【間違い】高波動になったら良いことしか起こらない?って。

いわゆる引き寄せの法則というものは、

「自分の周波数に合った現実を自ら引寄せている」

的な考え方が多いと思います。

超大ざっぱに言えば、それもあながち間違ってはいないのですが、根本論として間違っていると思います。

 

良い悪いで、過剰反応してしまうことが……。

二元論に慣れ親しんだ私たち、何かと物事を二分してしまう思考癖を持ち合せている中で物事を判断しています。

また現代的な思考は、不測事態や非常事態を嫌う傾向があり、とにもかくにも穏やかでトラブルのない人生を好みがちです。

そしてそれが更なるトラブルを生む契機に繋がっていることは、何度も書かせて頂いておりますし、アメブロで連載していた地球攻略ガイドBOOKでも触れさせてもらっています。

【ご注意】地球攻略ガイドBOOKを読んでくださった方へ、またこれからお読みになられる方へ

2018年2月8日

該当しそうな記事少し引用しますね。

 世の中に溢れる自己啓発関連の本は、「いかに自分の思い通りに物事が進むようにするか」に着眼点が集中しているように思います。

もちろん「引き寄せの法則」などは「宇宙真理」を反映した考え方であり、「自分の思いが現実になる」ことはある意味事実です。

ただし、「宇宙真理をマスターしたら、全てが思い通りになる」という思い込みは手放さなくてはなりません。

そもそも私たちは「思い通りにならない不完全さ」を楽しむためにこの世に生まれてきたのですから。

例えば、簡単すぎてすぐにクリアできてしまうテレビゲームがあったとして、それをあなたは面白いと思うでしょうか。

せっかく買ったロールプレイングゲームが私たちの想像の範疇を超えない内容だったとしたら、興奮できるでしょうか。

「これを作ったのは、どんなポンコツなゲームクリエイターなんだよ!金返せ!」ってなりませんか?

結局、何もかも自分の思い通りになってしまったら、本当は面白くないのです。

私たちは苦労しながら、分からないものが分かっていく過程を楽しんでいるのです。

ただ、私たちは本来思い通りにできる範囲すらも、「宇宙真理」を知らなかったがために、見当違いな方向へ歩みだしました。そして、息苦しさで狼狽えてしまっています。

そして、ようやく気がついた宇宙真理で全てを叶えてくれるような妄想を抱えてしまっています。

エゴの正常化を図り、波動を上昇させていくということは第三章でお伝えした「転機」が近々やってくるということです。

意図的にその方向に自ら向かっていくので、転機は本当に突然大きな形でやってきます。

それは決して幸福に感じるものばかりではありません。

多分「どうして私がこんな目にあうのだろう」というような内容の方が多いだろうと思います。

しかし、ここで「思い通りにしよう」と画策すると、波動上昇の波にのれないだけでなく、せっかく正常化しかけたエゴが元の形に戻ってしまいます。

どんなこともあるがままに受け止め、その転機の中で「エゴの正常化と波動上昇を試みる観点」で最善の策をとってください。

途中で逃げ出したくなるような気持ちにかられることもあると思います。でもどうか耐えてください。

我慢が必要なのは、この時です。
ここが私たちの選択したゲームの山場であり、一番の盛り上がりどころなのだということを客観的に見れるようになると、情動が収まった状態で自分の情景を眺めることができるようになります。

私たちはどこまでいっても、この世のゲームのプレイヤーです。

何でも思い通りにできるクリエイターになることはありません。

ですが、プレイヤーこそ一番楽しいと知っているから、こうして思い通りにならない状況を前提に生まれてきたのです。

私たちはドラクエよりも超超超超超超超リアルなロールプレイングゲームの住人なのです。

第六章 エゴを正常化させる前に ~エゴの正常化≠思い通りになる~ より

 

また私たちが持ち合せている「良い悪い」という判断基準の多くは、人間の道理にあって行われているのではなく、主に現代の常識に合わせて行われています。

その常識に合わせた良いことばかりを望めば、当り前に今の波動環境を維持することにも繋がるわけで、高波動になるはずもありません。

先ほどの引用記事でも触れたとおり、波動が転換する際には、自分にとって悲惨としか良いようがないことも起こります。

その悲惨という状況であっても、見方を変えて考え方を変えて、そして現実をありのままに受け容れて打破していく必要性があって、その過程を乗り越えていった先にようやく高波動の状況に入り込めるようになります。

つまり、今よりも高波動になるということは、今自分が持ち合せている良い悪いの判断を超越した感覚の中にあるということでもあります。

 

波動が良くなれば良いことしか起こらない?

「引き寄せの法則をマスターしたら、自分にとって良いことしか起こらない」とか「波動が高くなれば良いことしか起こらない」的な話は、スピ系メソッドあるあるなのですが、そういうことではないのです。

私の言葉で言えば、「波動が高くなればなるほど、動じなくなる」それだけです。

それは器が大きい人ほど、些細なことで動じないのと同じだなと思ってます。

器の大きいと周囲が感じる人は、荒波から逃げずにそれを超えて来た人だからこそ、何か起こっても動じないのだと思います。波動を高めるためにも同じような経験値が必要となります。

そして、その荒波を超える度に、それまで感じていた事がちっぽけに感じられるようになるため(自分の器の小ささがその問題に感情的になっていただけだと気がつくため)、世の中の常識の枠組みで言われている良い悪いを超越した感覚を宿すようになっていきます。

ですから、「良い事しか起こらなくなる」なんていう、自己都合良く捉え違えしたとしか思えないスピリチュアルメソッドには充分気をつけてほしいなと思ってます。

波動が高くなればなるほど、穏やかな気持ちで日常を過ごせるようになるその根本的理由は、「良い事しか起こらなくなる」のではなく、「悪いと感じなくなる」ただそれだけのことです。

どんなことも「あぁそうか」と、静かに受け止められる気持ちが確保できるようになるだけです。

それだけのことかと思うかもしれませんが、いちいち感情を荒げてしまっていた日常から一転して、静かな気持ちで多くのことを受け止められるようになると、日々の日常を一変させるほどのすごい変化を作り出します。

こんな些細な違いが、大きな日常の変化を生みだしますが……情報というのは気がつけばいつも、大きく間違って流布されてしまうものです。

どうか、その間違いに流されないように生活してほしいなと願っています。

 

新刊のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6 件のコメント

  • 「思い通りにならない不完全さ」を楽しむ...。竹久さんは本当に心が豊かですね。
    このブログを少しずつ読まさせていただいてますが、食べていくのがやっとな時期もあったとか。
    私なら自暴自棄になるところ、前向きに明るく行動されたのは、正直頭が下がります。
    それを必要な時間と受け入れる事ができるのは、「動じない心」を身につけたからできる事なのですね。
    今の世の中は、答えを安易に求め過ぎると感じています。私の職場の若い人もそうですが(定番です)、
    「どうすれば良いですか」と相談に来るのですが、具体的な方法を教えても実行しません。
    大切なのは、間違っても良いから失敗しても良いから、自分なりに答えを探すという事なのに。
    行動すれば、どう転んでも良い事しか起こらないのに、命を取られるわけでもないのに...
    でも、自分の若い時もそうだったのだから、愛情が湧くわけですけどね。
    これも必要な時間かもしれませんね。
    「動じない心」は本当の幸せを手に入れる宝物だと学ばせていただきました。
    毎回ありがとうございます。感謝しています。

    • こんにちは、いつも優しい言葉をありがとうございます。

      私が食うのに困ったのは、自業自得な側面が大きいですからね(*_*;……。それに自暴自棄気味だなと思う時期は振り返ればあったのですが……それでもまぁなんとかやってこれました。
      多分それはどうしても到達してみたい目標があったからだと思います。ちなみに自暴自棄に少しなってしまった時期は、目標を達成してしばらく経った後です。燃え尽き症候群みたいになってしまい、少し荒れました。
      ですから、そこからは目標達成しそうになるその前に、新しい目標を作るようにしています。

      心配性な人ほど事前相談をしたがりますが、事前相談する人はただ安心したいだけだから、結局前に進まないんですよね。
      ただ今時は会社とかで前進するための指導をするとパワハラと人によっては誤解する場合もあるから面倒臭いし、部下が失敗した時にリカバーしてくれる上司も少ないからいろいろと変な感じになってしまいますよね。
      いわゆる普通の日本に戻って、みんなが前進する喜びを感じられるようになったらいいなぁって思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 今は生きてきて一番大変な時期ですが
    それを楽しんでいる自分が
    ちょっと嬉しい!
    「ああ、これはこれでまだ自分が
    し残した経験なんだ」とか思ってます。

    • こんばんは!

      それはとても有意義な時間ですね。
      ちょっと大変な時期を前向きに捉えて生きた時間は、後から振り返った時に一番心に残る時間になります。
      どうか今を楽しんでください!
      でも、どうか無理はしないでくださいね。
      アドレナリン出ている時は、疲れていることに気がつきにくいですが、どうも疲れていると思ったら、休んで英気を養って、そしてまた日々を楽しみましょう。

      それではこれからも宜しくお願い致します☆

      • ありがとうございます。
        スピ系の方のお話は
        どこまで本当なのかわかりません
        「多分、本人しかわからないでしょう」
        息子に言わせると「ショートグレイと握手している写真を見せてくれたら本物と思う」だそうです。
        でもたけひささんのブログたまに見ては「なるほど」と新しいツールが増えます。

        • こちらこそ、読んでくださりありがとうございます。
          精神世界のことは仰る通り本人しか分からない世界です。
          でも同じ境地を体感すると、本人しか分からないはずの世界に共感や共鳴を感じるようになるんじゃないかなと思ってます。

          ちなみに私は一生ショートグレイには会わないと思いますwwwwwww

          それではこれからも宜しくお願い致します♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください