【小室夫妻】運命の7月がやってきた。

昨日は國光夫妻ネタで、今日も夫妻ネタ。

【同じとこクルクル】小林麻耶夫妻はデラシネの典型。

2022年6月30日

 

その夫妻には……まさかの3度目のNY州弁護士試験の季節がやってきてしまいました。

 

極力話題にするのは避けてたんですが……

2月のNY州司法試験も落ちてしまったという事実が周知された4月。

【KK不合格】どうする小室夫妻?就労VISA取得は壊滅的!

2022年4月15日

ネット界隈では、VISA問題ゆえに5月に帰国になるんじゃないかって、めちゃくちゃ話題になっていました。

めちゃくちゃ話題になっていので、私も記事にしようかなぁって悩んだのですが、どうなるか分からないことを確定的に書くのはどうかなぁと思って避けてました。

っていうか、帰ってきたのならそのタイミングで記事にすればいっかって思ってたので書かなかったけど、やっぱり帰ってこないですね。

VISAの問題がどうなっているのか気になるところですが、そこは元ロイヤル、何もかもが庶民とは違うという証左の一つと言えるでしょう。

ただ、私たちと同じ共感をそろそろ眞子さんも持ち合わせているのではないかと思うんですよね……。

眞子さんにおいても「ぶっちゃけ、こんなはずじゃなかった!」の繰り返しが続いているのでは?

なんて思ってしまいます。

 

いつになったら合格するの?そう一番思ってるのは……。

だってですよ、あそこまで国民に喧嘩を売ったのに、まさかのまさか旦那が弁護士試験に合格できないなんて思ってなかったと思いますよ。

描いた未来の確信があったからこそ、あそこまでキツイ言葉を言う事が出来たのだと思います。

「みんな圭君のこと悪く言うけど、圭君ちゃんとしてるんだから!弁護士になるんだから!」って誰より信じてたのが眞子さんだったんじゃないかなぁって思うんです。

そうじゃなきゃ、あの言動はあり得なかっただろうと、振り返ってより一層思うんです。

 

にもかかわらず、2回の不合格。

そして、いよいよ3回目。

どうなるでしょうね。

もちろん不合格だったとしても離婚はしないでしょうが、少なくとも「こんなはずじゃなかった」くらいは思って当然の結果だと思います。

 

かれこれ半年前の結婚会見の時に描いた未来はきっと薔薇色だったでしょうが……

想像以上の茨道であったことに、今眞子さんも気がついているかもしれませんね。

NY州のインフレすごいことになってるし、何もかもが思い通りじゃないことにイライラしてるかも。

もちろんそんなことは見せられるはずもありませんが、とにもかくにも運命の7月、その結果がどうなるかだけは注視していこうと思います♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください