【朝敵】「小室圭皇室出禁」というパワーワード

皇室出禁って……もはや…朝敵ってことですよね…(^^;)

 

小室圭さん皇室出禁に…。

先ほどTwitter見てたら、見逃すことのできないパワーワードを目撃してしまいました。

それは…

です。

小室圭さんのことについて書かれた女性自身の記事が元ネタになってトレンドワード入りを果たしたようですが……

パワーワード過ぎますよね。

女性自身の記事がどこまで正しいのかは分かりませんが、聞き慣れない「皇室出禁」のパワーワードの威力は凄まじく、またみんな思うことは同じのようで

小室圭=朝敵という図式が国民の中に浸透しております。

っていうか、朝敵が実在したことがみんなツボるんでしょうね。

「皇室出禁」に並んで「朝敵」という言葉が盛んにTweetされてます(笑)

 

以前から私も小室圭って道鏡みたいだよなってずっと思ってましたが……やっぱり思うことは同じなんですね。

だって小室さんにとって眞子内親王殿下との結婚って、ビジネスにしか見えないですもの。

準皇族という立ち位置を得た上での自分のポジショニング確立、眞子内親王殿下が皇籍離脱する時に支払われる1億4千万円などなど……自分のために眞子様も皇室も利用しているんだなとしか思えないんですよね…小室圭の行動って。

だって、一般的な国民の感覚があるのなら、いや庶民の普通の結婚であったとしても、ここまで相手の両親に嫌われてしまったのなら、辞退を申し入れるのが普通でしょう。

ですが、「この混乱すら彼は利用している」と竹田恒泰さんは常々仰っています。

婚約破棄になったのなら慰謝料請求するなど、皇室相手に裁判をしたり、また皇室側の理由で破綻になった場合は、眞子様のプライベート写真などを敢えて流出するなどのことをするのではないかと、竹田さんは危惧されてました。

ただし、彼の出現によって「女性宮家の危うさ」が全国民に周知されたのは大きな功績だと思います。

お二人の今後はどうなるかは分かりませんが、小室圭=朝敵というパワーワードはますます浸透すると思いますし、またこの件の浸透によって「なぜ皇室(朝廷)が男系にこだわってきたのか」という理由も広まることを期待してます。

皇室が男系であれば、小室さんみたいな怪しい輩が、皇室(朝廷)に入り込めません。男系というと、女性差別と短絡的に解釈されることが多いのですが、実は男性排除であって女性差別ではないということに、気が付いてくれる人が増えると良いなと思っています。

それにしても「皇室出禁」も「朝敵」も、なかなかのパワーワードですよね(笑)

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

4 件のコメント

  • ゆりさん、こんにちは。
    色々と週刊誌の見出しは強烈ですが、小室氏、相当キモ座ってそうなので、どんな批判にさらされようが、最後は結婚まで食らいつくんじゃないかというそら恐ろしさがあります。
    そんな日が来ないことを祈りたいですが。
    すみません、独り言のようなコメントで。

    • こんにちは。
      並のメンタルではないことは間違いないですよね。
      ある意味貪欲の成せる技なのでしょうが、女性自身の記事が本当であれば、小室さんにとって眞子さまと結婚する目的の多くが消滅するように思います。
      準皇族という立ち位置は出禁で無理ですし、なんなら皇族から一番嫌われた人というプロフィールは彼にとって最大級のデメリットです。
      それから期待していたはずの眞子さまの資金も頂けなければ、彼にとっては誤算でしょうね。
      眞子さまは愛があるから大丈夫と思って先日のお気持ちを公開されたと思うのですが……小室さんにそのような愛が宿っているのか疑問です。

      ですから小室は皇室出禁&1億4千万なしで、態度を急変させるような気もするのですがどうなるでしょうね。
      っていうか、情報出る度に嫌われる小室ってすごいですよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは

    変な異性をつれてくる子供は古今東西いるじゃないですか。
    周りの大人達の【職務怠慢】な案件な気がします。
    (留学、警備も税金なんですよね。)

    • こんばんは。

      できるだけ自由にという方針の裏目と言えますかね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください