【激アツ】天安門事件の日の日本外交に隔絶の世の感!

菅内閣になってから、シェイシェイ茂木騒動やオリンピック案件なども相まって、外交に不安な側面を感じることが多かったのですが……ここ最近カウンターを効かせる行動が増えていて気持ちよい限りです。

 

↓講座生募集締切間近です↓

【お知らせ】無料講座の配信が開始されました。

2021年5月26日

↑まだ見てない方お急ぎを↑

パイナップルに続き、日台間の絆深まる

中国の嫌がらせで、台湾がワクチンを手に入れられなくなっている問題。

既に皆さんご存じの通り、日本が手を差し伸べワクチンをお渡しすることになりました。

昨年日本でマスク不足が深刻になった時は、急いで日本にマスクを送ってくれた台湾。

だからこその日本のお返し。なんだか毎度日台間の出来事って「美しい」と思わされることが多いですね。

って言うか少し話それるけど…、去年マスク不足が騒がれる直前に、東京都知事は都民用のマスクや防護服をあろうことか中国に大量に送ってしまいましたよね。

【気づけ都民!】小池百合子こそが独裁者だよ!

2020年5月25日

それでマスク不足が深刻になった部分も絶対あったはずなのに、自身の非は当然認めることなく…あろうことか中国からマスクを送られて「日中友好」とか言っちゃってたよね。

【やめて!】二階氏「お礼の訪中をしたい」

2020年3月1日

ほんと、こういう政治家だけはご勘弁だけど……今回の動きはパイナップル騒動に続き、日台間の絆を深めるために良い動きだと私は思ってます。

【新聞社の本音】おきるな!台湾ブーム

2021年3月19日

台湾へのワクチン今日(6/4)お届けします♪

しかも、ワクチンの提供が今日(6/4)になったのも良いですよね!

だって、今日って中国共産党がひた隠しにしたい天安門事件の日ですよ!

だから、中国のネットでは64という数字は御法度となってもいるくらい神経を尖らせている日であり数字なのですが、そんな中国の本音を見透かしたかのように、この日に提供する日本。

やりますなぁ。(*^-^*)ようやく日本の外交も嫌味効かせられるようになったのですね!!!

 

さらに言っとくと、このワクチンを乗せた便は(JAL809便)です。

これも敢えてじゃないでしょうか。

だって天安門事件が起きたのは1989年ですよ!

6月4日提供で、ワクチン乗せた便が809なんて……ねぇ。

たまたまの偶然な訳ないよね。

まぁ日本政府は「たまたまです」って絶対言うけど(笑)、それが外交だけど(笑)

こういうシュールな嫌がらせ、気持ちいいよね♪

っていうか、かれこれ4年前にキンペーがイギリスに訪問した際に、しこたまイギリスから嫌がらせされたことを覚えてる人はいるかな?

 

晩餐会のワインが1986年ものだったり、トイレの前で会談させられたあれ!

↓詳しくはこの記事で↓

 

あれ見た時に、「早く日本もこういう嫌味を効かせた外交をしてほしい」っと心の底から願ったけれども、なかなか実現されることはなく、もはや日本では無理かと諦めてたんだけど……

ついに日本でも中国に対して、こういう嫌味を効かせられる外交ができるようになったんだなぁと思うと、もう本当に清々しくてしかたがない!

素直に嬉しいね!

 

っていうか、韓国についてはもう相手にする必要がない空気に完全になってるのも嬉しいね♪

 

ほんと、数年前から考えたら、完全に隔絶の世って感じがする!

清々しいわ~♪

 

とはいえそれでもいろいろ面倒臭いことあるけれど、社会秩序が生まれ変わっている部分に気が付いて、清々しく楽しく生きていきましょう♪

 

それではまたね☆

↓講座生募集締切間近です↓

【お知らせ】無料講座の配信が開始されました。

2021年5月26日

↑まだ見てない方お急ぎを↑

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

8 件のコメント

  • ゆりさん、こんにちは。
    数か月前に、NHKスペシャルの「天安門事件後30年」というような内容の番組を録画で見ました。
    当時、中学生か高校生位でデラシネ盛りだったので(^^;)事件の詳細を知らなかったのですが、
    その番組を見て、中国共産党の非道を目の当たりにすると同時に、天安門事件後の各国の対応に疑問を持ちました。
    NHKの情報が正しいか、精査できていませんが、
    当時、先進各国にも、中国の安い人件費や原材料等々を利用したい下心があったと思いますが。
    中国の経済発展を援助する形になったのは、各国のミスだったかな…と思いました。
    当時の各国の意見を要約すると「このような痛ましい事件が起こったのは、中国が貧しいからだ。経済発展して豊かになれば、民主主義的な思想が定着するだろう…。」的な感じでした。
    …てゆうか、無法者にお金を持たせたら、もっと暴君になるに決まってるよね?!と心の中でツッコミをいれましたが。
    今も、利害や利権、甘い汁を吸いたい人や、嘘に騙される人のいい人達によって中国に隙を与えているのかなあ…。と思いますが、

    記事を読んで、各国の塩対応が表面的でない事を祈りたい…。と思いました。
    まとまりの無い長文すみません。記事、楽しみにしています。

    • おはようございます!
      中国援助の裏側に多大なる利権が潜んでいるのも言わずもがなですが……
      かつての時代において「このような痛ましい事件が起こったのは、中国が貧しいからだ。経済発展して豊かになれば、民主主義的な思想が定着するだろう…。」という考えは、一部の行き過ぎた思想やプロパガンダではなく、普通の感覚だったように記憶しています。
      いわゆる「出したものが返ってくる(善い行いをすれば善いものが返ってくるという道理)」と言いますか……そういう感じの面は多々あったと思います。
      当時、松下幸之助が中国に対して熱烈な支援をした背景にあったものも真心だったと思います。

      ですが、結果は違いました。
      中韓については、思考の次元が違うといことが今になってようやく庶民レベルでも理解できるようになりましたが、数十年前までは実験段階の部分もあったということなのだと私は思っています。
      このような先人たちの試みも冷静に検証した上で、ようやく今の対応があるのだと思います。
      先人たちの努力を受け容れた上で今を生きていきたいですね。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • そうだったんですね…。
        真心を仇で返されているのが現状なのですね。
        その辺りの時代の空気感や、松下幸之助さんも支援されていた事が分かって良かったです。
        先人たちの試みを踏まえて、中韓対策を進めていきたいですね…。
        ありがとうごさいます。

        • おはようございます。
          もちろん全てが真心ではなく、利権や金目当てのものも多数あるかと思いますが……入り口は真心の比重がかなり高かったのではないかと私は予測しています。
          その真心が結果、淫らな心に取り込まれたという感じかと。

          このような過去の反省をふまえてこれからの時代を今生きている私たちが整え直していきたいですね。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    今回の台湾への支援は本当に心から嬉しくなりました!
    マスコミも今までなら黙殺だったと思うのですが、色々な報道機関で報道されていましたし、ネットニュースでも台湾への支援を支持するコメントが溢れていて、、、、、風向きが変わってきたのを実感します。

    そして、到着日が6月4日というのも嫌味が効いていてうれしいですね(笑)
    ゆりこさんの記事を読むまで気づかず「いつもより早い対応だったな」くらいに思っていたので、中国の激怒も納得です。

    去年くらいまでは民放でも天安門事件のことってあまり触れていなかった気がするのですが、今年は天安門事件の特集や情報が取り上げられていたように感じます。

    今後も塩対応の対中韓対策&本当に手を取り合うべき国を大切にするという当たり前の姿勢を続けて欲しいですね。

    • おはようございます。
      台湾こそ中国の嫌がることを熟知していたはずで、でも国力の差からそれが今までできなかった。
      しかし、日本と台湾が組めば、「心理戦の部分は台湾が、パワー部分は日本が」という役割分担が容易にできますよね。
      その実践第一弾だったのかも?と思ってもいます。
      つまり、天安門の日にワクチン頂戴!っていうのは台湾からの打診もあってのことだったのかなぁと。

      こういう連携を想像すると、未来が面白くワクワク感じられますね♪

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • おはようございます。
        いつもご丁寧なお返事をありがとうございます。

        「心理戦の部分は台湾が、パワー部分は日本が」

        まさに!理想的な手の取り方ですね!
        台湾も存在感を増してはいますが、パワー不足は否めないので、既に世界的に基盤を作っている日本やアメリカと組めば、とても強い国になりますよね。

        今までは、台湾が侵略されないか?沖縄は大丈夫か?と懸念することも多かったのですが、最近の日台米の連携や世界の中国に対する塩対応を見ているとワクワクしてきます^^

        これからも日台の動向を楽しみにしています。

        • おはようございます。
          左派は想像以上に追い詰められているはずなのですが、それでも強気で押し通すことしかできないので、実態がよく見えない部分が多いですが、塩対応連発ですよね(笑)
          軍事の分野では既に戦争の対応で事が動いていると思われるので、私たちもその意識をもって日常を過ごしていきたいですね。
          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください