【実は虚言癖?】深田萌絵さんの半導体知識に対する疑問

昨日から突如湧き上がった深田萌絵さんへの疑問は…只今怒濤の如く沸騰中でして、しばらく治まりそうにもありません。

訂正有【追跡結果】深田さんはアメリカに行ってないと思う。

2021年4月12日

追記有【疑問】深田萌絵さんって今、本当にアメリカにいるの?

2021年4月11日

自分で組み立てしている人だったら、あり得ないミスなんですが……。

昨日の記事で、私が疑うに至った理由の一つに宇佐美さんのTweetがあるというお話しをしました。

ではなぜ、このTweetから私が深田さんを疑うようになったかというと……深田さんは数年前に半導体を自作しているようなことをほのめかしてたからなんですね。

経営者というのは具体的なエンジニア知識がない場合もあるので、彼女自身が制作に携わっていないのなら、このような間違いはあるのかもしれませんが、私の記憶が確かなら自分で設計して作って、焼いてもらう部分だけ(量産)を外注しているというようなことを言っていたんです。

そして、経営者が技術者であった場合、このような基礎のミステイクは起こりえるはずもありませんから、この宇佐美さんの発言から、私は俄然深田さんの発言を疑うようになりました。

ただ、宇佐美さんの指摘が基礎の話ではない可能性もあったため、自分なりにここら辺のことについて調べてみたのですが、どうやらエンジニアだったら知ってて当然の話であることが見えてきました。

 

 

 

 

 

ただ、私の上記した話(自分で半導体を設計して作っている)がうろ覚えだったため、どの記事で見たのか、どの動画で聞いたのかが曖昧だったのですが…深田さんの言動に疑問を持った方が作ってくれたサイトで、やはり同じ趣旨のことを彼女が言っていたことが分かりました。

↓こちら↓

該当する箇所を抜き出します。

2019年

5月

深田萌絵ブログでRevatron株式会社の広報を開始
・「一人でVatroniの基板の開発管理やって基板とケースを組み立てて半田付けまで」
・「そろそろEMSで協力してくれる会社が現れることを希望」
・「今までやってなかったVatroniライセンス解禁」

やっぱり言ってました。

私この時に、1人で頑張ってて偉いなぁととても感心した記憶が残っていまして……というのも、私が若い頃に可愛がってくれたとある会社の社長が似たような話をしてくださったことがあったんです。

その社長は、昔全然勉強ができなくて、のんびりした落ちこぼれだったけれど、電気のことだけ夢中になれたそうなんです。また電気の中でもとにかく基板を作るのが楽しくて楽しくて仕方がなかったそうなんです。そしてその会社は、電気基板で大当たりして、そして一気に大きな会社になって、社長は1世代でびっくりするほどの大金持ちになったんです。その話が今も頭にしっかりと残っていたので……そのエピソードと深田さんの話が重なって聞こえてきて…だから覚えていたんですよね。

ですが……多分自分で基板を作っていたのも嘘なんでしょうね。

だって、自分で手を動かして手に入れた知識が本当にあったのなら、そんな基礎的ミスおかさないと思います。

私は半導体のことは分からないけれども、深田さんの言っていることを自分が専門としているマーケティングに当てはめたのなら、定性と定量の意味すら間違えて、しかも複合的に自分たちに都合良くマーケティングの理論をすり替えているのと同じじゃないのかなと。

具体的な例題を上げるのなら、八木さやの「自分ビジネスの神社マーケティング」みたいなノリと同じで、全方面から間違っているような話をまるで高尚なメソッドのように言ってるのと同じなのではないのかな…と。

【スピ系教祖さま】目覚めないために頑張ってるのでは?

2020年1月27日

だとしたら、ヤバいなというか……その可能性の方が実は滅茶苦茶高いんじゃないかと私は今思ってます。

 

ということで、ここまで振り返ってみると、実は私も含めて多くの保守界隈の人が彼女の壮大な嘘に巻き込まれている可能性の方が俄然高いのではないかと、私は思う訳です。

では、どうして彼女がそんな嘘をつくのか、ということですが、そこを話し始めると長くなるので、別の記事で書きますね。

 

とりあえずこの記事ではここまで。

 

追記

最終的なまとめ記事です。

【残る疑問】深田萌絵はなぜ頻繁にアメリカに行っているのか?

2021年4月18日

ぜひご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください