【消えた】香港の民主主義

昨日の法案成立によって、民主主義の香港は終わりました。

 

ついに可決されてしまった「香港国家安全維持法」案

昨日、中国全人代にて「香港国家安全維持法」案が可決されてしまいました。

中国とは別の一国二制度で運営されていた香港ですが、これで香港は一つ中国の中の場所となってしまいました。

この法の成立を持って、香港では中国共産党に立てつくことは全て犯罪となります。

中国共産党の気に入らない人物は、何をしていなくとも犯罪者となり牢獄に入れられることとなるでしょう。

 

またこの法案の成立を受けて、若者たちの行動も制御されることとなり政治団体デモシストは解散することになりました。

アグネスチョウさんも脱退を表明しています。

 

これくらいのことで負けるな、ひよるなよ!って思う日本人はいるでしょうが、それは現実を知らないからこそ言えることです。

中国共産党の横暴さを知らないからこそ言えることです。

自由であることが普通だと思っているから言えることです。

 

また中国の横暴さを誰より肌身で理解している彼等だからこそ、彼等は命がけで戦い阻止しようと頑張っていました。

でも中国共産党の横暴さに太刀打ちできませんでした。

もちろんこの後最初に命を狙われるのはアグネスチョウさんなどの民主活動家たちです。

彼等にとってどれほど不本意な事かと思いますが、まずは生きなくてはいけません。

また、こういう状態となり初めて発動される言葉が「人権」となるはずですが、日本の「人権」という言葉ってぬるくて軽くて、自分勝手ですよね。

世界の人たちが本質的に求めている「人権」と日本人がぬるくゆるく自分勝手に使っている「人権」がどれほどまでに違うものなのか、考えてみてほしいなと思います。

 

おかしい!日本の人権派!

 

また既に台湾は、このような事態が起こることを想定して、亡命希望者の受け入れを始めています。

まずは台湾など、身の安全な場所に逃げてほしいです。

 

 

一方の日本は、中国共産党の関係構築に熱心な政治家が多数いまして……香港亡命の人たちを保護する状態には至っておりませんが、早くその状況を作ってほしいです。

 

 

 

これほどまでに人々の人権を無視し、虐殺しているあの人たちと仲良くすることが良いことと流布する政治家たちが鬼のように沢山います。

先日の特ダネでは、中国は臓器移植先進国で素晴らしいという報道をしていたそうですが…

その臓器は、何の罪もないのに中国共産党に囚われたウイグル人たちの臓器ですよ。

また中国共産党はウイグル人女性たちを強制的に避妊手術を施したり、中絶させています。

これらは、ウイグル人への民族浄化を推し勧めているために行われていることです。

 

海を隔てた大陸では、人権なき横暴、人を人としてみなさない行動が横行しているのに、日本の人権派は一切この件について言及しません。

おかしなことだと思います。

 

そのためまずは民間が、この事実に気が付き、民意を整え、逆方向な行動をする(中国擁護をする)政治家を排除できるような状態を構築せねばならないと思ってます。

 

ちなみに中国は、既に我国・日本の領土を我が物顔で脅かし、侵入し、漁船を追いかけ「自分たちの領土だ」と言い張るようになっています。

対岸の火事では無く、我国でも侵略は分かり易く起きています。

こんなに大事なことが国民全員の認識になっていないことがおかしなことです。

日本のメディアが報道しない理由は既に皆さん察しがあつくでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を引き締めて対応していきましょう。

12 件のコメント

  • こんにちは
    香港民主派は尖閣諸島に上陸したり日本大使館の前に慰安婦像を建てるような団体です
    この団体は明らかに親中派ではないでしょうか?https://samurai20.jp/2019/09/hong/

    それに周庭(アグネス・チョウ)さんは自国のブログで安倍政権批判や憲法9条に反対している人なんです…
    ツイッターで団体の活動やブログの内容について質問したらブロックされるそうです
    日本に対して内政干渉する人ですし、本当に香港のために活動しているようには見えません

    • こんにちは!
      親中派だったら、あそこまで共産党と戦うことはなかろうとは思いますが、デモ活動しているということで、日本の左派との相性はどうしても良くなると思います。
      去年来日された時も山本太郎さんと対談していましたしね。
      そういった兼ね合いもあり、日本の歴史に対して誤認しているところもあるのだろうと私は思ってます。

      そもそも日本の民主派・人権派とは正反対のイズムで動いている団体だと思いますが、政府に反対しているという事で一致団結しているように見える部分や行動もあり、それで日本の人たちの混乱を引き起こしている面もあると思います。

      この点については右左という枠組みで捉えて差別するのではなく、人権という道理で見るべき事項ではないのかなと私は思ってます。
      その上で日本の国体を固持するべく付き合うことが必要かなと思っています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 三峡ダムから始まる長江流域の氾濫、武漢コロナ、
    インドとの衝突、世界的な中国拒否
    そして、ネオマンチュリアと朝鮮半島
    北京の中国共産党は窮地にあるといい。だから、とんでもない一手を打ってくる可能性がある。

    縄文文化は、それを見てきました。支那大陸の動乱は難民、渡来人たち、徐福、東漢氏、秦氏などの一族が、日本にやってくる契機となり、今の日本文化の礎になりました。

    ムー大陸から上古、縄文、弥生、古墳、飛鳥、天平、平安と時代の変わりのなかで、変わってない事があります。日本列島に住む人びとは、食べ物がほぼ変わっていないという事です。腸が人間をつくるといいます。
    山菜や栗などの実や昆布や魚介類、猪などの肉を食べてます。

    しかし、渡来人がきていなかったら、鉄砲伝来時にアステカ帝国みたいに滅ぼされてと思うと、毒もまた必要だと感じます。

    何が起きても日本文化と生活つまり「国体」を守る気概が必要になります。

    • こんにちは!
      秦一族などの渡来人と動乱にはそういう関係があったんですね。
      歴史を紐解くと、渡来人こなきゃ良かったのになぁなんて思うことが、私の中にはしばしばありましたが、確かに彼等がいなければ、既に滅ぼされた民族だったかもしれません。

      ごくごく普通の私たちの日常を守っていきたいですね。

      ちなみにネオマンチュリアの意味がネットで調べてもよく分かりませんでした。お手すきの時に教えてください。

      これからも宜しく願い致します。

      • 新満洲国の事ですね。
        旧満洲地域と北京の共産党が仲が良くないという話ですね。軍閥をなんとか中央の共産党を収めているのが現状のようです。

        • なるほどそういうことでしたか!!
          教えてくださりありがとうございます。

          ネットだと新イスラエルとかの表記もあってなんのこっちゃだったのですが、ご説明頂いて一発で理解できました。
          ありがとうございます。
          これからも宜しくお願い致します。

  • こんばんは。

    日本に住んでいながら「日本はダメだ」「日本は差別的だ」「今の日本政府は独裁だ」とか…
    そんなことを平気で呟ける国が独裁のわけがないことは完全スルー。
    この国で自由や権利を享受できている現実を丸っと無視して文句ばかり。
    今この国にある自由と平等は、長い歴史の中で先人達の葛藤の末に築かれていることに全く感謝をせず、それどころかあらゆることに否定的。

    このような人達は、食事の時に「いただきます」を本心から言ったことのない人達なのでしょう。
    今我々が当たり前のように食事にありつけるのは、まぎれもなく先人達の努力の賜物であるはずなのですが、平和になりすぎて、今ある平和は無条件に前提とされるものと勘違いしてるが故に、そのような人達が発する言葉はあまりにも無責任ですし、事実誤認も甚だしいです。

    今我々が当たり前と思っている事は、我々が思っている程「実は当たり前ではない」ということに思いを馳せることができれば、この国をダメだなんて言えないのですけどね。

    • こんばんは!
      仰る通りなんですよね。

      祖先に感謝したり、祖先供養をしたりすることで、誰かの作ってくれた道の後を自分が歩いていることに気がつけるのに、それすらすっかり忘れて「自分自分」な人が沢山います。
      そして「自分自分」な人ほど心が不安定で誰かに依存していなければ生きていけない状態になるのに、なぜかその矛先を社会に向けます。
      自業自得でそうなっている事実に気がつけない社会は辛いです。

      政教分離を第一とする左翼教育は、当り前の信仰や習慣を間違っているものとして排除していきました。
      その結果が今とも言えますから、それぞれが微力ながらも頑張って、私たちが持ち合せる当り前が許される社会に戻していきたいですね。
      いただきますと言った時に慈しみを心が感じる社会に戻して行きたいですね。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久さん、お久しぶりです。
    こうなってしまうだろうとは思ってきても、ショックを受けてしまうニュースでした。どうしてマスコミは他人事として報じているのでしょうか。ウイグルやチベットの人たちも、明日はわが身かもしれないのに…

    アメリカがコロナで手一杯ななか、中国が尖閣諸島に侵攻してきたらと思うと怖いです。中国共産党なら、ガタガタな国内を引き締めるためにやりかねないのではと不安になります。
    諸事情で身動き取れないのもあり、政治運動や周りに何か伝えると言うのもやりにくく、もどかしい思いをしています。

    竹久さんが日常心がけていらっしゃることはありますか?ふだんブログで書かれている道理のことなど、あると思いますが…

    • おはようございます。
      不安になりやすい毎日ですが、こういう時こそ、他人に依存せず、自分のできる範囲でやるべきことをきっちりやるのが大事だろうと思います。

      恐怖や不安や不満というのは、責任感を伴う覚悟ができて、それを行動に移した時に消滅していくものだと思います。

      また追伸で頂いたコメントは掲載しませんが、そこで書かれていたことに私は違和感を覚えました。
      敢えて自ら不安になるための行動をしているように感じました。

      普段は冷静で頑張られていると思います。困難な時期でも普通の時の自分の状態を思い出し頑張ってください。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • こんばんは!
        賢明なご判断、まずはありがとうございました。
        竹久さんがおっしゃることに加え、知らず知らず甘えが出ていたように思います。お恥ずかしい限りです。
        申し訳ありませんでした。

        普段のことも察しながら、思慮深い返信をいただけたこと、本当にうれしく思います。今後も学ばせていただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

        • おはようございます。
          お返事遅くなりました。
          とんでもないです。
          不安に苛まれやすい時期ですが、普段の自分を意識して生きていきましょう。
          これからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください