【踏絵ww】ゼレンスキー演説で分かる韓国の今

先日、ゼレンスキー演説が、韓国で行われましたが……。

韓国の蝙蝠外交はもはや無理?

今週月曜日(11日)に、韓国でゼレンスキーウクライナ大統領のオンライン演説が行われました。

ちなみに日本に続きアジアでは2カ国目です。

これまでゼレンスキーさんが演説した場所を、Wikipediaの情報を元に一覧化するとこうなります。↓

NO 日付 国名 方式
1 3/1 欧州議会 ビデオ
2 3/8 イギリス オンライン
3 3/15 カナダ オンライン
4 3/16 アメリカ オンライン
5 3/17 ドイツ ビデオ
6 3/20 イスラエル ビデオ
7 3/22 イタリア オンライン
8 3/23 日本 オンライン
9 3/23 フランス ビデオ
10 3/24 スウェーデン オンライン
11 3/31 ベルギー オンライン
12 4/5 国連安全保障理事会 オンライン
13 4/6 アイルランド ビデオ
14 4/11 韓国 オンライン

 

ここに名前が出ている国名は、とりあえず西側認定を受けている国と定めて良いと思うのですが、アジアで2番目にその認定を韓国が受けることになりました!

良かったですね~韓国さん!

と言いたいところですが……韓国としてはそうでもない様子です。

 

韓国はもう西側に戻ってくることはないな!

だって、見てください! 演説に集まった人数!

すくな!

 

中央日報の報道によると、50人くらいだったようです。

ちなみに韓国の国会議員の定数は300ですから、出席率17%ですね。

少ない、少なすぎる。

 

報道では「これは韓国のウクライナに対する関心の低さを現わす」と分析されてましたが、関心が低いわけではなく、隣国との兼ね合いあって出れない人・出たくない人が多いってことなんでしょうね。

既にロシア・中国・北朝鮮は一蓮托生と言える状況になっているので、韓国の国会議員の多くもそちらに歩調を合わせている現れかと思います。

 

ということは、次の大統領がたとえ西側に戻る方向で舵を切ろうと思っても、かなりの困難が見込まれるということだと思います。

【朗報】韓国新大統領もやっぱり反日♪

2022年3月27日

【波動乖離の法則】話題にならない韓国&韓国新大統領との付き合い方の注意事項

2022年3月10日

 

これは日本にとっては朗報ですね。

 

岸田政権は、日韓関係改善に舵を切りたいようですが、露骨に上手くいかないことになるのではないかと予測されます。

下手に仲良くなったらその方が大変だし、これで良いですよね♪

 

 

それからゼレンスキーの演説で見逃せなかったのは、

韓国に兵器をおねだりしたことですね。

 

ロシアに渡しそうな空気感があったらからこその打診なのではと私は思ってます。

 

とりあえず、韓国はどちらについても茨であることは決定ですね。

自業自得です。

 

 

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください