【明後日からの祭りの前に!】ドミニオンを予習しとこ♪

大統領選投票日から、この10日余りの時間の中で、完全にバイデン陣営は包囲されたと言えるでしょう。

そして、米国時間月曜日からは、バイデン陣営が完全に追い込まれる祭りが開催されるものと、私は見込んでいます。

 

祭りのキーワードはドミニオン!

ありとあらゆる不正・不法のオンパレードだった2020米大統領選。

どれほどまでの不正・不法のオンパレードだったかは、先日マクナニー報道官が呈示した234ページに渡る選挙違反に対する宣誓証言でも明白です。

↓詳細記事↓

日本人には聞き慣れない「宣誓証言」ですが…宣誓証言をするということは、「自分の言っていることが嘘であった場合、証人が罪となる」ことを受け容れての証言です。ですから嘘はつけませんし、あやふやなことは言えません。自分が見たものは間違いなく不正・不法であるという自信と勇気があって行えるものです。そしてそんな証言者が多数いるのです。

もしも、今回の大統領選が不正・不法がないクリーンな選挙だった場合、こんなにも告発者が現れるはずもないでしょうし、ましてやトランプ大統領を勝たせたい一心で、不正不法はなかったのにあったと宣誓証言をする人は考えられないでしょう。

ですから、この時点で莫大な数の不正不法があったことは既に事実であったと言ってよいでしょう。

それでも、テレビやマスコミは未だに「不正はなかったもの」という体裁を貫こうと必死ですが、そっちの主張の方が無理があります。

そして、この10日余りの時間の中で、証言以上の決定的な不正をトランプ陣営は見つけました。

それがドミニオン(Dominion)です。

 

ドミニオンとは?

ドミニオンとは、今回の米大統領選挙で使用された投票システムです。

激戦区である州を中心に、多くの地域で使われた投票システムなのですが、このシステムのエラーというか意図的な改竄が現在問題となっています。

どんな問題かというと……

トランプ大統領に入った票が、そのままバイデン票に入れ替わっちゃうんです。

場合によっては、トランプ票だけ消滅しちゃうんです。

あり得ない!って思うでしょうが…本当なんです。

選挙日当日夜の生中継中のテレビの画面。
フィラデルフィアの投票数がリアルタイムで画面の下に表示されている。↓

10:22 pm
トランプ 1,690,589
バイデン 1,252,537

10:23 pm
トランプ 1,670,631
バイデン 1,272,495

トランプの票が突然19,958減った瞬間

米ツイ民

A_Blosssom @A_Blossom4USA

友人はちょうど彼女が選挙の夜を記録したこのビデオを送った。

ビデオ開始がペンシルバニアの総投票数です。

トランプ 1,690,589
バイデン 1,252,537

ビデオの最後に画面上の合計はペンシルバニアのものです。

トランプ 1,670,631票 -19,958票
バイデン 1,272,495 +19,958

なんという偶然の一致でしょうか。

https://anonymous-post.mobi/archives/4816

目撃された州はペンシルバニアで、ペンシルバニアはドミニオンを使用しています。

またこのような出来事はこの一例に留まることなく、ドミニオンを使用した箇所で頻発している出来事です。

単なる不具合ゆえに起きていても十分問題ですが、どう考えても意図的に引き起こした不正だと考えるのが普通でしょう。

とはいえ…主要メディアの主張によると、この不正はデマらしいですが(^^;)……、

そんな報道に従順なアメリカ政府ではありません。

ですから政府は、ドミニオンに調査に入りました。

そしてサーバーを押収したのですが……押収した場所はあまりに意外な場所でした。

 

ドミニオンのサーバーはドイツにありました。

なんと、ドミニオンのサーバーはアメリカ国内にあったのではなく、はるか遠くのドイツにありました。

さらに驚くのはこのサーバー押収は米軍が担当したとのこと。

↓詳しくはこちらのブログ記事とTweetで↓

 

そもそも。国内の投票データが即時海外に送られているって……それもうどう考えても違法ですよね。

しかも、ドミニオンは票操作をするシステムであることも明らかになっています。

完全に犯罪以外の何物でもありません。

ですから、明後日からトランプ陣営はとことんこの件について追求を始めていくことでしょう。

それから、この投票システム(ドミニオン)にまつわる人間関係は民主党の大物も入り込んでいます。ですからそちらへの容疑も避けられないと思います。

ここまでの時間は、どちらが勝つかが主軸でしたが…それは今週までの話だと思います。

ここからは、犯罪・刑事事件としての次元に、大統領選は移ると予測します。

もっとガチな攻防が始まります。

どうなるのでしょうか…。私は正義に勝ってもらいたいです!

皆さんも来週からはドミニオンに注視して、大統領選を眺めましょう。

ポイントは犯罪&刑事事件だということです♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

4 件のコメント

  • 宣誓証言についての補足です。

    アメリカでは 訴訟も多いためかこの宣誓証言は よく必要になります。交通事故のときにも目撃者は必要になるときがあります。

    その時に 宣誓者は 証言がただしいことである宣誓の署名をしますが そこには 国家試験を通た免許のある国の署名確認者(日本の公正証書遺言を作成するような感じで)
    自分の書いたことは 偽証ではない事を宣誓します。

    そういった法的文書なので
    もし これが嘘でばれた場合 本人は 刑務所 もしくは 罰金を払うことになりますが

    その刑は 宣言内容の 大きさによります。ただ この宣言は法的な分野に入り 罰は刑務所です。

    トランプ大統領側近で 最初に逮捕されたフリンさんは この時 宣誓証言を FBIからの尋問にあったときに作成サインしていたので FBIに嘘をついたと 4年たった今も裁判でもめています。その間使った弁護士代 捻出のために 家も売り 財産も 無くなったとか?

    簡単に 署名できるものでは二という宣言です。

    • おはようございます。
      詳しく教えてくださりありがとうございます。
      日本には宣誓証言というシステムがなく、証人が嘘をついた場合に罰せられのは国会の証人喚問くらいなのですが、アメリカはかなり徹底されているんですね。
      罰せられるかもしれないリスクを背負い戦う覚悟があるアメリカ国民がこんなに多数いることが、この選挙が如何におかしかったかを物語っていると思います。

      日本からできることは祈ることだけですが、アメリカらしいアメリカであるために頑張ってください。
      真っ黒な服に武装した人たちが民意というようなアメリカにはなってほしくないです。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • ゆりこさん、おはようございます!
    トランプの19,958票がバイデンに移ったのがサーバーの改竄だとしたら確かに納得出来ますね!
    しかもそのサーバーを米軍が押収とは、事態は戦争と言ってもよい程ですよね。これを静観して四年後またトランプがーなどと語る人達にウンザリしてます。
    私たち日本人はアメリカ大統領選挙の結果に何の影響も与える事は出来ないかもしれませんが、SNSを使って事実を拡散するお手伝いで微力ながら援護射撃頑張ります!
    MAGAマーチの映像感動しますね。昨夜のjackhikumaさんのlive放送でトランプ大統領が号泣していたと聞き、トランプ大統領を応援する愛国者たちの熱量がこちらにも伝わってきました。
    いつも勉強になる記事をありがとうございます。これからも応援しています!

    • おはようございます。
      ドミニオンなどによる改竄集計は、かなり大規模に大胆に行われているのでこの部分を徹底調査するだけで多くの結果はひっくり返るんじゃないかなと思ってますし、そもそもこんな不正を働いた人たちが世界最大の経済大国の首脳になることは、どう考えても地球の危機だと思います。
      なぜなら、現段階においてアメリカの議会は共和党がコントロールできたとしても、今回の不正をしっかり暴かないままバイデン政権が始まってしまった場合、2年後の中間選挙はどうなるでしょうか。
      共和党は軒並み落選し、今回のように戦うことさえもうできなくなると思っています。
      また、今回のメディアの偏向ぶりを観ていれば明らかですが、メディアは自分たちの都合の良い情報しか流さず、事実でも自分たちに都合の悪いことはフェイクとします。バイデンさんが政権を取れば、この傾向は一層強まり、議会が共和党が強かったとしても、今回と同じようにメディアが作り出す民意の空気間で彼等に流されるようになるばかりか、政権に批判的なネット情報は軒並み消されるようになるはずです。まるで中国共産党のような世界ですが、それがアメリカで始まってしまうことになるでしょう…そうなったらどうなるでしょう。
      ですから、今までの民主党と共和党の対決では無いと言う感覚で観る必要があると思うのですが、その感覚を持ち合せている識者が少なかったことを残念に思う反面、有名人であればあるほど些細な言葉の発信が検閲にひっかかり全ての言論を封鎖されてしまうというリスクを抱えているのかもしれません。ただ、そうであれば、これはもう戦時で戦中なのに、こういう一大事に気がつかさせないものなんだなと思ってます。

      ちなみに…トランプさんが涙を流した写真、Twitterにありました。

      https://twitter.com/sonkoubun/status/1327859920759263238

      それではこちらこそ宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください