【アフターコロナ】始まるのは東洋の時代ではありません。

武漢ウイルス騒動が終結した後、「東洋の時代が始まる」と韓国人が小躍りしているそうですが、そんなの始まりませんよ。

 

アフターコロナは、東洋の時代?!

朝鮮半島情勢に詳しい鈴置高史さんの分析によると、現在韓国では「これから東洋の時代」=「韓国が西洋の上に立つ時代」という情報が蔓延しており、それを鵜呑みにした韓国人が小躍りしているそうです。

↓鈴置高史さんの記事↓

また「これからは東洋の時代」というプロパガンダは、中国発信による側面が強く現れているようです。

振り返って見ると、確かに「これからは東洋の時代」ということが、スピリチュアルな世界でも広く言われていたように思いますが……これからの時代は西洋とか東洋で区別できるものではないと私は考えています。

常々お伝えしてますが、今起きていることはピラミッド型社会が循環型社会に回帰するという△から○への変容だと思うので、東洋とか西洋とかという枠組みでは捉えられないはずだと考えるからです。

ただ、東洋と西洋と比べてみた時に、東洋の方が循環型社会が残されている側面が強いと言え、だから「東洋寄り」っぽく感じる社会になるかもしれませんが、東洋だからといって、全ての国が循環型を維持している訳ではありません。

特に、韓国は儒教イズムと韓国の土着思想が融合し、上下で人を区別する思想が息づく国です。彼等が憎んで仕方が無い日帝35年の時間以外で循環型で社会が運営されたことなどそもそもないと思われます。

そんな彼等がここから循環型社会を築けるはずもないと私は思います。

しかも、昨日行われた総選挙で北朝鮮シンパである左派の議席が過半数を超えましたから、余計に循環型社会の構築からは遠のいたと言えるでしょう。

【武漢ウイルスの裏で】共産化と国家崩壊が進む韓国

2020年4月11日

ですから、韓国に有利な時代など来るはずもないのです。

 

共産主義は、究極のピラミッド型社会

またこれからの社会で、スタンダードから外れるのは韓国ばかりではありません。共産主義で運営されている中国や北朝鮮も省かれることになるでしょう。

なぜなら、一党独裁型の社会を作り上げる共産主義が、世界で最も厳しいピラミッド型社会を形成しており、循環型社会とは合い寄れない社会体制だからです。

【今こそきちんと知ろう】ウィグル人大虐殺の実態

2018年9月24日

3-6.共産主義が巻き起こす悲惨な現実

2019年4月18日

そして、今回の武漢ウイルス騒動が収まった後、世界からまずデカップリングされるのは中国共産党であることは言わずもがなであり、また中国共産党と近しい間柄である国家や「同じ思想であると見られる国家」は同様の措置がされることでしょう。

また韓国は経済上中国と近い上に、思想上も歴史上も中国と似ています。

ですから、中国と一緒にデカップリングされるでしょうね。

デカップリングされた世界(世界標準からは切り離された世界)の中では、中国と半島がTOPとなり、その世界の中では「東洋の時代」が始まるかもしれませんが、それはもはやパラレルワールドです。

そして、このことを理解する間もないまま、韓国は切り離されていくのだなと思ってますが……日本にとっては悲願達成ですね。

日韓併合(1910年)から始まってしまった半島との関係がようやく解消される時期と言え、福沢諭吉が伝えた「脱亜論」に沿って生き直す時代が来たと言えます。

また私たちこそ、中韓と左翼思想(共産主義)に支配された苦しみを知る体験者ですから、後世に向けて「大陸と半島は同じアジアであっても付き合うべきではない」と、また「国内に潜む共産主義者(リベラリスト)によって如何に国民が疲弊し苦しむのか」を伝え続けることが必要だと思ってます。

【学ぼう】福沢諭吉が危惧した朝鮮メンタル⑤

2018年3月24日

私たちと同じような苦しみを子孫に与えないために、しっかりと打破し、本来在るべき日本の環境を整えたいですね。

 

本を販売してます。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

4 件のコメント

  • こんにちは。毎日記事を更新してくださりありがとうございます。
    韓国の選挙結果を見た日本人の多くが笑顔でバイバ〜イと手を振ったのではないかと想像します。
    もう他の施し用がない状態になりましたし、これからどうなっていくか見ものです。
    中韓のことで昨日の虎ノ門ニュースの崇神天皇のお話を思い出しました。疫病が流行し民の大半が死んだ時、崇神天皇は自分たちのまつりごとに何か間違いはなかったかと考えたそうです。こんな発想は日本人にしかできないだろうなと思いました。中韓の上層部の方々は自分だけは助かろうという発想しかないでしょうから…。こんなにも根本的に違う国同士がうまくやれるわけがなかったんですよね。でも今の日本政府もちょっと怪しい気がして残念な気持ちになってしまいました。
    ところで武漢肺炎終息後の世界について書いているブログにこのような文がありました。
    『新型コロナウイルスを仕掛けた組織の目的は現在の経済を崩壊させ新しい世界システムを構築させる事。そこにはワクチンやマイクロチップ、AIや仮想通貨、ベーシックインカム・5Gなどで、人々を完全に管理する計画が組み込まれている』
    これだと竹久さんが仰っている循環型社会とは違います。スピ系の人たちは波動と陰謀説を一緒に唱え(実際に農薬、添加物、種苗法などあります)、恐れるなと言いながら人の恐怖心を煽っていてすごい矛盾してるなぁと思うのですが、何がしたいのだろうと首を傾げます。

    • こんにちは!
      昨日の虎ノ門の特集は、すごく良かったですよね!
      やはり私たちがするべき事は「まずは反省」だと思います。
      昨日は政の中枢にいる人たちに向けて「反省を」と促されていたように思うのですが、国民も同様に「反省するべきだ」と私は思いました。
      そして「反省」があってこそ、前進もできると考えています。

      スピ系や陰謀論に嵌まる人たちというのはこの「反省」の二文字が、欠落していると私は考えています。
      だからこそ、どんどん明後日の方向に走って、さらなる洗脳をされてしまうのだろうと思ってます。
      今回流れている陰謀論の多くは、中共が作っているもののはずで、そして中共から目を逸らすためのものだということに気が付かないって可哀想だなと思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 初めてコメントさせていただきます。以前から竹久様のブログを拝読させていただいている者です。
    なぜコメントしたかというと最近のコロナ騒動においてhttps://tomaatlas.hateblo.jp/entry/2020/04/15/230413という記事を見まして竹久様はこの記事をどう受けとるのだろうと興味が湧いてぶしつけながら他サイトのリンクを貼らせていただきました。
    私もこの記事を全面的に信用している訳ではないですが、少なくとも記事の中では論理的に出来るだけ瑕疵がないように語られていて他の記事を読んでもモノゴトの本質から外れていることを商業目的で語っていないように感じられます。

    もし興味が湧いたならお目通しいただければ幸いです。

    • こんばんは!
      以前から読んでくださりありがとうございます。
      該当のブログ拝見しました。
      私、ダメな波動を出しているブログは開いた瞬間から吐き気を催すのですが……その吐き気がこちらのブログでも起きました。
      それでも斜め読みでなるべく情報を得ようと努力しましたが、間違いだらけの陰謀論信者としか思えなかったです。

      世の中のしくみが理解できていないと陰謀論にやられやすく、それは私も通ってきた道です。
      社会のしくみの基本を押さえると、論理的に見える彼の話が如何に誘導満載な上に辻褄が合わないか、分かってくると思います。
      お気をつけてください。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください