【北京の雪】想像以上にヤバかった!

昨日、ちらっとモーグル見たのですが、滑りより(競技そのものより)あまりに酷い競技場の状態に驚いてしまいました。

 

世紀の祭典なはずなのに……砂利ゴロゴロ?…おっかねぇ

昨日、チラッとモーグル見てたら、うそーーーって感じの映像が飛び込んできちゃいまして、慌ててスクショ取りました。。。。

この写真で、ヤバさ伝わるでしょうか。

ボケちゃってるけど、雪じゃないものが沢山まじってるでしょ?

土と言うか砂利というか石みたいなものが、めっちゃ上に上がっちゃってるんですよ。

あまりに気になってよく見たら、石や砂利ではなく、どうも木の枝っぽいんだけど…逆になぜって感じよね?

人工芝の替わりに木の枝をひいて、その上に人工雪を降らせたのかなぁとか、考えたけど……

やーーーさすがにこれは酷い。

 

レジャー民からしてみたら、絶対あんなとこで滑りたくないわって、一瞬で分かるくらい雪質が酷く、その上雪以外のものも散乱してて危なっかしい。

音もやたらとガリガリしてて、エッジもかけにくそうだしね。

 

こんな雪質なんて…のっけから、ほんと心配になる。

 

っていうか、雪っていうより氷なんだろうな。

 

ちなみにスノーボードの選手は、北京の雪を「防弾の氷のような感触」と述べている。

 

ヤバいよね。

 

 

同様に、スキージャンプも危険仕様らしい。

 

ヒラマサに続きって感じだよね。

平昌のジャンプ場も風がビュンビュンでガチでやばかったけど、再来…いやそれ以上のものみたい。

ヤバいよ。

 

昨日の虎ノ門ニュースで「オリンピックで『無事を祈ります』って……なんなんですかね」って居島さん言ってたけど、

現実がリアルになればなるほど、ガチでこういう気持ちに近づいていくオリンピックって一体何なんだろう(笑)

 

でもとにもかくにも今は「無事を祈る」ことしかできない。

みんな生きて帰ってきてください。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

4 件のコメント

  • こんばんはー❗
    盛り上がらない→しずか→しずかと言えば 思い出されるこの童謡

    それを替え歌にしちゃいました。

    しずかなしずかな里の雪
    来ぬ人ばかりのとりのすは
    ああぷーさんとただふたーり
    ぼやきとためいき五輪中

    元の歌の題名は里の秋 それを秋を雪に変えたところ北国のお酒みたいになりました。せいぜいお笑いくださいませ。

    • こんにちは。
      秀逸な替え歌、びっくりしました。
      素敵です。
      お疲れ様です。

      もうすぐ開会式も始まりますね。
      習近平の野望はどんな仕上がりになるのでしょうか。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんばんは。
    本当にそうなんですよね(>_<)
    とにかくケガが心配で勝ち負けとか正直どうでもよくなります。
    こんな事で選手生命が終わらないで欲しいですm(__)m
    どうかみなさん無事に帰って来て欲しいです。
    北海道はうんざりする程雪積もってるのでこれからはもう北海道で開催して欲しいです。

    • おはようございます。
      もうちょっと見ただけでも、恐怖が伝わってくる会場ってなんなんでしょうね。
      ほんと、勝敗とか関係ないです。
      健康で帰ってきてくれることが第一だと切に思わされます。

      冬季オリンピックは、年間平均積雪量で開催地の制限を作ってほしいものですね。
      ちなみにスケート会場は、暖房が効きすぎて氷が解けて滑りやすいとの話も出ています。
      なにがなんやらですね。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください