【言った通り】波動乖離したら、低波動は低波動しか攻撃できないって

波動という存在に気がついてはや8年、興味を持って探求し初めて7年、そして波動の道理を理解して5年。

この道理は本当だ!という思いを重ねて生き続けています♪

 

感情の交流は、波動の交流です。

波動という得たいの知れないものに興味を持つようになってしまったからというもの、私はどのように波動を人に伝えたらいいのだろうということばかりを考えてきました。

そして、興味を持ってから数年後、私は「波動と感情はかなり密接なものである」ということに確信を持ち合せるようになりました。

そして、自分の中で生まれた仮説があっているのかどうか、ことある度に検証をし続けたことによって、当初の仮説通り「波動と感情はかなり密接なものである」ということに益々確信を持つようになりました。

そして、その検証を未だにずっと続けていますが、波動の探求を深めることによって得た道理に裏切られたことは一度もありません。

↓細かいことはこの本に書いてます↓

裏切られないということは、真実どうのこうの以前の問題として、確実に存在する道理なのだろうと思っています。

それは、朝が来て夜が来るのと同じくらいに絶対に変更のできないことなのだろうと思います。つまりこの地球に生まれたのなら、この道理に基づいて生きる他がないということであって、特別でもなんでもなく、ごくごく当り前のことであり、それが分からないままに逆方向で生きているから、私たちは苦しみ抜かなきゃいけないことになっているだけだと思います。

人間は本来昼に活動する動物ですが、みんなで夜だけに生きることにしたら、物事は途端にスムーズに行かなくなります。木の実一つ手に入れるだけでも、昼間に行うのと夜に行うのでは、全然効率が違ってきます。夜に行動することは何かと不便で不合理ですが、もしもみんなが夜の世界に迷い込んでしまって昼間を忘れた世界に生きてたら、昼間に活動することを提唱することは、すごい画期的なことで、それに気がついた人はすごい天才みたいに思われることになるかもしれないですが、そもそも夜にみんなで生きていたことがおかしかっただけで、昼間に活動することに気がつくことは特別でもなんでもなくて、本来の人間の在るべき姿に戻っただけのことなんです。

真理やスピリチュアルに気がついた人たちは、やたら自分の気づきを大袈裟に言いたがりますが、所詮この程度のことなんですよ。私たちが気がついたことって。

【立ち向え!】生きることと苦みの必要性

新しくも何でもなくて、最初からそこにあってその道理で生きれば良いことを、道を踏み外し原点に戻れないほど遠くに行ってしまったから新鮮に映るだけであって、気がつけたことは良いことかもしれないけれど、気がついたことは特別でも何でも無くて、本来そうあるべきそもそもたいしたことでもなんでもないと、私は思います。

 

 

波動は高い所から低い所に流れるから

本題に入る前に、過去記事で改めて、波動の法則を復習しましょう。

波動の法則を使えば、怒りをぶつけ合うことなく、戦の必要もなく、低波動を自滅に追い込むことも可能です。

【朝鮮有事】波動的な注意点 より

スピリチュアルに没頭していると、

「みんな一緒」的なスローガンで、誰とでも仲良くしたがりますが、波動の見地で視ればそれこそ表よろしく裏がっかりな話です。

良い地球を作ろうと思うなら、

圧倒的な波動の高い状況や場所を確保して、その場所から高い波動の影響力を地道に気長に待つしかありません。

そして圧倒的に波動の高い場所などを作ろうとするのならば、汚れた波動はご法度です。

関わったのなら、高波動が汚されるので、目的を達成することはできません。

私がスピリチュアルに没頭している人には珍しく人を波動で区別したり、波動の低い人と関わりたがらないのは、このためです。

 

波動の持つエネルギーは、必ず高い人から低い人に波動が流れるため、低い人の輪の中に入ると、高い人は自分の本来の波動が発揮されにくくなります

図の説明記事↓

☆ざっくり説明☆波動のルール編【図解式】

 

こうした影響を受けないためには、とにかく相手との波動交流をしない環境を作ることが大事です。

自分自身に集中して、自分自身が波動上昇をしていくことによって、波動領域帯の変化が起こるので、自然と波動の低い人たちとの交流が減り、自分の波動に合う人たちとの交流が増えます。

こうして自身が波動上昇することによって、低い波動の人たちとの関りが物理的に減るような現象を私は「波動乖離(分離)」と呼んでいます。

 

マスコミは

「北朝鮮の国民に罪はない」的な言い方をしますでしょうが、波動的に見て絶対に共感してはダメです。

心を鬼にして、その言葉を跳ねつけてくださいね。

情が湧いたり、助けてあげたいなんていう慰みの心を持つと、波動同期が始まります。

北朝鮮の全ての人が罪人であるとは言いませんが、そういった人たちへの情は、北朝鮮への波動同期を行わせるきっかけになります。

だから、こういう環境で、北朝鮮の国民のことを思ったり、共感したりするのは絶対ダメです。

なぜなら、波動同期すると、問題が悪化するんです。

日本への悪影響が増えるんです。

北朝鮮人を保護したりするのは絶対嫌だ。絶対関わりたくない。くらいのピシャっと跳ね返す思いでいてください。

また、相手の脅しに怖がることも、波動共鳴を引き起こすので、やるならやってみやがれという強い気持ちを持つのも大事です。

 

波動が乖離して、波動ゾーンが離れると、ブーメランの法則が炸裂する。

どうしてこういう冷たさが必要なのかと言うと、

しっかりと波動乖離すると、相手の波動の影響をこちらは受けず、相手の出した波動は相手だけに戻される波動の法則が始まるからです。

図の説明記事↓

民進党ブーメラン と 波動の法則【図解式】

 

私が波動的見地で狙っているのは、これなんですね。

波動乖離をしっかりして、北朝鮮の波動が戻る場所は北朝鮮周辺にしかないという状況を作りたいんですね。

有事の際に、北朝鮮自身が自爆してくれることを願っております。

波動的に視れば、しっかり波動乖離さえすればそれは起きるんです。

結局、現象とは似た波動の場所にしか影響を与えられないんです。

北朝鮮が北朝鮮自身で自爆するか、似た波動を持ち合わせている韓国と中国、そしてロシアによる血みどろの戦いになるか、どちらかを狙っています。

 

波動乖離すれば、波動上昇した側が低い波動の影響を受けないことは、近年の日本社会の現象で明らかになってきていますから、この説に私は確信を持っています。

 

だから、今大事なのは

「怖がらずに、強気で」

「慰めの気持ちを持たず、自業自得の思いで跳ね返す」

ことだと思います。

 

ということで、かれこれ2年くらい前から、波動乖離の必要性を随所に訴えております。

また、丁度ほぼ同じ時期に地球自身が波動上昇してくれたこともあって、波動乖離はしやすくなりました。

【熟読希望】地球のルールが変わります。

【アセンションしたから】現在の地球の波動状況と対策

 

それからと言うもの、低波動の人たちの状況はズンドコベロンチョですよね。

ちなみに低波動の人の心癖はこんな感じです↓

特に日本の左翼、マスコミ、特亜の三カ国はガチで低波動だから、やるこそなすことズンドコベロンチョ。

っていうか、ようやくここから本題入ろうかなと思ったのですが、思いの他前段とういか……今まで書いた事の繰り返しなんだけれども(^^;)その説明が長くなったので、本題は次の記事に書きます。

すみません(^^;)

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

2 件のコメント

  • 復習になりました^ ^
    自分に集中してこれからも楽しく生きて行こうと思います。
    いつも更新楽しみにしていますのでこれからもよろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください