【希望的持論】布マスク2枚配布について

昨日の国会で安倍さんだけが「昭和感溢れるマスク」をしていたのが印象に残っていました。

 

ニュースを二度見した安倍さんのマスクの訳

最近になって国会でもマスクをして論議するのが普通になりましたね。

そんな中注目してしまったのは安倍総理のマスク。

今時マスクは紙マスクで、しかも顎から覆い隠してくれるのが普通なのに、安倍さんのマスクだけ小さくて、よく見ると小学生の頃つけていた懐かしい昭和の香りがする感じ。

私はこれにツボってしまって「なんで安倍さんは、昭和のマスクなんだろ?」って母親と話していたんですが……

「このマスクをみんなのお家に送るよ!」というためのデモンストレーションの一つだったのですね。

とはいえこのニュースに対しては

「えっ?布製マスク?しかも世帯でたった2枚?既に足りませんけれども……っていうか、お金は?」

と、思ってしまうのが普通の感覚だろうと思うし、こんな時期のこんなタイミングでこんな事したら「無能政府」を思われて仕方ないと思います。

市場は明らかにそのような反応を示しています。

しかもあれほどまでに「前例にとらわれず大胆に!」と繰り返し訴えてきた安倍総理からのプレゼントが「布マスク2枚」というのは……ねぇ(笑)

「マスコミの切り取り」という声もありますが…

 

全てを理解した上でも「1世帯2枚の布マスク配布」のインパクトが大きすぎて……そこが独り歩きしちゃうのは仕方がないし、これはマスメディアの切り取りのせいではないと、私は思います。

繰り返しますが…「1世帯に布マスク2枚配布」って……(*_*;

そりゃ誰だってズッコケますよね。市場が失望するのも頷けます。

ただ「もの凄い裏のあるトリッキーな仕掛けなのかも?」と……かなり超希望的な目線で思ってもいるので、その超希望的目線の部分をここからお伝えできればと思います。

 

マスクの配布…政府小切手配布の布石?…であってほしい。

このマスク配布の事がニュース担った途端、維新の議員がこの政策に噛みつきましたね。

マスク配るのなら、政府小切手配れよ」と。

仰る通りです。

ちなみに政府小切手と言う言葉を初めて聞く人多いのではないのでしょうか。

私も今回のことで初めて政府小切手を知ったのですが……政府小切手は国が国民に現金給付する際に最も効率の良いやり方で、法整備もされている内容です。

政府小切手に関しては、高橋洋一先生の話が一番分かり易いと思います。こちらの動画で確認ください。

日本の法には不備もあるけれど、使えるものも沢山あります。政府小切手のように簡単にやれる方法もあります。

だけれども、財務省を中心とした対抗勢力や麻生財務大臣のトラウマが現金給付の策を滞らせてしまっているようです。

麻生さんを見てると「人は同じところで何度も失敗する」とよく言われている意味が分かる気がします。

リーマンショックの際、1万2千円を配ったら大批判になったことがトラウマなんですって(*_*;。

そのトラウマによって今一番必要な選択肢を欠落させるのはガチで止めてほしいのですが、どうなることでしょう。

 

 

まぁそんなこんなで日本の経済対策は、にっちもさっちも行かず、完全右往左往のおかしなことになっているのは否めないのですが……マスク2枚配布の策で、国民から批判を集めながら、郵送という着眼点から政府小切手の存在を国民が認知してもらうことを期待しているのではないか?そんな飛躍的希望を私は持っております。

また、その流れで政府小切手の配布になったら……なんてことがつい浮かんでしまいます。

もしくは「マスク2枚」は、政府小切手郵送の為のトライアルだったりして?と期待していたりします。

政府小切手を全世帯に送るというのは、少なくとも私が生まれてからは初めてのことです。ですから失敗がないようにということで、まずはミスがあっても問題はないマスクから試しているんじゃないのかなぁと。

いきなり初めての事をして、郵送が上手く行かずミスがあったら大変だからマスクで試してるのかなと。

現段階で「各世帯10万円」というしょぼい額の提示となっておりますが、「各世帯」となっている以上、ちゃんと各世帯に「政府小切手」が送れるのかシュミレーションはしておきたいというのが実情なのかなぁと、思ってます。

「失敗がないように」が基本の日本であれば、これくらいの準備をするのは普通かなと思うのですが……本当にトライアルかどうかは分かるはずもなく、単なる私の希望的推測による持論であることを再度付け加えておきますね。

ただ、今までは「現金給付」と言っていた人も、「政府小切手郵送!」と言えることによって、スキームが「政府小切手」で発行する方法に変わるかもしれません。

それは大きなことなので、是非これを機に「政府小切手郵送!」という民意を高めれたら良いなと思ってます。

とは言いながらも……引き続き「前例にとらわれず大胆に!はどこにいった?」というようなことが続きそうですが、官僚の変な施策にもって行かれないように民意も頑張りましょう。

自民党は現在約400名(397名)の国会議員がいますが、少なくとも100名以上は減税を求めており、政府の方針に反対しています。

またその方たちが言うには「総理も同じ気持ちなはず」だそうです。

つまり政府の中で安倍総理の意見は通り辛い状況で、中枢幹部(閣内の人や官僚)の意見に沿わなくてはならないことが続いている可能性も結構あるじゃないのかなと推察されます

ですから、外部である民意も協力して、なんとかこの陳腐な経済対策しか出てこない日本の状況を打破していきたいなと思っています。

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

 

 

 

 

14 件のコメント

  • 竹久様

    こんばんは

    マスクの2枚配布には自分も笑うしかなかったです

    会員となっているある会社の社長さんが何とか国内製のマスク多少調達出来て
    会員に1枚ではあるが送ってくれるとの連絡ありました
    その心意気に大変感謝の気持ち湧きました

    自宅近くや仕事で外出している時、マスク探しているのですが全く購入できずで
    困っていたところ、本日マスク販売しているところ見つけました
    が・・・
    価格一枚100円
    50枚入り箱5千円 中国製
    武漢ウイルス発生で日本からマスクや防護服送ってもらい 時が経過して
    日本は大変だねと10分の1程度のマスク送ってやったぞ!みたいな
    ここでマスク購入することは何だか悔しく買いませんでした
    全ての中国人が悪いとは思いませんが、これが中国だなぁ~と再認識した次第です

    以上よろしくお願いいたします

    • おはようございます。

      お話しを聞いていて、都会と田舎の温度差もかなりあるのだろうなぁと思いました。
      こちらもマスクだけは手に入りにくくはなっていますが、緊迫する空気感はありません。
      というのも、人混みが少ないので、つけなくても過ごせれる日が多く、あまりマスクがなくならないんですね。
      ですから、都会は想像以上に切迫しているのだなと思いました。

      世界中が「これが中国」を実感している最中だと思います。
      騒動が収まった後、仲良くする国は再び現れるのでしょうか。
      欧米に喧嘩をうってしまった報いは、武漢ウイルス以上の惨劇になると私は思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

    • おはようございます。

      初めて見ました。面白かったです。

      ただ海外の言及支援は活発という話が飛び交ってますが、政治的アピールに過ぎず実態は厳しい事が海外移住者の声から聞こえます。
      https://www.moeruasia.net/archives/49661102.html

      日本は言った以上は絶対にやる事が基本となるため、動きが遅くもどかしさはつきまといますが、今はSNSのおかげで各国の実情がリアルタイムで報告されるのでそこを見合わせながら冷静に生きたいですね。

  • 今晩はm m
    いつも トレンドなお話を提供してくださって
    ありがとうございます。
    安倍さんのマスク2枚発言批判は
    想定内、わざとではないか?
    説を感じております。
    何故なら 野党の煽りを見ると ほぼ皆 世間に10万円を支給するべきだ!と言ってます。
    あとは 麻生さんが どう動くか?だけのような
    風景で見ております。安倍さんは野党を味方に
    引き込みたいのではなかろうか?という
    勝手な想像なんですけれども。

    • おはようございます。

      そうなですよね。
      野党の批判を作って、その上で本丸の同意を得ながら、各世帯現金給付の段取りをしたいのではないのかなと思ってます。
      ここまで麻生さんがネックになるとは思っていませんでした。
      韓国とのスワップを切り離してくれたり、中国の責任論をきちんと名言してくれているのはありがたいのですが、肝心要の所が………。

      それでも今の政府日本は「口にしたことは必ずやる」という実績の積み重ねをしてくれているので、「前例にとらわれず大胆に!」の言葉を信じたいと思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • おはようございます。
    現金配布は、もしあれば嬉しいですが、難しいですよ。
    マスクはポストから盗まれない(と、思いたい)けど、小切手は盗まれそうなので、マイナンバーによる引き落としにして欲しいですね。

    ネットを、うろうろしてて見つけたので、宜しかったらこちらも読んでみてくださいhttps://www.ryutsuu.biz/government/m033043.html

    • おはようございます。
      郵送は簡単だけれども、ハルパスさんも考えられているようなセキュリティ上の不安も伴いますよね。
      小切手を換金する際には、身分証明書などが必要とは言えど、これを狙った詐欺が多発する可能性もあると思います。
      そういうことを考えると、やはりマスクで練習なのかなと思ってます。

      雇用者の対応は教えてくださった内容に書かれていた通り、如何に企業を潰さないかが第一ですよね。
      日本は働けないことと自殺の因果が非常に高く結びついている国なので、働く場所の確保はとても大事だと思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • >前提としてあるのが、医療現場では、不織布を使った高性能なマスクは医療機関へ優先的に供給して、メーカーの生産体制が整うまで、家庭を含め、高齢者施設、障害者施設、全国の小学校・中学校向けには布マスクを配布するということになります。

    布マスクは洗って再利用可能であることから、不織布の高性能マスクは医療機関に割り当てて、急増しているマスク需要へ対応する上で極めて有効であるということに尽きます。布マスク単体で考えるのではなく、再利用可能なマスクを配布することで、マスクの需要を一定の範囲で減らしつつ、医療用のマスクを確保するための手段も含まれており、全体を考えた上での判断なわけですよ。

    配布方法については、日本郵政の全住所配布のシステムを使って、5000万あまりの世帯を全てを対象に配布するみたいですね。このシステムは、タウンプラスと言われてるようです。

    エリア内の郵便配達先一斉に送付する方法なので、早く配布するならこの方法が一番早いことだけは確実です。なので2個という数字であって、固有の事情も把握する必要もなければ、宛名も書かなくてもいいので、1番早く効率的に配布する方法を取っただけです。

    いちいち考慮してたら、届くまでかなりの時間がかかるし、何気に配布するというのは難しい部分もあって、時間などのコストはかなりかかるのは確かで、現金一律給付についても、早いようで時間がかかるわけです。この方法だからこそ、再来週以降、感染者数が多い都道府県から、順次、配布出来るわけで、結構考えられた手段で且つ、効率含め、有効な方法であることは確かです。

    緊急経済対策に、この布マスクの買上げを盛り込むとありますが、これも国内のメーカーに対して支援も兼ねているため、業界支援といった意味合いでの経済対策であって、一般向けの経済対策と並列にしてミスリードさせて煽ってる連中もいますが、ホント不愉快ですね。。。どっちみち、経済が機能していない状況においては、事業継続、雇用維持、それで拾えない人に対しては、個別対応というのが、今出来る経済政策であって、この段階で煽る事はホント大迷惑な話です。関係者は一生懸命対処してるわけで、上から目線でいい加減なことをいう輩はホント不愉快なだけの存在ですので。。。
    (コピペ終わり)

    人の見方によって変わるもんなんだなと思いました。

    こちらのブログは波動のお話は面白く以前から拝見させて頂いております。

    最近は新型コロナの情報が錯綜しネット上でも混乱していると思います。
    だからこそ違う角度からの意見も取り入れ精査して書いて頂ければと思います。

    • おはようございます。
      コメントを読ませて頂いて、ブログ記事の内容を勘違いされているのかなと思いました。
      私はマスクを送ることを否定はしてないですし、コメントに書き込んで頂いた情報は既に知っているし、理解もしています。
      ただ、世論は圧倒的に「政権に批判の目をむけるだろう」ということです。もちろん政府はこうなることも分かった上でやっているのだろうと私は推測しているので、「ではなぜこのタイミングでこの政策を行ったのか?」、そこをこのブログ記事では深掘りしております。
      ひょっとしたら、ブログ記事の半分までしか読んでくださらなかったのかなと思うので、是非最後まで読んで頂けたらなと思っています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 返信ありがとうございます。

    布マスクについては
    布マスク2枚配布は助かるとおっしゃってるお医者さんも
    いらっしゃっるようなので、
    そういった意見も書いて頂ければなぁと。(^o^;)

    とはいえ、不快な思いをさせる書き方はダメですね、
    ごめんなさい。

    途中までしか読んでいない、ぞんざいな扱いは
    決してしていませんので…。

    これからもブログ記事楽しみにしています。
    ありがとうございました。

    • おはようございます。
      誤解が解けて良かったです。
      現在は共感できると思っていた相手との意見の違いが浮き彫りになることが多いはずです。
      今までの二元論の考え方だと違いに目が行きやすく、それが対立に繋がりやすいはずです。
      しかし以前からお伝えしている「ピラミッドをどの角度から見ているのか?」という相手の視点の立ち位置を探る練習期間だとすると、これほどまでに視野の拡大が広がる時間もないと思っています。
      https://takehisayuriko.tokyo/2018/06/18/2217/

      また昨日の記事(https://takehisayuriko.tokyo/2020/04/04/10689/)に書かせて頂いた通り、今の政府&行政の対応は後から見直される事が多いです。また記事にはしていませんが、既に布マスクは評価され直されています。
      ですから私自身はそこにあまり主眼はおいておりません。ただ先日の会見により「過剰な期待」を抱いた国民との間のギャップによるミスコミュニケーションを緩和させたいと思い、この記事を書かせて頂きました。

      行き違いはこれからも多々発生すると思いますが、どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • https://seijichishin.com/?p=35305&fbclid=IwAR0ONWqfRu6T5pkYdsulX51WlevSKbjKYQAlhFpXzLXXaINdJ-oCXly-64E
    アベノマスク効果で、マスクがどんどん供給されるようになった、、との記事ですが、マスク政策、何考えてんねん、アホか、と思ってましたが、様々な波及効果を狙っていたのですね、、
    現政権、批判をされども、確実に効果的なことを行なっているようで、すごいです。改めて、自分の出来ることをしないとな、って思いました、、。

    • おはようございます!
      あのミスコミュニケーションがここまでの効果を叩きだすとは私も思いもしませんでした。安倍万能説健在だなと思っております。
      総理の発信でみんなずっこけながらも、「布マスクでも対応可能」と国民が認知したことは大きかったですよね。
      そしてみんな自分で布マスクを作り始めました。
      そしたら需要が一気に減るため、溜め込んでいた在庫が市場に出回るようになったと。
      あの時はあれがこれを生むとは思いもしませんでしたが、やっぱり安倍さんってついてますよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください