【オカルトの闇】コロナウィルスはバイブレーションで防げる?

スピ系の人たちって今回のコロナウイルスの流行も、都合良く自分たちの定義に置き換えるだろうなと思ってたのですが、やっぱりそうでした。

 

スピ系のメソッドは正常性バイアスを強化するだけ

スピ系の人って普段から大概こういうこと↓を言ってるじゃないですか。

「悪いバイブレーションが引き起こしているから、バイブレーションを変えて!」

「不安な思いが不安を呼び寄せるから、明るくして!」

「どんな困難も愛と感謝を捧げれば、危機は乗り越えられるよ!」

だから、今回のコロナウイルスの流行も、同じ感じの発信しているだろうなぁなんて想像して、ググってたんですが……、案の定同じ事を言っておりましたね。

 

まぁ、どこで誰がどんな風に言っていたかまではここでは言及しませんが、ざっくり言うと「周波数(バイブレーション)を上げれば、コロナウイルスは防げる」とか、「この危機を乗り越えることで、周波数は格段に上がるから頑張って」とかね。

あまりにフワッとした情報を教祖さまたちが発信していて、それを信者さんたちが真に受けていて、正直恐いと思いました。

また、波動に注視している私からしてみると、こういういい加減な情報は捨て置けないので、記事にしています。

教祖さまたちはさも「波動を良くすれば何もかもが乗り越えられる」的な事を仰ってますが、そんなことはありません(笑)…(この部分は後で詳しく解説します)

また結局のところ、教祖さまたちが行っているのは「正常性バイアス」の強化だけです。

そして「正常性バイアス」がきつくなると、正しく危機を認識できないために、問題の先送りが起きたり、問題を大きくすることだけに繋がります。

ちなみに正常性バイアスとは……

正常性バイアスとは「正常化の偏見」と呼ばれる心理学用語の一つで、予期しない事態に対峙した際に、「ありえない」「考えたくない」という心理状況に陥りやすい人間の特性のことを指します。

正常性バイアスが働くと、予期しない事態が発生しても、自身が直面している状況が日常とさほど変わらない状態(正常な状態)であると半ば自動的に認識しようとします。

https://www.newton-consulting.co.jp/bcmnavi/column/normalcy_bias.html

 

それから、こんな非常事態に自分の周波数を変えることに注視することは愚の極みだと私は思います。

なぜなら今は有事だからです。平時とは違います。

【ぶっちゃけ今って…】シンゴジラの映画の中?

2020年2月15日

 

それから、スピ系教祖さまは一様に「さも簡単に波動状態(波動領域帯)は変えられる」ような事を言いますが、これこそ間違ってますよ。

というのも、自分の持ち合せる波動(波動領域帯)というのは、今まで生きてきた積み重ねの結果であり、一朝一夕の気持ちでバイブレーション(波動領域帯)が変化することなどあり得ないからです。

変化したとしても、それは気の持ちようの変化に等しく、波動領域帯を超える程の変化などあるはずもありません。

また、波動領域帯の変化というのは、個人の目の前にある日常に対する捉え方を変え、その上で言動を変えていくことによって起きることです。

たかがかアファメーションで変わるはずもありません。

アファーメーションで得られる効果は、気の持ちようと正常性バイアスの強化をするくらいのことでしょう。

そしてきちんとした事実に向き合えなくなって、さらに苦しむことになるのでしょう。残念なことです。

 

波動が全てじゃないです。

昨今のスピ系では、バイブレーションとかボルテックスとか周波数とか、「波動のこと言ってるんだろうな」って感じのシャレオツな用語が盛んに使われており、またこの世で起きる事象の全ては、バイブレーションやボルテックスや周波数などによって起きている的な話が多いですが……

波動が全てじゃないです!

波動はこの世を作る重要な成分の一つであるとは思いますが、全部波動じゃないです。

以前波動相談室でここら辺のことについて説明をしたことがあるので引用しますね。

㊎波動と病気の関連性 ~教えて!波動相談室~ より

[冒頭省略]

死と波動、病気と波動はどのように関係しているのか、持論ではありますが解説致します。

先ほど「全てを波動で捉えてはいけない」と書きましたが、その理由も温度で説明することができます。

私たちは人が生きることのできる範囲内の温度の中にいるから、生きています。

ですから、熱すぎる場所にいすぎたり、寒すぎる場所にいると……当り前ですが、死んでしまいます。凍死や、近年増えている熱中症などは、温度が原因で起きていることと言えます。

このように私たちの生活で温度というのは生死に密着するほど多大な影響を与えているものなのですが、これが全てではないことは言わずもがなです。

食中毒や怪我、また病死などは温度が原因とは言えないのですから。

それと同じで、波動も多大な影響を与えるものの、それが全てではありません。

波動の影響の場合もあるし、波動とは無関係と言える物事も当然あります。

 

とはいえ、波動が低くなればなるほど、エゴの領域が広くなるため、その影響によって体調不良になってしまうことは充分考えられます。

ただし、全てを波動の軸だけで結論を出そうとしてしまうのは非常に危険だとも思っています。なぜなら、先ほども申し上げた通り、温度のような影響力を持ち合せてはいるものの、それだけでこの世ができている訳ではないからです。

また全ての事を波動で解釈すると、別の因果を見失うことにも繋がります。

この世は温度や波動や水や土や火や鉱物など様々なもので出来上がっており、その様々な影響で私たちが成り立っていますから、「波動は温度の程度」として捉えるのが良いのではないかなと思ってます。

影響は強いものの、これが全てではないということです。

全文はこちらから↓

㊎波動と病気の関連性 ~教えて!波動相談室~

2019年10月11日

引用文の通り、波動はこの世を構成する一部です。

しかしながら、多くの教祖さまは「個人の意識(波動)」しか見ておりません。

これはとっても危険なことだと思います。

ですが、教祖さまの言葉を信じてしまった人は「個人の意識(波動)」しか着目しなくなるため、視野が狭くなり俯瞰することができなくなり、自分の間違いにも、自分が正常性バイアスという偏見を持ち合せていることにも気がつけなくなります。

だからこそ、教祖さまの言葉しか信用できなくなるのだと思いますが、彼等の情報は常に矛盾だらけです。

教祖さまたちは死についてもたとえばこんなこと↓を言ってるそうでして……

「殺された人は殺される経験をしたいから、殺される事が魂的には幸せなので、殺されてむしろおめでとうなんです」

あまりにもおかしなことを言っていると思うのは私だけじゃないでしょう。

ですから次の記事では、このロジックが如何に矛盾が潜んでいるのかお伝えしていこうと思います。

【追記】

続きの記事が書けました!

【痛スピ】「殺された人は殺される経験をしたい」という説が絶対に嘘であることについて。

2020年2月16日

 

本を発売しています。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

8 件のコメント

  • 昨今、波動や周波数の話しをする方々が
    多くいますよね。

    竹久さんの波動の話しは分かりやすく、
    理解できるのですが、
    巷のスピ系の方々は無茶な理論だと感じます…

    でもコロナウィルスを
    波動や周波数で対応するのは
    少し違うと感じます(・・;)

    もっと現実的な対策、対応をする方が
    良いですよね。

    • こんばんは。

      仰る通り、現実的な対応をするべきです。
      波動が良ければ感染しないなんてことはあり得ないと思ってます。
      また感染した人が波動が低いからなんてこともあり得ない理論だと思っています。
      波動が高い人であっても、マイナス30度の世界に連れ出されたら、よっぽど死にます。
      それと同じです。
      また、マイナス30度の世界にいる人は波動の低い人でもありません。

      いろんな部分で矛盾が多いのがスピ系の人たちの話です。
      気をつけたいものですよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 教祖さま「新型コロナウイルスも周波数です」←言うと思いました!
    確かに免疫力は気の持ちようの側面が大きいように思います。でもこの状況下でそれが全てであると言い切るのは、信者が大勢いる以上、勝手にやってろと言っていられない危険なものを感じます。

    「殺された人は殺されたい経験をしたいから、殺される事が魂的には幸せなので、殺されてむしろおめでとうなんです」も危険ですね。理不尽を受け入れるためのおかしな屁理屈が、彼らの言う「目醒め」なのでしょうか。

    腑に落ちる記事にして頂き、ありがとうございました。

    • おはようございます。
      やっぱり言うと思ってましたよね(笑)
      仰る通り、彼等の理論は矛盾が横行し、その矛盾を隠す為に理不尽な屁理屈を言っているんですよね。
      この言葉に私は開眼しました。
      教えてくださりありがとうございます。
      これからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    スピ系には疎くて知らなかったのですが、ウイルスをバイブレーションで防ぐなんて言ってるんですか。
    バイブレーションで防げるなら、これからやってくるスギ花粉もバイブレーションで防ぎたいわと、花粉アレルギー持ちは思ってしまいます。

    確かに「病は気から」という言葉は昔からありますし、笑って免疫力を上げるのがいいという話もありますが、それはあくまで対策の一部であって、手洗い、睡眠をしっかり取る、栄養バランスのよい食事をするなどの地道な対策を取ったうえでの話だと思います。
    ここでも竹久さんがいつも仰っている「地道にやることをやる」が大事だと思います。
    スピ系の人は「地道にやることをやる」をすっ飛ばすからおかしな方向へ行くんでしょうね。

    • おはようございます。
      ほんと仰る通りですよね。
      花粉もバイブレーションの問題なのでしょうかね(笑)
      気の持ちようで体調の変化はもちろんあるとは思いますが、それは一部でそれが全てじゃないですよね。
      反ワクチン思考の人もこういう思考性なのだろうなとふと思います。

      私たちは地道に自分でできる対策をして、微力ながら国家がいつも通りの状態を維持できるように努力していきましょう。

  • 偽者が多いから全ての者を偽者と断定することはやむを得ないこと。しかし、少数であっても本物がいる。これも真実。誰が何を信じようが構わないあ。こちらのブロガーさんの見解が全て正しいとは言えない。私は、10次元の龍神大神様の波動エネルギー、11次元の惑星意識エネルギー、宇宙神の波動エネルギーを降ろすことができる。私の守護神から新型コロナウィルスに感染しないと明言された。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください