【実証♪】オリンピックで分かる!メディアの誘導の逆が正解!

以前の記事で「今の時代は全くもってメディアに迎合しない姿勢を貫くことが“ノーダメージ”を手に入れる秘訣」と書かせて頂いたことがあるのですが…

↓この記事↓

【劣勢に見える保守】実はほぼノーダメージ?

2021年5月27日

オリンピックの状況見ていると正にその通りと思えませんか??

 

2週間前…反対「7割」、今賛成「8割」wwww

ついこないだまでの世論調査では半数以上の人が「オリンピックやるべきではない」という意見だったのは皆さんもご存じだと思います。

 

それが一転やり始めた途端、やって良かったが約8割という状況に転換しました。

 

民意ってスゴイですよね(笑)

こんなに簡単にコロッと変わっちゃうんですよ(笑)

 

 

ちなみにこんなに簡単に変わっちゃうのも「実は道理である」と先週の記事でお伝えしました!

↓これ↓

【知っとこ♪】オリンピック開催でストレスが軽減されるワケ☆

2021年7月26日

 

あれれ?と思う人もいるかもしれないけれど、そういうもんなんです。

そして世論はこのように移ろいやすいものと理解した上で、国を良い方向に導くのが政治家の役目と言えるしょう。

 

 

ちょっと話がそれるようですが…逆に言えば現代って、メディアを中心とした左翼がおかしな論理と思想で、人々の気持ちを締め付けて、多くの人が道理を忘れさせられているだけのことなんですよね。

また左翼は常に現実が伴わない虚言の限りを尽くし人々を不快にし、そして不安にした挙げ句、一つにまとらない空気を作っているだけのことなんです。

にもかかわらず私たちがそこに流されるからこそ、その空気感が強化されるだけのことなんです。

それだけのことなんです。

そして、真に受けた人々は、応じて現実や道理に外れた…的外れな怒りと不安を抱えさせられるだけのことなんです。

だからこそ、彼らの誘導を見極め、そして乗らないということが何よりも必要。

特に自民党はそこをもう一度見定め直してほしいです。

 

メディアに迎合すれば、自民党は死に体…それだけのこと。

安倍総理が退任されてから、何かと不安定な状況が続いている自民党ですが……

自民党が不安定な状況に陥っているのは、何かにつけてメディアに迎合した行動を取っているからだと私は思っています。

だって、自民党がメディアに迎合すれば、メディアのデタラメが真実化し世論もそこに流されます。だからこそ、メディアが呈示したデータに基づく動きが強まって、自民党の威力が減らされているだけのことだと思います。

たとえば、今回のオリンピックもメディアの誘導を真に受けて、開催を取りやめていたのなら、もう自民党の命なんてなかったはずですよ。

皆さんもそう思いませんか?

ですから自民党の皆さんには、そこを今一度受け止め直してもらって、秋の総選挙の準備に入ってほしいなと思います。

 

とにもかくにも、メディアに迎合しない!

道理を貫けるかどうかが、これからの時代楽しく生きられるかどうかのポイントだと思います☆

またここがポイントになるのは平民の私たちも同じなので、嫌がらせの酷いメディアの誘導に動ぜず道理に則り生きていきましょう♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

4 件のコメント

  • メディアに凄く振り回されているのは、お医者さんもかな?って思っています
    メディア記事をRTして、変異株こわーい!あぶない!と、不安を巻き散らしてしまったり、
    終息しないのは自粛しない国民のせいと他人のせいにしたり、
    ワクチン打つ打たないは個人が決める事なのに、やれ反ワクチン!ワクチン絶対!など
    偽医者疑惑の人もいたり、トンデモ医も転がっていたり…
    冷静に考察している医師はちょっとだけで、右も左もワーワー大騒ぎなツイッターの医療系はサスペンス状態です;

    正論で殴り倒して国民を引っ張るフェーズはとっくに過ぎて、自粛要請が日に日に効力を失い反感を買う中、妥協点を探り出し混沌を鎮めるフェーズに入ってきていると思います
    新型インフル時、約一年半程で追跡を諦め、季節性インフルに押し込んだ様に、いずれ強制終了を下さなければならない時が来るかもですし、医者や政治家もいっそそうしたいのが本音かもしれません
    なによりこの混乱を長続きさせて得をするのは、メディアと不安商法(タピオカ屋居抜きの民間PCR屋や、意味不明な防疫グッズ)だけですしね;
    そもそもウイルスは生き残る為に変異してナンボなのですが…そんな道理を受け入れられない、サスペンス状態の医者や有職者がゼロコロナだ!と夢見で猛進し、混乱の片棒を担いでいる側面もありそうです

    地味ながら大きな変化といったら、今月施行された改正薬機法もメディアにとって侮れませんね
    健康食品やPCR検査CMバンバン打っていた所はどうなることやら…

    • こんにちは。
      仰る通りですよね。
      昨年コロナ騒動が始まった頃既に、武田邦彦先生は「この期に及んで医師会は自己保身と権益の拡大と金儲けしか考えていない」と憤慨されておりました。
      その頃私は、さすがにそれは言い過ぎではと思っていたのですが、1年以上経てばその見立てが最も正しかったなとしか思うしかないです。
      コロナの患者を引き受けてもお金にながらいが、ワクチンは張り切れば張り切るほどお金になるとのこと。
      ワクチン推奨論は、政治的駆け引き以外にもビジネスで儲かる人が多いというのがあるからこその出来事なんだろうなぁと思いながら見ています。

      ちなみに去年の年間死亡数は、肺炎による死亡者がめちゃくちゃ減り、老衰の死亡者が激増しました。もちろん武漢ウイルスで死亡された方もいたのですが、多くは高齢者です。つまり本来であれば何かしらの病気(肺炎など)にかかって死ぬ時期が迫っていた人とも言えます。
      詳しくはこの記事で↓
      https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG228660S1A220C2000000/

      こういうデーターを見ていると、一体庶民は何に付き合わされているのだろうという気持ちになりますよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • お返事ありがとうございます!

        昨今のメディアのデルタ株と感染者数全力投球な煽りっぷりは、トヨタがいちぬけしたのがよっぽど堪えたのか、大手スポンサー撤退覚悟の神風特攻にしか見えず、必死ですねーとしか思えないです;
        これで五輪が終わった後に、五輪のせい!与党のせい!国民のせい!にするつもりでしょうが、国民の大部分は表に出さないだけで内心恐怖ビジネスに飽き飽きしてますしね;
        ですが、超大口顧客のトヨタが抜けたら、他の足踏みしていた大手も「じゃあ自分も」ってなりやすいです、それに気付いていないんでしょうね

        全力で煽っても一ヶ月…というより今の情報伝達と消費の速さから、一週間もすれば風化しちゃうかもって思います
        だって、あれほどばら撒いた地域呼び変異株煽りもすぐ風化しちゃいましたから
        WW2末期の朝日の如く、スポンサーを呼び戻そうと「自粛ダメダメ~!」って掌返しするメディアが出てくるかもです

        自分は今接客業の為ワクチンを打ちましたが、人の出入りが少ない部署や在宅業務だったら打っていません
        賛成でも反対でもなく、その程度の事なんですよね
        今回は武漢肺炎診療での穴を埋めたい推奨派と、自身が推す代替医療で儲けたい反ワク派が、お互い稼ぎのパイを増やそうと罵り合っているプロレスっぽくもありますね

        • おはようございます。
          最近とんとテレビのニュースや情報番組を見なくなってたのですが、オリンピックが始まってからしばらく朝7時のニュースがスポーツ番組化していたので珍しく見ていましたが、オリンピックが始まって1週間くらい経ってから、突如各局「コロナが大変!」っていう強い不安を煽る報道に切り替えましたね。
          メディアがどのように世論誘導したいのかがあからさまな惨状で、辟易している国民が多いのではないのでしょうか。

          私の周りの同年代でも生活の中で人との接触が多い人は、生活事情を考慮して接種しているケースが多いです。
          自分のためというよりも、社会的配慮のためにワクチンを打っているケースが目立ちます。
          感染するよりも、感染しただけで、多くの人に迷惑がかかり村八分になるような状況を避けたい様子が伺えます。
          これはメディアが本質の議論を避け、飛躍した恐怖を与え続けた結果のように思えます。
          こうやって本質からそれるから問題が解決しないのに、問題が解決しないことによって金儲けに繋がる人も沢山いるわけで、これがこの世と思うとやっぱり辟易しますね。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください