【中国大洪水】東日本大震災規模の被害が出ている模様

先日の記事で、中国の洪水に触れたのですが…

↓これ↓

【続く天罰】中国全域が異常気象カオス

2021年7月22日

中国共産党の隠蔽体質によって全く報道されておりませんが……どうやら被害、東日本大震災規模と言える状況になっているようです。

 

洪水に飲み込まれた地下鉄箇所は90以上?!

7月21日に河南省を襲った雨は、地下鉄にも入りこみ、地下鉄車両内がまるでプールの状態になったということは以前の記事で紹介しましたが……

この被害、想像以上に大規模に起きていたようです。

中国共産党の公式情報では、この洪水での死亡は14名とされていますが……

どう低く見積もっても数千人規模が死亡されていると思われます。

↓詳しくはエポックタイムズで確認を↓

またエポックタイムズでは、ある鄭州の保険会社が「91箇所で地下鉄が水没。40億元(674億円)賠償が必要になった。」とSNS投稿していた情報もピックアップしていました。

また五毛党だった兄の遺体確認に行った鄭州市民が「『二七葬儀場』には数千人の人々が遺体を確認するために訪れていた。」と証言している情報も取り上げられていました。

この話に沿って考えると…鄭州の地下鉄は6路線で146駅あるそうなのですが、その大半が水没したと言えるのではないのでしょうか。

それから、この話に沿って考えると「地下鉄車内がプール化していた動画」は、この洪水においては軽傷のケースだったと思われます。ぶっちゃけ私はあの動画が最悪のケースだと思っていたのですが……どうやら多くの人が助けてもらえることなく、今も地下鉄の中にいることが考えられます。

また…そうでなければ、こんなにも献花されることなどないでしょう。

 

ですから、助けてもらえた人は、この災害の中では軽傷なのだと思います。

 

それから今回の洪水では、地下鉄のことよりもトンネル水没のことの方が大きく取り上げられ続けていましたが…

 

その理由は「地下鉄水没に触れてほしくないからではないか?」という憶測も飛び交っています。

トンネル水没も数千人の犠牲者が出ている大災害ですが(中共公式発表では十数名の死亡ということになってますが…)、それ以上に地下鉄の災害の方が酷いのかもしれませんね。

またこのような甚大な被害を引き起こした背景には、やはり中国の杜撰な下水網の存在があるようです。

っていうか、中国ってどうも排水溝がないっぽいんですよ(^^;)

排水溝に見せかけたフェイクが大量に存在しているだけっぽいんですよ。

ちょっと日本人には理解しがたい感覚ですが、これぞ中国人って感じですよね。

このような下地もあったからこそ、今回の大災害に繋がったのだと思います。

 

またこの規模の災害が起きたのなら、通常は世界各国から哀悼の意が送られるものですが、中国共産党自体が「洪水被害はフェイクニュース」と言い張ってます(^^;)

情けは無用というか…なんというか…頑なに貫いてきた隠蔽体質が余計に仇となり、中国共産党そのものが消えていきそうな気すらしています。

またそうなれば…それは、世界中の人々にとって良いことであるので、隠蔽体質を貫いて消えていってほしいなと思いますが……どうなることでしょう。

 

追記

それにしても、台風6号の命、長すぎるくらい長かったよね。

だって、あの洪水引き起こしてから1週間も上海近くに居続けたんだよ!(28日に熱低)

長過ぎだよね???

普通に考えてあり得ないでしょ。

しかも大陸で、海がないのに1週間近く居座るっておかしいよね。

だから私は、今目の前で気象戦争が起きている可能性もあると思いながら物事を見続けています。

とはいえまぁ…偶然いろんな気象理由が重なってそうなったのかもしれないけれど……それにしてもおかしい。

しかも…オリンピックのタイミングっていうのも、ある意味ジャストミートだもんね。だって、このタイミングで中国が侵略仕掛けて来る可能性だって沢山あったのに、災害に見舞われるってね……あまりにこっちにとってラッキーな偶然過ぎるよなぁと思っており…あまりにもな偶然ばかりが続いているからこそ、人工の可能性を感じています。

まぁこの追記の話は、話半分ということで♪それではまたね♪

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください