【変よねw】再々婚しても八木さやってwww

スピ系ウオッチャーの人なら既にご存じのことかと思いますが、昨日私は八木さやさんが再婚していたことをようやく知りました(^^;)

 

偽スピについて日に日に興味が持てないその理由

かれこれ3年前、私は引き寄せの法則でブレイクを果たしたHappyさんらスピリチュアルを糧に悪行を働く人たちの実態に気が付いてしまい…

↓丁度その頃に書いた記事↓

【全員真っ黒】スピ系有名人の最近を調べた結果……

2018年1月8日

【スピある】それってホイミ覚えただけじゃね?

2018年1月5日

そこから彼らが提唱しているスピリチュアルが如何に間違っているのか、私なりに考察し、そして記事を連投するようになりました。

【偽スピ報告書⑤】書籍から見える世界:著者別分析:Happy

2018年1月26日

そして、この頃から私のブログを見てくれる人が急激に増え始めて今があります。

 

ですから、スピ系教祖さま叩きというのは、私のブログの鉄板中の鉄板というか…ある種代名詞とも言われるジャンルなんですが、最近ほんと興味持てなくて…(^^;)

っていうか、偽スピを糾弾し始めた当時に感じていた危機感を「乗り越えたな」と思えた頃から急激に興味が落ちていったんですね。…具体的に言うとHappyさんがアメブロオフィシャルを離れ、更に壱岐島の観光大使を解任された時点を境に「勝負はついたな」と思えることが増えていたので、そこを境に興味が落ちていったんですね。

【Happy解嘱】壱岐観光大使解任の決め手はこれでした!

2019年8月30日

そもそも私の怒りの始まりはHappyさんの悪行でしたし、また私が発信していた最大の理由はこのトレンド(偽スピが正しいを思われるトレンド)を潰すことでしたから。

ですから、その時期くらいから偽スピをいじる記事を積極的には書かなくなっていたのですが……彼らがトレンドから見放され溺れ始めた状態程、ネタとしてイジリ甲斐のある方向になるものでして……(どうして溺れるかは、「波動乖離」の現象を勉強してね)

それゆえ、違う意味で注目してしまう事が増えていきました。

【全てご破算】並木良和ハワイフェスが中止!

2020年3月16日

【最近の心屋さん】Twitterで自らサンドバッグに!?

2020年2月20日

ただし、ここ半年くらいはネタと言えることすらほとんど転がっておらず、しかも私は米大統領選投票日から世界情勢に夢中!でしたから、スピ系教祖様の情報すら追ってなかったんです。

そんな私ですが…最近ようやく他のことに目を向けられる余裕が出てきたので、久しぶりにマダムユキさんのブログを見たんです。

そこでようやく知りました!八木さやさんが2ヵ月前に再々婚されてたこと。

情報知るの遅すぎてすみません( ;∀;)

しかも、既に皆さんご存知の話であろうことを今更記事にしててごめんなさい。

ただ私は、リュウ博士と離婚されたのに「八木姓」を名乗り続ける彼女のことが気になっていたので、改めて彼女の姓に関して記事にします。

【素朴な疑問】八木さやさんはいつまで八木を名乗るのか

2020年10月19日

 

 

リュウ博士は八木という名を名乗ってほしくなさそうなのだが……。

ということで本題。

以前より私は、離婚しても旦那の姓を名乗る彼女のことが不思議だったので、いつ名前が変わるか注目していたんです。(と言うわりに、すっかりウオッチしてなかったけど( ;∀;))

リュウ博士と離婚した当初は、「子宮委員長はる」という名前を復活させるようなことをほのめかしておりましたが……

【浅はか?】八木姓が使えなくなった八木さやの新しい名前

2020年10月30日

そこに戻る前に再婚していたことにメッチャ驚いたんですよ!

しかも再婚してかれこれ2ヵ月も経過しているのに未だ「八木さや」…この非常識さにも驚きました。

また、正真正銘の「八木姓」であるリュウ博士(元旦那)も、この非常識にお困りのようですね。

↑八木さやが再々婚されたことを知ったことを機に書かれたブログでは「ビジネスネームも近々変更されるようですね。」とリュウ博士は申しております。

一刻も早く「八木姓」を名乗ることを辞めてほしい心の現われでしょうね。

分かりますよ!その気持ち。

ただ、リュウ博士が「近々」と言ってたあの日から早2ヵ月…未だ彼女はビジネスネームを変更する兆しはありません。

リュウ博士と離婚当初は「子宮委員長はる」を復活させるくらいのことを言っていたはずなのに、不思議ですね。

 

っていうか、彼女が名前が変えられないのは、彼女においてのビジネスの指針が全く定まっていない証なんだろうなと私は思います。

だって彼女にとって名前と言うのは、屋号と同じ。つまり、ビジネスの方向性を指し示すものでしたから。

それが定まらないんでしょうね。

だから変えられない。

しかも、ここ何年も右肩上がりできていた売り上げも、雪崩か?それとも崖か?と言えるほど真っ逆さまに転落しているんじゃないかと…私は想像しております。

もちろんブログ上では常に上手く行ってる風味を醸し出してますが、冷静に彼女の人生を追ってみて「幸せ」と思える人ってそんなにいないと思うんですよね。

もちろんそういう正常な思考の人は彼女に嵌ることもなく普通に生きてるわけで、そして一部の狂った人が信者になるわけですが、そんな彼女たちこそ武漢ウイルス騒動の果てに「金がない」の堂々巡りになっているんじゃないかなと思うわけです。

そうなると、八木さんに入ってくるお金も減少しているはずで、それゆえビジネス的に試行錯誤しているんだろうなぁと思う訳ですが…八木さやさんのビジネススタイル自体が完全に時代遅れで手遅れですからね。何をやるにしてもかつてのような成功はもう手に入れることはできないでしょう。そもそも新規の顧客が入る見込みが彼女のビジネススタイルの中にはないですからね。

だから今も「八木」なのだろうと思うのですが…これってやっぱり変ですよね~と思いますが、金が大好きな彼女においては普通の常識は通用しないことを心得て、今後も時折見守っていきたいなと思っています。

 

結局のところ全くオチのない話になってすみません。

 

追記

心屋さんの見た目の気持ち悪さ度合いがかなり進化していて驚きました。

3年前はあんなに絶好調だったのに、絶好調の時なんて一瞬ですよね。

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

 

6 件のコメント

    • こんばんは。
      既にあの界隈は完全に宗教ですからね(笑)本人たちは気が付いてないけれど。
      これを学べば幸せになれるとか、成功するとかっていうメソッドは全部宗教ですから、そうなって当然な気はしますが、3年後の心屋は船井界隈と同じ状況になっているんじゃないでしょうか。
      船井さんとこは教祖死去から4年の月日でほぼほぼ解散となりましたが(船井フォーラムの最後が2018年)、心屋さんところはそれより一足早く解散になるように思います。
      既にここの教祖においては採算の合わないビジネスになっていることが容易に想像できますので、一旦新体制で始めるものの崩壊は当人たちが思っているより早く起きるように思います。
      そもそも今更「心屋」という名前だけで「ヤバい」と思う人の方が多そうですし、知らなくても入る前の段階で下調べしたらヤバい情報の方が多めにでる時代になりましたからね。
      あのメソッドには未来はないと思っています。
      なんか熱く語ってしまいすみません。それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは!
    八木さやさんとは関係ないのですが、、

    先日、Facebookのイベント告知に
    並木良和さんと本田健さんのお話会が!!
    (風の時代にお金に愛される人になる・・みたいなタイトルでした)

    私は参加はしませんでしたが イベント告知を見たとき
    「並木さん、、見境なく いろんなところに食い込んで行くんだな〜www 必死だな〜」と妙に感心してしまいました(笑)

    並木さんと言えば 竹久さんの事が頭に浮かんで・・・(笑)

    信者さんは まだ一定数いるみたいなので、これ以上 増えないことを願うばかりです。

    • おはようございます。
      ちょっと前にも並木さんはアジア系外国人のスピリチュアルリストの方とコラボイベントをしていました。このイベントも読者の方から教えて頂いたのですが、その後自分のブログ(アメブロ含む)を見たらそのイベントの広告が流れて、集客に必死なんだなという印象を持ちました。(確か開催まで1週間切っていたはず)
      今回の件もそうですが、並木さん単独イベントでは集客がままならなくなっている現れなんでしょうね。
      っていうか「風の時代にお金に愛される」って(笑)、既にこの1フレーズだけでツッコミ所満載な上に時流読めてないんだねっていうことが良く分かりますが(笑)そもそも並木さん自身がお金大好きの搾取型の人間ですからね(表面上はそうじゃなさそうに見せかけているけれども(笑))

      並木さんは去年の失敗が大きいので、新規顧客は増えにくいでしょうね。心屋さんや八木さんらと同じ流れに入っていると思うので、じっくり生温かく見守っていきましょう。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • ちょっと前の記事に続き、連投失礼します。

    わたしがゆりこさんの記事を再び読むようになったのは1カ月前でした。
    自分がとある認定講師をしていて、そこから抜けて苦悩していたときに、たまたまスマホに登録されていたゆりこさんのサイトを目にしたのです。
    本当に偶然だったんですが、読み進めるうちになんだかいろいろと目から鱗で、若干偽スピ系に引きずられそうになっていた自分に歯止めがかかっただけではありません。
    私がいた認定講師も偽スピ系と同じビジネススキームだとわかり、「これでよかったんだ」と納得できたのです。

    今はいろんなものから目が覚めて、本当に安堵しています。
    そして今回の投稿のメーンは、の記事の中でも名前が出てくる方の件で…笑

    並木さんは4月17日に東京大神宮で天之御中主神のチャネリングを行うそうで…
    https://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=3304&gclid=CjwKCAjw9r-DBhBxEiwA9qYUpWe7yMmntlv0onuazC-lre1DhjNPK2Uinpa_V_6omKRcR7YAJ_w1QxoC15YQAvD_BwE

    ていうか、ちゃんと古事記を読んだんかい?と突っ込みたくなるぐらいです。
    ゆりこさん紹介の2冊を読んでおいてよかった。

    それから心屋ですが、なぜかメルマガを登録していたみたいで送られてきました。
    新しいメンバー、いわゆる奥さん中心の「心屋の会」からですが。
    その中にこんな一節が。

    ★☆★

    前者後者、めっちゃ族ふーん族など
    心屋の教えの数々が生まれた背景はご存じでしょうか?

    創始者である心屋仁之助(2020年末に心屋塾を卒業)が
    独特の観察眼を持って
    書籍にしたり、メソッド化した心屋の教えですが
    そのネタを密かに提供していたのは
    わたし、心屋智子なんですよね~

    しかも、提供する意識もなく
    ただ、私が私としてマイペースに生きていただけ、、、。

    それゆえ、生きてるだけで
    「心屋の源泉」と呼ばれています。(^^)

    今日のメルマガは
    その源泉からあふれ出る
    あつあつの混じりけのないお湯

    ★☆★

    いろいろと内部は大変そうですね。
    △の方たちは、なんか必死な感じがしました。

    これからは△から〇へ。私も〇を意識して行動していきます。

    • おはようございます。
      偶然が重なって安堵できる状態の一助になれたこと光栄に思います。
      それにしても東京大神宮もえらく迷惑なお話でしょうね。
      東京大神宮って伊勢神宮の支社にあたる神社なのにね。しかも、そんな場で個人的見解の祭典を勝手にやっちゃうんでしょ?一般的なイベント会場であれば抗議されてもおかしくないくらいの話ですが、神社は多めにみてもらえますからね~。ただ天はこのような行為をどう思っているのか、それは後にきちんと現実に現れるものだと思います。
      本当に金がなくて必死なんでしょうが、より一層見放されそうですよね。っていうかもう見放されてると思うけど。

      心屋の会のメルマガ教えてくださりありがとうございます。
      一生懸命マウント取ってるさまが滑稽ですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください