【ヤバイデン陣営】内ゲバの確率が格段にアップ中♪

BLMの抗議の的が、トランプからバイデンに移りつつあります。

このまま行けば熾烈な内ゲバになるかもしれなしですね……。

あのBLMがバイデンを非難?

なんとバイデン陣営の応援隊だったはずのBLMがバイデンを非難し始めております!

上記リンク記事、下記で機械翻訳しました。ちょっと長いけど見てください。

Black Lives Matter Leader Says Joe Biden ‘Capitalized On Our Efforts To Defund The Police’

ブラック・ライヴズ・マターのリーダーたちは、ジョー・バイデンが「警察を弁護するために私たちの努力利用した」と述べています

A founding member of the Black Lives Matter Global Network recently accused Joe Biden of taking advantage of the movement and its ongoing drive to dismantle allegedly racially biased law enforcement agencies.

ブラック・ライヴズ・マター・グローバル・ネットワークの創設メンバーは最近、ジョー・バイデンが人種差別的とされる法執行機関を解体する運動とその継続的な推進力を利用したとして非難しました。

Dr. Melina Abdullah, lead organizer of BLM’s Los Angeles chapter, said Biden “capitalized on our efforts to defund the police, and then tried to condemn the words at the same time.”

BLMのロサンゼルス支部の主任主催者であるメリナアブドゥラ博士は、バイデンは「警察を弁護するために私たちの努力を利用し、同時にその言葉を非難しようとした」と述べた。

She made the comments on Tuesday morning while protesting outside of the residence of Democratic Mayor Eric Garcetti, the first of a series of demonstrations intended to spoil his chances for a cabinet position. Garcetti was a national co-chair of Mr. Biden’s presidential campaign and has been rumored to be in the running to oversee either the U.S. Department of Housing and Urban Development or the Transportation Department.

彼女は火曜日の朝、民主党のエリック・ガーセッティ市長の住居の外で抗議しているときにコメントをしました。これは、彼の内閣職のチャンスを台無しにすることを目的とした一連のデモの最初のものです。ガーセッティはバイデン氏の大統領選挙運動の全国共同議長であり、米国住宅都市開発省または運輸省のいずれかを監督するために立候補していると噂されています。(※エリック・ガーセッティ市長はロサンゼルス初のユダヤ系市長

Although many Black Lives Matter leaders publicly supported Biden’s candidacy, several still consider him a flawed statesman who is unwilling to push for meaningful reforms that they say would significantly improve black people’s lives. For instance, Mr. Biden has said he is “totally opposed to defunding the police officers,” concluding, “they need more assistance.”

多くのブラック・ライヴズ・マターの指導者はバイデンの立候補を公に支持しましたが、黒人の生活を大幅に改善すると彼らが言う意味のある改革を推進することを望まない欠陥のある政治家であると考える人もいます。たとえば、バイデン氏は「警察官への資金提供に全面的に反対している」と述べ、「警察官にはさらなる支援が必要だ」と結論付けています

“We want to be very clear that as we happily usher out the Trump regime, we will not accept liberal white supremacy in the White House in the form of Joe Biden,” Abdullah said, later adding: “It doesn’t matter to me that Kamala Harris is your vice president if you’re using her black woman body to usher in oppressive systems and oppressive people like Eric Garcetti.”

「私たちはトランプ政権を喜んで案内するので、ジョー・バイデンの形でホワイトハウスでの自由な白人至上主義を受け入れないことを非常に明確にしたい」とアブドラは後に付け加えた。「私には関係ありません。カマラ・ハリスが黒人女性の体を使って抑圧的なシステムやエリック・ガーセッティのような抑圧的な人々の到来を告げるなら、あなたは副大統領です。」

Abdullah said Biden would be “doubling down on liberal white supremacy” with a Garcetti appointment, accusing the mayor of criminalizing the city’s homeless population while claiming that he has been too supportive of an abusive LAPD.

アブドラ氏は、バイデン氏はガーセッティの任命で「リベラルな白人至上主義を倍増させる」と述べ、市長が虐待的なロサンゼルス市警を支持しすぎていると主張しながら、市のホームレス人口を犯罪と非難した

BLM leaders believe law enforcement agencies exist to maintain a capitalist social order in America that has historically benefitted white people, which in turn is the root cause of police violence against people of color. Their plan involves gradually shifting public safety responsibilities and funding away from police departments, then reallocating that money to new services centered around meeting people’s universal needs, such as housing, healthcare, and access to nutritious food.

BLMの指導者たちは、歴史的に白人に利益をもたらしてきた資本主義の社会秩序を維持するために法執行機関が存在すると信じています。これは、有色人種に対する警察の暴力の根本原因です。彼らの計画には、公安の責任と資金を警察から徐々にシフトし、そのお金を、住宅、医療、栄養価の高い食品へのアクセスなど、人々の普遍的なニーズを満たすことを中心とした新しいサービスに再配分することが含まれます。

As The Daily Wire previously reported, BLM executive director Patrisse Cullors requested a meeting with Biden and Harris earlier this month to discuss the organization’s expectations and priorities.

The Daily Wireが以前に報告したように、BLMのエグゼクティブディレクターであるPatrisse Cullorsは、今月初めにBidenとHarrisとの会議を要請し、組織の期待と優先事項について話し合いました

“In short, Black people won this election,” Cullors wrote in a letter on behalf of the BLM Global Network. “We want something for our vote.”

「要するに、黒人がこの選挙に勝った」とカラーズはBLMグローバルネットワークに代わって手紙に書いた。 「私たちは投票のために何かが欲しいのです。」

“Black people can neither afford to live through the vitriol of a Trump-like Presidency, nor through the indifference of a Democrat-controlled government that refuses to wrestle with its most egregious and damnable shame,” she continued.

「黒人は、トランプのような大統領職のビトリオールを通して生きる余裕も、最もひどくひどい恥と格闘することを拒否する民主党が支配する政府の無関心を通して生きる余裕もありません」と彼女は続けた。

Cullors ended the letter by referencing Biden and Harris’ records, both of whom previously supported tough-on-crime policies that have been blamed for contributing to the mass incarceration of black people. During the campaign, Biden said he made a mistake by sponsoring a 1994 crime bill signed by President Bill Clinton that put more cops in black neighborhoods and incentivized states to build more prisons. Meanwhile, Harris vowed to correct allegedly inherently racist policies within the criminal justice system, despite serving 27 years as a prosecutor enforcing harsh sentencing laws. Cullors reportedly has not yet received a response.

カラーズは、バイデンとハリスの記録を参照して手紙を締めくくった。どちらも以前は、黒人の大量投獄に貢献したと非難されてきた厳しい犯罪政策を支持していた。キャンペーン中、バイデンは、ビル・クリントン大統領が署名した1994年の犯罪法案を後援し、黒人の近所に警官を増やし、州に刑務所を建設するよう促したことで間違いを犯したと述べた。一方、ハリスは、厳しい判決法を執行する検察官として27年間務めたにもかかわらず、刑事司法制度内で本質的に人種差別的な政策を修正することを誓った。伝えられるところによると、カラーズはまだ返答を受け取っていません。

While police abolitionists nationwide view Biden as a better alternative to President Donald Trump, they generally seem to have low expectations for substantial progress toward their ultimate goal. One leading scholar compared Biden’s platform to “the kind of superficial and ineffective procedural reforms that the Obama administration proposed.” Still, they have vowed to keep the pressure on.

全国の警察廃止論者は、バイデンをドナルド・トランプ大統領のより良い代替案と見なしているが、彼らは一般に、彼らの最終目標に向けた実質的な進歩に対する期待は低いように思われる。ある一流の学者は、バイデンのプラットフォームを「オバマ政権が提案したような表面的で効果のない手続き改革」と比較しました。それでも、彼らは圧力をかけ続けることを誓った。

“We know that we had to protest Donald Trump, we had to get Donald Trump out,” Dr. Abdullah said. “We have to protest blatant white supremacy, but we have to remember that there’s a lot of liberal white supremacists.”

「私たちはドナルド・トランプに抗議しなければならなかったことを知っています、私たちはドナルド・トランプを追い出さなければなりませんでした」とアブドラ博士は言いました。 「私たちは露骨な白人至上主義に抗議しなければなりませんが、リベラルな白人至上主義者がたくさんいることを覚えておく必要があります。

記事の冒頭で、ロサンゼルス市長への抗議の話がでてきますが…それはこれでしょう。

しかも5日連続で行われているそうです。

本来仲間であったはずなのに、おかしいですね。

っていうか、ロサンゼルス市長はますますおかしなこと言ってるので↓抗議はますます大きくなりそうですが……今の所、割合おとなしく抗議しているように見える理由は、仲間(BLMリーダー)が既に殺されているからかもしれませんね。

殺されたのはこの方↓先週の頭にバイデン&ハリスにご褒美を要求していた人物(リーダー)です。

この件もあり、BLMの中でバイデン陣営に対する不信感は一層高まっているように思います。

 

投票日前に紹介した黒人さんのように(下記動画参照)、本質的な事実に気が付きトランプ大統領を応援していれば、選挙後のこんな不安に苦しむ必要など、彼等には必要なかったのに……可哀想ですね。

【アメリカ大統領選】グローバルとリベラルの洗脳から抜けた人の本音

2020年11月3日

まぁとにもかくにも、先週までのバイデンノリノリな空気感からは一転して、あちら側が怯える状況になっていることは事実です。

ここからもっと怯える事実が続いていくので、彼等はより疑心暗鬼になるでしょうし、その不安や怒りの矛先はチームバイデンに向かう事は間違いないと思います。

その時の内ゲバどんな感じになるのか今から楽しみです♪

 

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください