㊌霊界のこと知りたいなら、この一冊!

こんにちは!

水曜日は「いいね!イイネ!これ良いね!」という企画でお届けします。

この「いいね!イイネ!これ良いね!」では、私が使って良かったと思った商品や本、行ってみて良かったと思った場所などをお届けしていきます。

私のいいね!が皆さんのイイネ!に繋がるかは、未知数ですが、心底これは良いと思ったモノ、もっとみんなにしってほしいなと思うモノをお伝えしていきますね☆

 

見えない世界の本は沢山あるけれど……偽書多くない?

見えない世界のことは、見えないだけにいろいろと曖昧です。

ですから、見えない世界が見える分かると強気で仰る方の言葉の影響力にひっぱられがちなのですが、それがより深いこの世の混乱を作り出していると私は思ってます。

また、霊界関連の情報や書籍で、良書と呼ばれるものもなかなか見当たらない現状もこれに拍車をかけているように思います。

ですので、今日はいろいろ見えない世界の本を読み漁ってきた中で、「これは良書!」と心底思った本をご紹介させて頂こうと思います。

それはこれ↓小桜姫物語です。

私が読んだのはこちらの本ですが、今は中古品しか出回っておりません。

ただ、同じ原文のものはどうもゴマブックスから再販されているようでKindle(電子書籍)の読み放題に入れば無料で読めるようです。

↓これ↓

この本は、浅野 和三郎の奥さんである浅野多慶子夫人を通じて守護霊小桜姫が語った霊界のお話しです。

この本が書かれたのは昭和の初めのため、言葉遣いが現代とは違うため最初は読みにくさがあるとは思うのですが、読んでいくうちに慣れてくるようになります。また、その言葉遣いだからこそ味わえる文章のリズムが心地よくなっていくのではないのかなと思ってます。

そしてなにより多慶子夫人通じて、霊界とはどんな場所なのか、自分の分かる範囲で一生懸命教えてくれる小桜姫の人間味というか等身大染みた所が何より可愛らしく感じます。

霊界や神界など、見えない世界の事はかなり大袈裟に、ファンタジックに伝えてくる本が多いのですが、この本で描かれる霊界世界は、この世(現実界)で生き、その記憶を持ち合せた中で小桜姫が教えてくれるからこそ、ファンタジックであるようで、現実的な感覚を与えられます。

古事記でも高天原(天界)と、この世は違うことや、天界の思いがこの世にはなかなか伝わりにくい事などが書かれていますが、小桜姫が住まう霊界でも同様のジレンマがあるのだなという事が分かります。

また人霊が神と崇められる過程にあることや、その変化に戸惑う小桜姫の心情は、読み物としても素直に面白いなと思います。

見えない世界は見えないだけに、沢山の情報が溢れて、何が正しいか分からなくなりがちですが、昭和の初めに起きた不思議事件の原点を読むと、本質が見えやすくなるんじゃないかなと思っています。

ということで、今日のオススメは、小桜姫物語でした。

是非読んでみてね!

 

 

追記

小桜姫物語を読んだ後、どうしても小桜姫にお礼が言いたくなって、小桜姫神社に行ってきた事があります。

ちなみに、小桜姫神社の傍の海の景観は最高ですよ。

ぼーっとしてるだけで幸せな気持ちになれますよ。

興味が沸いたら是非神社にも足を運んでみてください。

 

更に追記

読者のうるとらまんさんが、「ネットで小桜姫の現代語訳が読めるよ」と教えてくださいました。

こちらです。

私は小桜姫物語の旧文体の味わいがとても好きなので、旧文体でも味わってほしいなと思いますが、現代文でも小桜姫の等身大の可愛らしさは充分発揮されているので、旧文体が苦手だなと思うかたは、こちらを読んでみてください♪

それでは☆

2 件のコメント

  • こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いています。
    こちらで以前ご紹介下さったので、
    どんな内容の本なのか調べてみました。
    小桜姫物語
    http://www.paperbirch.com/sakura/
    ヘレンケラー著「私の宗教」未来社も参考にしてみて下さい。
    感謝します、有難う御座います。

    • こんにちは!教えてくださりありがとうございます。
      現代語訳はネットで読むことができるんですね。
      旧文体が苦手な方はこちらの方がいいかもしれないですね。
      ただ、小桜姫の文体は、文体そのものにものすごく味わいがあるので、古い文体も是非読んでみてほしいです!!

      それからヘレンケラーの本教えてくださりありがとうございます。
      幼い頃一番最初に読んだ伝記がヘレンケラーで、物凄く自分の中に親近感があったのですが、最近いろいろ調べている時に「ヘレンケラーはバリバリの社会主義者」と知ってしまい、そこから遠ざけるようになってしまっていたので、良い機会を与えて頂けたことに感謝します。
      教えてくださった本でもう一度ヘレンケラーに触れ合ってみます!

      これからも宜しくお願い致します☆彡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください