【驚愕!】眞子さまの結婚に97%以上の国民が反対!

母数1万人以上のアンケートで90%以上になることって非常に珍しいです。

っていうか95%以上になるって、マーケッターの視点からしてあり得ないです。

 

マスコミがごり押ししても、もう無理ね!

週刊朝日(朝日新聞系週刊誌)が実施したアンケートで、とてつもない結果が出てしまいました。

国民の97.6%が「眞子さまと小室の結婚に反対」なんですって。

しかもアンケート母数は1万3057人にも上ったそうです。そして、そのうち1万2749人(97.6%)が「反対」の意を示したとのこと。

これはとっても驚きですね。

だって、このアンケートを実施したの…国体破壊がモットーと言える朝日新聞系の雑誌ですよ。

そこら辺の思惑を組んで考えれば、朝日としてはもう少し賛成意見が高めに出るのではないかと類推していたんじゃないのかなぁなんて思うんですが……

上がってきた数字はなんと、反対:97.6%。

マーケティングの経験からしてみても、ここまでのはっきりとした数字がでることってほぼないというか……ぶっちゃけ私は見たことがありません((+_+))

しかも、左派系メディアでここまで朝日の思惑とは真逆の意見(反対)が大多数を占めるなんて、さすがの朝日も思いもしなかったでしょうね。

そしてここまではっきりとした数字がでてしまったからこそ、数字をいじくることもできなくて、素直な数字を出されたんじゃないかなぁって私は憶測しておりますが、どうでしょう。

 

さらに上がってしまった結婚へのハードル

眞子さまのご結婚については、先日の陛下のお言葉でハードルが上がったと言えるのですが……

陛下のお言葉

「眞子内親王の結婚については、国民の間でさまざまな意見があることは私も承知しております。このことについては、眞子内親王がご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」

 

今回のアンケート結果でさらにハードルが上がってしまったと言えるでしょうね。

なぜなら、先日の陛下のお言葉では「さまざまな意見がある」とされていましたが、実は「ほぼ100%の国民が反対であった」実情が表に出てしまいましたから。

そしてこの事実は、陛下が課したハードル(多くの人が納得し喜んでくれる状況)をクリアすることはもはや無理という実情を現わしていると言えます。

 

それでも駆け落ちなんてこともひょっとしたらあるのかもしれませんが……(いや絶対にあってほしくないし、できないと思う)……この数字が眞子さまを冷静に戻すきっかけになってくれたら良いなと思っています。

 

小室のおかげで、女性宮家、女性天皇、女系天皇は頓挫かも…。

それから、ここまで国民に嫌われた小室圭のおかげで、近年盛んに議論されてきた女性宮家、女性天皇、女系天皇の話は、一先ず頓挫することになるんじゃないかなぁと、私は思ってます。

【朝敵】「小室圭皇室出禁」というパワーワード

2020年11月17日

だって、今回のことで民間男子が皇室に入りこむ危険性を国民の多くは気が付いてしまいましたからね。

そして、皇室解体の最初の突破口となるであろう女性宮家は、小室圭のおかげで「絶対無理」という感情に国民が染まってしまいました。

そして、この突破口が上手くいかない限り、左派が目指す女系天皇の誕生(これは国家破壊論)は無理ですから、論議する意味すらここからしにくくなるはずなんですよね。

そういう意味ではとりあえず小室GJと言えます。ここからどうなるかは分かりませんが、これほどまでに女性宮家の危険性を気が付かせくれた意味においてはGJです。

ちなみに女系天皇って何?と思われる方は、下記動画で確認ください。

 

 

また小室ほどのキャラでなければ、ここまで国民が一致団結できなかったと思うので、そういう意味で小室には感謝申し上げたい。

が、そろそろ自ら別れを切り出してほしいです。

 

眞子さまはお辛い時期を何年もお過ごしでしょうが、もっといい人います!って国民の97.6%は思ってますし、実際にいると思います。

新しいフィアンセと眞子さまが笑顔で過ごす日々を、国民は願っております。

美しい姉妹の幸せを願っています。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください