【案の定】心屋さんがあのFB記事をやっぱり消した件

年末から、8割型心屋さんネタしか書いてないんじゃないかという感じがするのですが…(^^;)、タイムリーにタイムリーな事が重なっているので、書き残しておきます。

 

昨日のあれ、消えました。

昨日こんな記事を書きまして……

【腐vs腐】心屋不倫宣言で、新たな戦いが勃発??

2020年1月4日

そこで、心屋さんの不倫話が別の場所でバトルを生んでいることを書きました。

ちなみにそのバトルは、心屋vs八木沙耶旦那(リュウ博士)という、スピ系ウオッチャーとしては見逃せない面白い展開になっていたので取り上げたのですが、さっき心屋さんのFBみたら、その様子が分かるFB記事消えてました(/_;)

見れなかった方にここでそのスクショだけお届けしときましょう。

 

消えてしまったのはこちらのFB記事↓です。

このFB記事が消えちゃったのですね…。このFBスクショが消えた意味をしっかり知りたい方は、昨日の記事へ→【腐vs腐】心屋不倫宣言で、新たな戦いが勃発??

まぁこんな感じで、啖呵を切った挙げ句逃亡する心屋さんの行動様式は今に始まったことではなく、現在絶賛炎上中であろう「あの不倫宣言」も同じような構図です。

【予言的中?】心屋コミュが内部崩壊してるみたい!

2019年12月31日

不倫宣言して、ファンから非難殺到して、その記事消して不倫部分を無くしてアップし直して、でもそれでもファンからの非難が殺到して、ファンを威嚇し、そしたらまた炎上して、今度は自己反省。

この人が日本有数のメンターだと言われているのがなぜなのか?真剣に不思議に思うほど、大人気ない行為が多発するのが心屋さんです。

ちなみに、去年私が絡まれた際も、瞬足の早さで消されて逃げましたからね。

さらにちなみに、去年はこれ↑とは別にもう一つ絡まれたことがあったんですが、その時は「消さないでね!」って末尾に書いといたんですね。

↓その時の記事↓

その成果かどうかは分かりませんが、未だにあのFB記事はは消されずに残ってます。

そして、このようなやり取りから、意外と心屋さんは私のブログの常連さんなんじゃないかと思っているのですが……どうなんでしょうね~。

【Dear心屋仁之助】ひょっとして、このブログの常連ですか?

2019年8月1日

まぁどっちでも良いですけれどね。

っていうか私、心屋さんのブログは、炎上イベントがある時意外にチェックしたことがなんてないんですよね。その上、心屋さんのブログってちょっと読むだけでも結構な吐き気を私はもよおすから、基本ちゃんと見れないです。だから、自分も見ていないから「見て!」なんて大それたことなんて毛頭言えるわけもないのですが……っていうか……なんか話の方向性がおかしくなってきたので、戻しましょう。

 

とにもかくにも、この件はさておきましても…私は心屋さんを見ていて不思議だなと思うことがあるんです。

それは、心屋さんって、こんなにネット活用してお金稼いでいるのに、なぜネットマーケティングの本質が未だに理解できていないのか不思議でならないんですよね。

そこについて、この記事で少しだけ言及しておきます。

 

自分の記事を消すのは、単なるネガティブキャンペーンです。

ネットというのは便利な反面、ありもしないことを書かれたりする媒体でもあります。

実際私も、人殺しだとかカルト教祖だとか、事実無根の情報を目にすることがあり、その度にげんなりする気持ちを抱いております。

ただ私の場合、元々働いていた場所がギョーカイ関係だった事もあり、知人に有名人が多いです。ですから、そんな事実無根なことを言われているのは知人関係で私だけではないですし、私以上に酷いことを言われている知人も沢山います。

特に、前の会社の後輩だった男子は、それこそ「よくお前こんな事言われて正気で生きていられるな」みたいな事が、Yahooニュースになったりしているくらいです(笑)。

さらにその後輩男子は、それを自身のFBでネタにして、そのネタがみんなの大爆笑を誘うくらいのものとなっております。(心屋さんみたいに被害者意識を周りに与えるものとは真逆な感じで、ネタにしています。)

そんな強固なメンタルを持っている後輩や友人知人がいるので、私はネットで自分の悪口を見かけても「後輩よりはまし」いや「後輩はこれ以上の出来事を笑いに変えてたぞ!」と見習って、冷静に対処しております。

そして、ネット社会である現代は、この所作をすんなりできない事には生き抜いていけない環境だとも思ってます。

つまり、悪口言われたくらいで動揺したり、被害者意識を募らせるような奴は、発信なんか最初からするなよ!って話です。

とか言いつつ、めっちゃ傷つきますけれどね(*_*;…悪口見かける度に…だから今はエゴサだけはしないようにしてるんですが…それはそれで気になるものだという事も理解できます。

でも、ネット社会の掟を理解して冷静に対処するしか他ないのです。

ですから、どんな悪口を言われようとも、ネットの世界では基本静観の姿勢が必要です。もしも、完全なる事実無根である内容がネットで流されて名誉毀損されていると感じたとしても、基本は静観しておいた方が良いです。

対抗する場合は、裁判で争う覚悟があり、裁判で勝てる自信がある時だけにしておいた方が身のためです。

またそのネット社会の掟を無視して、自分の都合の良い発信だけをネットに埋め尽くそうとすれば、自分の足を掬われるだけのこととなります。

 

さらに言えば、悪口のきっかけとなった理由が自分が書いた記事にあった場合、炎上を沈下させようと消したい思いが過るのはもちろん普通だとは思いますが、自分の炎上記事を消そうとすることは、ネガティブキャンペーンを自ら率先して醸成していることに繋がるので、そこだけは気を付けなくてはいけません。

だけれども、心屋さんは事ある度に真逆の方向に舵を切りますよね。

つまり、心屋さんのしている事は、常に自分のネガティブキャンペーンを自ら作り出し、そして自分でばらまいているということなんですよね。

 

消すことは、自らの首を絞めることになるだけ。

 

かれこれ2年前に私…こんな記事を書きまして…

【WEB2.0】今のネット社会でピラミッドは作れませんよ

2018年2月23日

ぶっちゃけこの頃は検証段階であったのですが、あれから2年経過して、この定説はやはり事実だなと思う次第です。

ちなみに上の記事は、当時黒沢全として活動していた佐藤総一郎氏に向けて書かれたものですが、彼やそのスタッフはせっかくの助言を無視して、私を攻撃し続けました。

彼があそこで気が付いてくれて攻撃をやめてくれるのであれば、私は上にリンクした記事に書いたように、ここまで起きた全ての事を公開することなどなかったのに、彼の執拗な攻撃を回避するためには、もうこの手段しかないよなと思うに至り、その全てを公開しました。

その翌日、黒沢全さんは、黒沢全を名乗ることを辞め、本名でやり直すことになりました。

この一連の騒動が教えてくれることは一体なんでしょう。

また当時彼は仙台で活動されていたのですが、今は心機一転大阪で活動されているそうです。

今は私も陰ながら彼の今後の活動が良きものになるよう応援しています。

 

なぜ心屋さんはネットの掟を理解できないのか?

またもや少し話は逸れましたが、2年前の記事に書いた通り、

ネット社会は「消そうとすると崖っぷちに追い込まれる」のです。

なぜその当たり前のことを未だに心屋さんが理解できないのかが、私は不思議でなりません。

もちろん、ネットの心ない誹謗中傷は想像以上に心が傷つきます。それは私も知っています。

そして、こういう記事を書いている私こそが心屋さんにとっては、許しがたい誹謗中傷の首謀者であることも分かって書いてます。

でも、現在はネット社会である以上それを受け止めて歩む他ないですし…というか、これこそがようやく私たちにもたらされた自由の欠片です。

しかしその自由には新たな不自由さも付きまとって当然です。

その不自由さを生き心地の一つとして、生きる他ないと私は思いますし、ネットを利用されて商売され、さらにその手法で弟子を増やしている心屋さんなら、そこはもっと理解され対応されるべきではなかろうかなと、私は思ってます。

そして、そのネット社会の当たり前の対応ができないどころか、何か起きるたびに絶対やってはいけない方向の手段で解決を試みようとするからこそ、常に自らネガティブキャンペーンを張っている事態になているだけではないかなと、私は思います。

心屋さんは、心の専門家のことですが、心のこと以上に、現代社会のリスクマネジメントやアンガーマネジメントを学ばれた方がよろしいのではないかと、老婆心ながら思ってしまいます。

ネット社会で生き残るためには、ネットの掟を熟知して、リスクマネジメントを徹底させた方が身のためだと思いますよ。

とかいいつつ、まだまだネタが溢れだしそうな心屋さんの今後に期待してる私ですので、これからも心屋さん間違った方向性の炎上ネタ&消火活動を楽しみにしていることは否めません♪

ということで……

心屋さん!これからも頑張ってね♪応援しているよ☆

 

【追記:心屋関連記事】

こちらのネタでさらなる展開がありましたので、追加記事書きました。

【心屋迷走】内部から、引きずり降ろされた感満載の心屋さん。

2020年1月6日

ぜひこちらもお読みください☆

 

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

4 件のコメント

  • ぶっちゃけ
    心屋氏ともう一人、は◯き◯映氏は同じような臭いと粘着質なオーラを纏っているようで
    同じく正直、キモくて吐き気がします(>人<;)

    この二人に共通してるのは「大好き」という言葉で表現出来ないほど
    お金その物が好きなところ。

    彼らはお金はエネルギーと言ってるので
    信者からエネルギーを吸い上げるヴァンパイアそのもので
    むかーし映画でスペースヴァンパイアなる映画がありましたが
    正にそれじゃね?なんて思ったりもします。

    けして悪口ではなく
    正直な彼らに対する見解と感想ですw

    • こんにちは。
      は◯き◯映さんが誰の事かさっぱり分からなくて申し訳ないです( ;∀;)

      まぁこの方たちだけに限らず、スピ系は一様にしてお金が大好きですよね。
      そしてみんなヴァンパイアですよ。エネルギーヴァンパイア。
      搾取している間は楽しいけれど、循環忘れて搾取し過ぎてたら、いつかは枯渇する。
      そのターンに全員入っちゃってるように私にはみえます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

        • わぁぁぁぁぁぁぁ
          あまりにそっくりな人が画面に登場して、卒倒しそうになりました。
          その方のこと何も知りませんが、胡散臭いと思いました。
          教えてくださりありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください