【いいね!】心屋さんが心屋を卒業する♪

遂に心屋さんが事業撤退を宣言されたそうです。

 

最近心屋記事がやたら読まれている理由はこれでしたか。

数日前から、やたら心屋さんの記事が読まれてて、何か起こってるんだろうなぁとは思ってたのですが…いろいろ用事があってそっちを楽しんでいたため、事情の詳細が分からないままで過ごしておりました。

そして、ようやく今日その理由が分かりました(^^;)

心屋さん辞めるんですね。

お疲れ様です。

何度目の宣言?って感じですが、とりあえず後2ヶ月でブログが無くなるのはありがたい話ですね。

でも、歌手部門で始めたアメブロオフィシャルは続けるそうで……結局続けるんかーいって感じですけど。

とにもかくにもスピ系からは足を洗うそうで、何よりです。

 

心屋さんは人として残念すぎでしたね。

ちなみに私は心屋さんが地下に潜る情報を、ちよちゃんのブログで知ったのですが、ちよちゃんのブログでは、「心屋さんが辞める」事実以上の「衝撃な事実」が書かれていました。

それは……

それは……

それは……

 

心屋さんが実は借金地獄だった件(笑)

友人知人から金を借りまくって踏み倒していた件(笑)

です。

心屋さんが現在のビジネスを辞めることより、こっちの方が衝撃です。

心屋さんに300万を貸したままかれこれ10年踏み倒しされ続けている岩田さんの情報によると、岩田さんが知っているだけで同じような目に遭っている人は5人はいるそう。

心屋さんが売れる前に泣いて土下座して懇願された連中ばかりだそうで… 被害額も相当だという話。

またお金を貸した人たちは皆「出資」の気持ちでお金を貸しているのに、あんなに売れた後も踏み倒し続けるって一体全体人としてどうなんでしょう。

しかも、京都の料亭で飲み食いした料金の請求がなぜか…岩田さんを始めとした出資者に回っているそうです(^^;)(※岩田さんのお話によると、料亭の場合、請求は紹介者に回るのが普通とのこと。紹介者に利用者がお金を後で払うのが普通なんでしょうね…私はこのシステム知りませんでした!)

また出資者に返金せず豪遊をし続けていたため、出資者と関係の深い赤坂の料亭・品川の料亭、そして 叙々苑のVIPルームでも門前払いされたそうです。

そりゃそうでしょうね。

それから、今年雪山で事故を起こしたポルシェはリースだったそう。

↓心屋さんのポルシェ記事(魚拓)↓

この記事を見た出資者がポルシェを取り上げに行ったそうなのですが、車検証見て帰ってきたそうです。

財布の中身も2万円くらいしかなくて、女に全部払わせたそうで……。

 

っていうか、心屋さんのお金って一体どこにいってしまったのでしょうかね。

めっちゃ儲けてたっぽいのに。

しかも、我が儘に自由に周囲に迷惑をかけまくることに正直になって生きればお金に困らない体質になると、あれほど言いまくって、そういう本も沢山出してたのに。

やっぱり実態は、こんなもんなんでしょうね。

っていうか、岩田さんのお話によると、借金も相当あったから闇金から追い込みかけられてもおかしくないとのこと。

ひょえーーーーーですよ(^^;)

 

 

ここから分かることは、心屋さんは全て虚像だったということですね。

そしてそんな虚像が天下を取れてしまう壊れた時代があったということ。

改めて冷静に見返すと、ホントおっそろしいなって思いますが……スピ系とか自己啓発で人気を博した人たちって、全部こういう類いですよね。

しかも、裏では揉めてるというのが定番。

仲よさそうにしているのも、プロモーションの一つなだけなんですよね(笑)

なんやかんやでこの2年に渡ってスピ系教祖さまたちの記事を書き続けていたので、彼等の生態に慣れた部分はあるけれど、毎度驚かされます。でも、このネタを超える事実はまだ沢山あるでしょうね。

ですからこれからも衝撃の事実がじゃんじゃん上がってくることを期待してます。

 

追記

私も同じこと思ってました(笑)

 

それと、心屋さんに関しては今まで沢山記事を書いてきたので、一覧でリンクつけとくね♪

■心屋Twitter騒動記事

 

■心屋不倫で揉め揉め記事

 

■心屋さんを知った頃の記事

 

■心屋さんに絡まれていた頃の記事

 

■その他

 

結構書いてましたね。ここ数年の戦いの足跡を感じます。なんか自分にお疲れ様!って言いたくなります(^^;)

それでは皆さん、残り僅かな日曜日を楽しくお過ごしくださいませ♪

私はビールでも飲もうと思います♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

12 件のコメント

    • おはようございます。
      ですよね。
      ろくでなしだとは思っていたけれど、ここまでのろくでなしであったとは驚きですよね。
      ほんと異常ですよね。

  • こんばんは。

    あちこちで闇が暴かれているように、似非スピの方々の闇も暴かれる時代になってきたのです。
    地球は次元上昇し、今までの常識がいっさい通用しない時代に突入しているからです。
    今までの地球ではピラミッドの頂点に立つ存在が下々から搾取し放題でしたが、エナジーバンパイアの繋いだコードは切られ、真実に気付き始めた人々が増えてきていて、恐怖による支配が通用しなくなっているのです。
    今までピラミッドを高く上っていた人ほど、ピラミッドの坂を転がり落ちるように転落していくのが新しい地球であり、それを見て反面教師として学ぶ事が大事なのです。
    バブルもいつかは弾け、大きく膨らむほどに、弾けた後の影響も大きいように、上がれば上がっただけ落ちる物なのです「驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し」の言葉の通り、未来永劫上り続ける事は出来ないのです。
    新しい地球の生き方は、俯瞰視点を持ち上でも下でも無く真ん中(中庸)で物事に振り回される事無く冷静(霊性)に生きる事が大事なのです。

    • おはようございます。
      仰る通りですね。
      ただ、頂いたコメントを読みながらいつも思うのですが……既にこういう事を何年も前からブログで書かせて頂いていた身としては、こういう風なコメントを頂くことに毎度困惑しています(^^;)
      会話のキャッチボールしようにも、「知ってます」としか言いようがないので……(^^;)
      お察し頂ければ幸いです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    ここまでひどいとは思っていなかったので、思わず過去記事もさかのぼって見てしまいました!
    いつも通り、飽きたとか、信者の相手が面倒になったとか、そんな程度の理由かと思っていたのですが、借金地獄で踏み倒しで・・・って本当に内情はひどかったんですね。書籍もたくさん出ていて、セミナーやカウンセリング料もそれなりに高いのに、何をどうしたら借金地獄って不思議で仕方ありません。

    きっと自分では「なにをしても愛されている」「愛されてるからお金貰えている」と思っていたのでしょうが、相手からすれば「出資」であって、必ず取り立てられるということがわかっていなかったのでしょうね。元敏腕のビジネスマンだったと聞いていたので、逆に世間を知らなさ過ぎることに驚きました。

    友人でも心屋さんに嵌って、迷惑かけまくって人生を踏み外している人がいましたが、その人を見るにつけて「ゲスい生き方は愛されない」と心に刻んでいます。(笑)

    • こんばんは!

      岩田さんのおかげで、今まで私が持ち合せる情報の範疇では見えていなかったことがどんどん見えてきて面白いです。
      後で記事にしようと思っているのですが、本の出版は折半で行われていたとのこと。心屋さんの本の初版の半分は心屋さんが買い取る形で運用されてたとのこと。
      実は自費出版に近い形で出版事業が運用されていた事が見えてきました。
      さらにそもそも借金まみれの状態からの復活劇であったという……ここら辺の事実が見えてくると、実はカツカツだった実態も分かり易く見えてきますね。

      もっと言えば、協賛社(出資者)と心屋さんの関係図があってこそ、あの立ち位置が作れたのだなと。

      カツカツの人はガツガツするもので、そのガツガツがあって地位を高めるタイプの人もいます。
      営業においては一時的に結果を残すことは可能ですが、その後が続かないタイプの人は根本的に人でなしなタイプが多く…心屋さんは、そういう人だったんでしょうね。
      っていうか……出資という体裁を理解できていない時点で、かなり人としてヤバイとしか思えないですよね。

      あんなろくでなしが人を指導したのなら、多くの人が狂って当然です。
      本当に怖いことだなと改めて思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 「我が儘に自由に周囲に迷惑をかけまくることに正直になって生きればお金に困らない体質になる」ことを実践した結果待っているのは終わることのない欲望という生き地獄ですね。
    全ての人が願っているのは「幸せに生きること」、ただこれだけだと思うのですが「お金」や「名声」という手段にフォーカスを当てるから思い通りにいかないし苦しむんですね。

    僕が「自分とは何か」という命題にぶち当たった時に、スピリチュアル系の本やブログを読み漁っていた時期がありましたが、「我欲」を追及している時期には、確かに惹きつけられる内容ではあるんですよね。
    今思えば、こちらのブログで彼らがいわゆる(悪徳)教祖様であることを知り、運よく直接関わらずに済んだのかも知れません。

    欲望を糧とする自我(エゴ)に主導権を握られたままでは本当の幸せには辿りつけない。
    それを心屋さんは身をもって教えてくれているように思います。あ、皮肉ですw

    これからも応援しています!

    • こんばんは。
      仰る通り、「我欲」に忠実に生きている時とそれを手放した後で見える世界は、言動は真逆になりますし、また我欲が前面に出ている時は彼等の言葉こそ崇高に見えます。
      このブログでその違いに気が付いて頂けたと知り、素直に嬉しいです。

      たった数年前は、彼等が成功者で崇高な存在として認識されていました。今振り返ると本当におっそろしいことですよね。
      ただ…それが一気に終焉を迎えているのはやっぱり嬉しいですし、よしおさんが仰る通り彼等は「エゴに忠実に生きたなれの果て」として今後認識され、反面教師になっていくと思います。
      この教訓を糧に、お互い地味に地道に生きていきましょう。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 実体がなく、嘘で塗り固めた世界だったんだなと、
    しみじみ思いますのね。

    偽スピや半島マインドの人ってピラミッドタイプの権力構造が本当に好きですから、だから、本当に強いやつにめっちゃ弱いですよね。半島ヤクザより大陸ヤクザが強いから、今のマスコミの謎の中国推しもそういう事かなと感じるしだいです。

    • こんばんは。
      ほんと仰る通りで、嘘で塗り固められたからこそできた幻想ですよね。

      今回思ったのが、エゴを刺激すると人は盲信するんだなということ。
      まだここら辺のこと整理できていないけれど、いずれ記事にしたいなと思いました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください