追記有【疑問】深田萌絵さんって今、本当にアメリカにいるの?

私の中に蔓延る疑問です。ご存知の方がいたら教えてください。

 

深田萌絵さんのことを知らない方へ

行く先々トラブルだらけに満ち溢れる深田萌絵さんというITアナリストさんがいまして……今日はその方に対する私の疑問をつらつら話していきます。

深田さんの事を知らない人もいるかと思いますが、どうぞご了承ください。

知らない方はまずはWikiをご確認ください。

 

この記事は、私の中に沸いてしまった彼女に対する疑念をできるだけスッキリさせたいためだけの内容なので、お許しください。

 

余命三年時事日記で、私は深田さんの存在を知りました。

私が彼女の存在を知ったのはかれこれ5年程前の、余命三年時事日記でした。

↓この記事↓

当時の保守言論というのは、在日の問題に沸きに沸いていた時期と言えるでしょう。そしてそんな時代の中で余命三年時事日記というのは、在日問題に一石を投じるサイトでありましたし、このサイトの助言によって在日及び韓国による工作の多くが世に知られることにもなりました。

↓本も出てます↓

そんなサイトで深田萌絵さんのことを扱っていたことが、私が深田萌絵さんを知ることになったきっかけです。(書籍では深田さんのことは触れないのでお間違えないように)

ただ、当時興味を持って深田萌絵さんのサイトを見てみても、私は深田さんに興味は持てませんでした。

というのも、深田さんのサイトで書かれていることは「深田さんの身に起こったことを小説で語る」というものだったのですが(今のビジネススタイルとそんなに変わらないかも…)、ただその内容が私にはどうしてもピンとこず…「話盛ってませんか?」と思えることばかりが書き連ねてあるように私には見えたからです。それからIT系という割にはサイトの構築があまりに粗雑だなという印象を持ったというのもあって、積極的な興味はどうしても芽生えませんでした。

 

ただ…それから数年経ってファーウェイ問題が浮上してから、私の彼女に対する認識は一転します。

【今だから分かる!】深田萌絵さんにあの時何が起こってたのか!

2019年1月27日

なぜなら、彼女は世の中が騒ぎ出すずっと前からファーウェイのことを問題視していたからです。また中国から狙われているとも当時から言っていたのですが……、それが2019年に入って、突如リンクすることが立て続けに起こったのです。

ですから、それまで彼女に対して懐疑的だった私も、この頃から彼女に対する見る目が変わりました。

 

しかしながら……ここに来てまたもや、私は彼女に対して懐疑的な目を向け始めています。

 

渡米したことになってるけど…気になります。

ということで本題です。

私が彼女に対して今一番気になるのは、本当に渡米しているのか?ということ。

深田さんは今月の始めに…TSMCのことをアメリカの司法省に告発するために渡米するとのことで、こんな動画を上げていました。

 

その後、ひと悶着ありながらも、どうやらアメリカには到着できたようなのですが……私はこの動画を見ておや?っと思ったんですね。

 

これって、ホテル?自宅?どっち?って。

 

動画をちゃんと見れば、今深田さんがアメリカにいるのか自宅にいるのか分かると思うのだけど、実は私……深田さんの声としゃべり方が絶妙に苦手でして( ;∀;)

5分と話を聞いてられないんですね( ;∀;)

どうしてなのか分からないけれども、大概の所途中で頭が痛くなってフェイドアウトしちゃうんですよ( ;∀;)

だから、動画で状況は確認できていないのだけれども、Twitter検索で情報を見ている限りとりあえず渡米しているようなんですよ。

 

だから、設定としては今アメリカにいることになっていると思うのですが……撮影している背景と椅子が自宅の時と一緒っておかしくないですか?

↓同じ背景と椅子と思える自宅撮影の動画(2021/1撮影)↓

 

比較してみましょう。

アメリカと思われる動画(4/5~現在)

 

2021/1に自宅で撮影された動画

私の認識が間違いで、深田さんが渡米できずに東京にいるのなら、ただの私の勘違いで済む話なんですが…どうも深田さんの設定では今もアメリカにいるようなんですよね。

 

それから、私が久しぶりに深田さんの動画をちゃんと見たのはくまさんの動画がきっかけなのですが…

 

その時も今も深田さんは台湾半導体メーカーのTMSCのことを話題にしておりまして…そしてTMSCが深田一族の工場を燃やしたのではないかという推論を披露されてたんですが……

 

深田さん自身は調べればすぐに分かると仰ってますが、調べても全然分かりません(*_*;

 

唯一見つかったのが段ボール工場の火災だったんですが…火災ってこれのことなんですかね。

 

しかもITとは全く関係なさそうだし、深田さんとも関係あるんだろうか。

 

それとも親族ってルネサス?さすがにそれはないよね?

ルネサスが親族だったのなら、そもそも発信内容にいろいろと齟齬があるもの。

ということで、本人の発信によって更なる疑問が私には沸いてしまいました。

 

さらに言えば、私が丁度疑問に思っているタイミングで宇佐美さんのTweetに出会ってしまったのも大きいと思います。

 

そこからもう少し半導体のこと自分なりに調べようと思って、調べ始めた途端深田さん情報で得ていた世界観とは全く違う世界が見えてきたのも大きかなと思ってます。

ということで、最近の私は深田萌絵さんを疑っています。

話が多岐に渡ってしまいましたが、まずはアメリカにいるのかいないのかについて、知っている方教えてください。

アメリカにいる設定になっているのだとすれば、私の見解では即時アウトだと思っています。

それでは深田さんに興味ある方、お教え願います!宜しくお願い致します。

 

追記1

深田さんを解析しているチーム(深田さんからみたらアンチと呼ばれる集団)では、アメリカに行っている説が濃厚とういお話しを頂きました。

【訂正】深田萌絵さんはアメリカにいるのが事実のようです。

2021年4月14日

 

追記2

最終的なまとめ記事です。

【残る疑問】深田萌絵はなぜ頻繁にアメリカに行っているのか?

2021年4月18日

ぜひご確認ください。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

16 件のコメント

  • 竹久様

    こんにちは!

    疑問点に関しては小生も同じ疑問は感じています。
    深田氏のツイッターでは時差ボケや、YouTube録音でハウリング?解消方法誰か知らない?など
    言っているのでアメリカに居ると思われます。
    (居場所わからなくしているかもですが)

    今年初めごろ彼女がF氏を東京地検に告発及び法務省に上申書出しています。
    (書類あります 背乗りです)
    警察で事情聴取された件(刑事名出してます)など見ていると、嘘を言っているとは思えません。

    かつて日本はチップ製造など最先端技術ありましたが、現状ではご承知のとおりです。
    この現状憂えており、日本の将来考えている人と思います。

    車用チップが世界的に不足なのに何故かファーウェイだけは論外で、日本市場でも占有率上がっていたり、
    アメリカでも軍関連に使用されていたりと摩訶不思議
    (トランプさんが規制したのに)
    アメリカのF35戦闘機に搭載のチップと同じようなバグ?が中国軍戦闘機でも起こっているなど、
    走査はこれからかな?思います。

    宇佐美氏ですが、個人的には維新の匂い感じます
    過去に年収150万で暮らせると言っていたりありましたし

    以上あくまでも和多志自身の見解です。
    ご参考されてください

    いつもありがとうございます

    以上よろしくお願いいたします

    • こんにちは。
      深田さんが仰る背乗りの件ですが、話題になった当初から数日前まで私も結構な具合で彼女の発信を信じていました。
      ただ、以前より幾つかおかしいなと思っていた矛盾点が宇佐美さんなどの半導体に精髄している人のお話から、確信に変わった感が私にはあります。
      その点話すと長くなるので、別記事で取り上げますね。

      彼女が問題視する部分は、保守的ポピュリズム論において迎合しやすい内容が多いと思いますが、その分野の人たちが指摘するとおり「的を得ていない」というのが正しい判断のように今の私は思います。

      ちなみに年収150万でも暮らせるのは事実だと思いますし、宇佐美さんの「逃げられない世代」を読んだ時も似たようなことが書いてあった覚えがあるのですが、その言い分はかなり的を得ていたと私は記憶しています。

      それから彼女は何にでも維新に結びつける傾向があるのは、背乗りバトルで橋下さんといろいろあってからのことで、全てをそこに帰結させるのはおかしいかなと思います。(もちろん維新にも問題はありますが)

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • ゆりさん、情報ありがとうございます。
    私もゆりさんの記事を読むまでは、深田さんが言われることを結構信じていましたので、少し驚きました。(最近の有料メルマガはあまり読んでいなかったので、現状を把握していませんでしたが・・)
    ただ、ずっと以前に、本筋とは関係ないので重要視していませんでしたが、「裁判所で、書記官(裁判所職員)が、自分が後ろを向いた途端に中国語で会話をしていた」というようなことを言っていて、中国人の、あるいは中国語が話せる書記官ってそんなにいるのかなあ、書記官が事件関係者を嵌めようとすることってあるのかなあ、などと少し疑問に思っていました。(もし本当だったとしたらこれもまた衝撃ですが・・)
    続報、お待ちしています。

    • おはようございます。
      そうそう仰る通り所々「あれ?」って疑問に思うことがあるんですよ。
      でも一次情報として信じていると、レアケースとしてあるのかも知れないなぁなんて思ったりしていたのですが、それにしても多いなと。
      ただこの一次情報が入口として全部嘘だったとするのなら、話は別ですよね。
      彼女の話が一次情報だったからこそ、Willを初めとして様々な保守メディアが信用したわけですし、保守系の人の信用も勝ち取ったわけですが…今回のアメリカ関連のお話しの矛盾点から察するに、この一次情報が鬼クソデタラメの可能性が浮上してきて、デタラメとしてみた場合、とんでもないストーリーに付き合わされていることが露呈してきました。
      私も同じようにあれ?と思った部分について後で記事にします。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • ゆりさん、続報ありがとうございます。
        昨日は、「少し驚いた」と書きましたが、「少し」どころではなく、じわじわと「かなり」「非常に」になっています。そして、「驚いた」に止まらず、虚言なら見破ることができるという自惚れや傲慢な心が自分にあったことに改めて気づき、かなりのダメージを受けています。反省、というものでは括れないほどです・・
        ご指摘のとおり、嘘が壮大すぎて、まさか(日本人が)ここまで嘘をつくとは想像できなかった、というのもありますし、元々深田さんを知ったのが、ツイッターでの橋下さんとのいざこざだったので、橋下さんの方が加害者という思い込みもありました(橋下さん、すみません・・)。
        最初の時点から、自分が知るよりも何年も前からの紛争がきっかけであることに気づき、ちゃんと経緯や相手の言い分も見てから、判断しなければならなかった、と反省してます・・
        ゆりさんの記事がなければいつまでも気づかなかったでしょうから、今回の一連の記事を挙げていただいたこと、感謝します。
        ・・しかしそれにしても、こういうことが露呈されていく時代なのでしょうね・・ダメージを受けたなどと言っている場合ではなく、これからどんな大きな嘘が露呈されても受け止める覚悟が必要なのだと改めて感じています。
        ありがとうございました。

        • おはようございます。
          深田さんの存在に気がつく時って、なんらかのトラブルがきっかけの人ばかりじゃないのかなと思います。
          それゆえ、存在に気が付いた段階からまずは目の前で起きている問題を把握し直そうということになると思うのですが、深田さんの身の回りに起きているトラブルって、深田さんの一次情報でしか確認できない事柄が多く、だから深田さんの話に耳を傾けざるを得ず、そのうちにその世界観に嵌まってしまうことが往々にして起きてしまうのではないかと思います。
          ですから、しゃーないって割り切った方が良いと思いますよ。保守言論界でそれなりの信頼を得るに値する経歴もいつのまにか持ち合せていましたし、ですからそんなに落ち込む必要もないと思います。
          また真実に辿り着く為には、性善説である必要があるのですが、性善説であれば騙されるリスクは当然高まります。ですから、騙されることはある種当然くらいの割り切りを持って対応した方が良いと思いますし、最初からそういう気持ちを持って事に当たっていれば、ダメージを受けても心の回復は早いと思います。
          また、なぜ騙されたのかということを冷静に分析できれば、騙す側のパターンの習得にもなります。

          ちなみに……今回のことで私は深田さんが小池百合子とそっくりだなと気が付きました。
          深田さんは女性1人で孤軍奮闘しながら強敵に立ち向うという構図を作って多くの支持を得ましたが、これって小池百合子と同じですね。
          また藤井さんの最終通達のコメント欄を読むと、男に近づき男の力で持ち上げてもらうタイプであることも分かります。これも小池百合子と同じですね。
          http://fujikazublog.blog.fc2.com/?m2=res&no=12&sp=1&page=1
          それから、そもそも家が貧乏で金持ちに憧れ、そしてそれが成り上がりの出発点になっていることも小池百合子と同じ。
          また無理して入った大学で勉強についていけず周囲の協力でなんとか卒業できたのも小池百合子と同じ。
          それから、情報の感度が高くポピュリズムに長けているのも小池百合子と同じ。
          調べてみると、かなりの精度で小池百合子と同質の性格をお持ちである事が読み取れますから、規格外のサイコパスである可能性が極めて高いと今私は思っています。

          まぁ、気を取り直していきましょう。
          それではこれからも宜しくお願い致します。

          • ゆりさん、再々ありがとうございます。
            なるほど、小池さんと共通する部分がそんなにあるのですね・・
            真実に辿り着くためには、性善説である必要がある、というのも納得です。
            仕事柄ある程度性悪説にならざるを得ないところがある分、他のところでは逆に油断して信じすぎていたかも、とも反省していたところです。が、逆に、これからは仕事でも同じく、性善説でいてよいかもしれませんね・・諸々、分析・考察してみます。
            いつも貴重なヒントをいただき、ありがとうございます!
            今後とも宜しくお願いいたします。

          • こんにちは。
            小池さんに似ていると気が付いたのは、私も昨日のことで、疑問を持つまでは気にもしていなかったですよ。
            小池さんも最近までサイコパスだとほとんどの国民が気がついてなかったですし、今も気が付いていない人のが多いと思います。
            一つずつ学習してパターンを読めるようになっていきたいなと思ってます。

            それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久様

    こんにちは

    早速の返信ありがとうございます。
    なるほどです。
    自身が偏向気味ですね

    知り合いが先日火災となったルネサスで働いていた事もあって、これからの展開注視していきたいと
    思います。

    以上よろしくお願いいたします

    • とんでもないです。聞き入れてくださりありがとうございます。
      コウさんに一つお聞きしたいのですが、先日深田さんが言っていた親族の火災ってどこのことだと思いますか?
      分かる範囲で教えて頂けたら幸いです。
      それでは、何卒宜しく願い致します。

  • 竹久様

    こんにちは

    小生はこちらにも記載ありますが「美鈴紙業」だと思います。
    震災時の物資対応の為の生産品変更をした。
    面積、人的被害が無い、部外者での火災
    (初期消火できたのでは?)
    などからの推察ですが

    以上よろしくお願いいたします

    • 教えてくださりありがとうございます。
      私はあの動画を聞いて、一族も半導体関連の仕事をしているのかなとふと思っていたため、段ボール工場だと知って「あれ?」と思いました。
      一方で彼女の昔からの話を紐解いていくと、製造関係の仕事って深田さん以外に誰もしていない印象も持ってます。(話を聞いた私の印象であって、事実かどうかの整合性は分かりません)
      それからこの会社と深田さんの関係もよく分からないですね。
      本当は全く関係ない可能性があるというか、その可能性の方が高いのではないかと今の私は思っています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久様

    こんにちは

    火が付いた竹久様の今後楽しみです(笑)

    冗談さておき、深田さん応援している人々も多々おるようですので、彼女にも
    きちんと説明してほしいですね
    小生も最新の書籍頼んでますし

    何か新しい情報あればご連絡致します

    以上よろしくお願いいたします

    • こんにちは。
      今さらながら過去に遡って検証してみた結果、深田さんって小池百合子の性格とかなり似ているように思いますので、自身において不都合になる話は一切することないと思いますよ。
      彼女の発信は、「一次情報」と呼ぶべきものが非常に多く、それゆえその一次情報を信じた段階で彼女の作った空間から抜けにくくなりますが、その一次情報が全て虚像であるという割り切りを持って見直すと、どうもおかしいのは彼女のように思います。

      背乗りの件も、彼女の一次情報が全て間違っているとうい前提に立って見直すと、埃だらけの主張であったことも見えてきました。
      https://www.jijitsu.net/entry/fukadamoe-fujiikazuyoshi-osamu-zanryuukoji

      ちなみに深田さん今度は成田で逮捕されたんですってね。
      嘘つきは、嘘がばれそうになればなるほど大きな嘘をつく習性があります。
      深田さんが嘘つきかどうかの確定はまだできませんが、嘘つきであるという前提に立ってみた時に、ここ数週間の流れはそれに沿っているように思います。
      水面下で実は大きなばれたくないトラブル抱えている可能性がありそうですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久さん こんばんは。
    深田さんの動画は時々見ることがあります。深田さんの動画で知ったことは、半導体産業は台湾の財閥が牛耳っているということでした。後は半導体にお金をかけてこなかった政府の批判とか…..の動画が目につきました。コメント欄をみると深田さんを応援し政府批判が多いですね。
    こちらの記事に紹介(貼り付け?)されている深田さんの「空港で足止め 某国から通報されたよ」のタイトル動画に自民党の佐藤正久議員から勉強会の講師に出てほしい。と依頼されアンチが多いからやめておいた方がいいですよ。と言ったが日程を決められフライトチケット(航空チケット)をキャンセルした。しかし二日前にドタキャンされた。と動画で話されています。実際アメリカにいるのであれば、再度チケット購入したことになりますね~。(改めてチケット購入したなどとはいっていませんが。)
    そして動画の背景が同じ、マイクも同じ(これはアリかな)はどうしてなんでしょう??
    竹久さんの記事がきっかけで私も鵜呑みにはできないな…と思いました。

    追伸 深田萌絵さんって本名ではないんですね~。勝手に(本名と)決めつけてましたので驚きました。

    • おはようございます。
      私も深田さんの話はたまに見る程度で深掘りしてなかったんですよね。
      ただコメントにもありました通り深田さんがいつも「私は本当の事を言ってるからアンチが多い」的な事を言ってるのは耳に残っています。ですから、今回敢えてアンチを探ってみたのですが、アンチが少ない上にアンチの方がまともだという事が分かりました。

      それから佐藤議員の件ですが、下記の時系列報告によると、講演がリスケになったのは2020年9月の話だと思います。
      https://niaohui.blogspot.com/2021/01/fukadamoe-jasonho-timeline.html
      その事実を盛りに持っての発信だったんだろうなと思ってます。
      私は深田さんより佐藤議員の方が信頼をおけると思っていたので、そこまでコテンパンに言っていることにも違和感を覚え、きちんと調べ直そうと思ったのですが、調べれば調べる程深田さんの嘘の闇は深いです。

      ということで今日も深田祭りな感じになると思いますが、宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください