【元首相5人が馬鹿】一体どういう国なんだよ( ;∀;)

既にニュースとして取り上げるには遅すぎる感のある話なんだけど、ふとした瞬間に何度も「これについては言及したい!」という思いがどうしても溢れてくるので、

ちょっと遅れたネタなんだけど、話題にします。

 

元首相たちがデマを流す国…日本。

ちょっと前のニュースなんだけど、これ↓びっくりしましたね。

EUに元首相5人が連名で書簡を送った話。

しかも書簡には、東京電力福島第1原発事故の影響で「多くの子どもたちが甲状腺がんに苦しみ」との表現があったとのこと。

もちろんデマです。

 

それを元首相が張り切って言いきっちゃうなんて……悲しいとかのレベルの話じゃないよね。

 

だって、日本のNO.1の代表であった元首相たちが徒党を組んで、デマでディスカウントジャパンしちゃうって……ほんと、眩暈がするレベルの話だよね。

 

だけど…これが結局、戦後日本の基本フォーマットなんだよなって思わされる。

だって日本の国際問題の大概は、今回のように「代表」とされる人たちのデマに始まり、

そしてそのデマを海外の権威ある場所に彼らが告げ口し、

その挙句海外からデマであるはずのことを事実として指摘され、

その結果、なぜか日本はそのデマに従わされ、

いずれそのデマが事実になっていく。

これの繰り返しばっかり。

 

考えてみれば、慰安婦問題も南京大虐殺も、それから韓国が「徴用工」と言い張ってる問題も、同じような構図でしょ?

 

だから、同じフォーマットだなと。

 

とはいえ、これで良いって思ってるわけじゃもちろんないし、めちゃくそ腹が立つ大問題だと思ってるけど、こういう現実も認識しなきゃいけないなと思ってる、それだけ。

 

ただ、この書簡を送りつけた事実に腹は立つものの、

その後の展開は「日本国民が成長している証」だとも思ってるので、少し勇気をもらってます。

 

書簡送付直後の国民大激怒は、進化の証です。

日本のTOPたち(元首相たち)が徒党を組んで、EUに書簡を送ったことは当然ながら許せないんだけど、送った直後からの日本の対応は、今までとは全然違いますね。

だってみんな怒ってる。

政府は早々に批判を始め、

 

与野党ともに、非難決議の動きを見せている。

 

さらに行政側の官僚たちも腹を立てていることがありありと見て取れる。

 

さすがにこの状況では、ド左翼メディアであっても彼らの擁護はしにくいよう(笑)

 

もちろん大概のメディアは彼らのことを批判的に扱ってる。

 

とはいえ、元首相側も反発してるけど(笑)、国民の理解を得られることは難しそうだ。

 

と、

ここまでの日本の動きを要約すると、彼ら(元首相5人の権威)は今回のことで完全に終わりを告げることになると予測できる。

良い流れだね。

 

ただ、こういう風になれたのは、絶対的に国民の政治に対する理解力が高まったからだと思う。

そこを忘れちゃいけない!

 

政治は国民の集合意識です!

国民が地道にプロパガンダとか影響力工作、反日活動家たちの行動パターンを勉強し、理解するようになったからこそ、みんなすぐに反発するようになったんだと思う。

またその風があるからこそ、政治がまともな行動を自信をもってしてくれるようになってるのだと思う。

 

随分前に「政治は国民の集合意識」と書いたことあるんだけど、

【物足りなくて当り前】国会は集合意識の現われだから

2019年3月15日

今回の出来事は本当にそれを裏付けている出来事だと思う。

 

結局政治を良くするためには、政治家を良くするのではなく、私たちそれぞれが地道に政治を理解し、国際社会を理解していくしかないんだよね。

面倒くさいけど、それが民主主義。

でも、民主主義の時代に生きてるからこそ、与えられた義務と権利をそれぞれ果たしていこう。

そうすることが、今回のように良き変化を目撃することになることに繋がると思うから。

お互い地道に励んでいきましょう。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

6 件のコメント

  • 文字通りの老害ですよね~涙
    本当に国のことを思ってるなら
    ひっそりと余生を送ってくれよと思います。

    • こんにちは。
      国より自分の利権なのか、それとも本気の馬鹿か(鳩山はこれ)どっちか分かりませんが、ほんと静かに余生を送ってほしいと切に願いますね。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 左翼の行動パターンが見えてきました。
    国連などの国際機関に訴える→国際機関が日本に問題があると認識し日本政府に注意勧告する→それを盾に国内でも大声で騒ぎし、さも大問題のように印象操作する

    今回は幸いこのパターンが通用しなくて良かったです。
    福島の方々と日本政府の安全性啓発の努力の賜物かと。台湾で福島産の輸入解禁のニュースも記憶に新しいですね。
    日本人もだんだんとフェイク情報に騙されなくなっていると思います。

    • こんにちは。
      国民の多くがこの方程式を覚えてきた証でしょうね。
      また世論がそこに気が付いているからこそ、政治家も強く立ち入ることができるだけでなく、メディア誘導も無残な結果に終わらせることができます。

      私たちそれぞれは微力ですが、世論の形成には欠かせない一人であることを自覚して、学び実践していきたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • なんというか、一体何がどうして日本はこんなにシステムがダメなんだろうかと思っていたのですが(それでも海外から見るといい部分もあるようですけども)
    首相のせいだったのかぁ…と。

    そもそも自虐史観な教育してたのも自民党ですしね
    それでも他よりはマシだからしかたない、他よりはマシだと思ってきましたが
    現実はこれかと、突きつけられたような寂しさがありますね。

    そもそもとして声を上げることが悪、みたいな抑圧感がインターネットが出る前や、ネット黎明期にもありましたけど
    良くも悪くも個々の声が出せるようになったことで、その抑圧を悪とする風潮が強くなって今ここな感じがします。
    福島原発だってこのままではやばいと声をあげてた人はいたのに、抑圧されて結果あれですし。

    国民の意識の高まりはネットのおかげだなぁと、本当に時代のありがたみを感じますね。マスコミが無力化している現れとも言えるのでしょうか。
    なんにしろインフレの変化ありがとう!!

    • こんにちは。
      日本は戦後変な洗脳が蔓延していますが、根本的なシステムは他国と比べて極めて優れていますよ。
      また、首相を選ぶのも、始まりは国会議員を選ぶ国民の意志が始まりです。
      ですから、変な首相を選んだのも、自分たちの責任だと認識し、反省し今を生き、未来を作っていきたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください