治ネタを見ていると思想信条による対立ばかりに着目されますが、そういうことは本当は問題じゃなくて「人としてどうあるか」ということが大事なんだなと思わされます。
          左派思想は「人としてどうあるか」という基準にも乗らない嘘つきが多いから保守が立派に見えやすいだけ、ということも理解して情報に当たっていきたいですよね。

          坂東さんのように信念を貫くために究極の貧乏を体験した人の言葉は違うなと思ってます。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください