【波動乖離の法則】話題にならない韓国&韓国新大統領との付き合い方の注意事項

韓国の大統領選が行われてたんですね~。

波動の法則に基づいて、現状分析と今後の予測をし、さらには今後の付き合い方に対する注意点を明記しておきます。

 

波動乖離すると、影響を与えられなくなり、受けにくくます。

全く話題にならなかった韓国大統領選挙は、昨日開票を終えて野党の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長(61)が当選したそうです。

やってたんだぁぁぁぁぁぁぁって感じです。

 

一応去年の今頃までは、韓国情勢に興味を持ってたはいたんだけど……

【任期は後1年】日本にとって文ちゃんは最高の韓国大統領!

2021年3月4日

この一年でさらにすっかり忘れられる存在になってくれましたね。

 

今は、ウクライナとロシアの情勢に世界中が目が釘付けだからという理由もあると思うけど、私は「波動乖離の影響」だと思ってます。

 

【波動乖離の法則】熱くなるな!呆れろ!その上で笑え!

2021年2月11日

【波動乖離の効能】相手にされなくなった韓国

2020年6月2日

 

波動乖離すると、感情の交流ができなくなるから、相手に興味というものを持てなくなってしまうし、それゆえ関係も希薄になり、疎遠になっていくものなのです。

 

文ちゃんが大統領になってからの日韓の関係は、波動乖離し続けた5年間と定義するべきなほど、日本人の韓国への興味は年々薄れ……というより、呆れることが量産されることに繋がりました。

だから、波動乖離できたわけなんですけど、5,6年前の日本の報道を見直すと感慨深いよね。

 

だって、連日連夜あり得ないほどの時間を割いて、韓国のことばっかり(ロウソクデモのことばっかり)やってたんだよ。

それが今じゃ、誰もかれもがすっかり興味もない……極力かかわりたくもないと思う世論になったってね……。

ほんと隔絶の世の感が漂うよね。

でも、これ良い傾向ですよ。

そして「波動とは人の感情に現れるものであり、その感情の扱いによって同期させたり乖離させたりできる」という法則は、真実だなと改めて確信させられます。

 

ただ、これからの動向ではより一層気を引き締めていかないと、同じ轍を踏むことになるので、みんなでめっちゃ気をつけましょう。

 

大統領はちょっとまともらしいけど、それでも疎遠で行きましょう!

というのも……、李相哲さんの解説によると、新大統領の尹さんはそこそこまともな人っぽいからです。

 

ちなみに割合まともな人が選出されるのも、これまた波動乖離の効能です。

具体的にどうしてこうなるのかの説明をすると、めちゃんこ長くなる上に既に、過去記事で書いてあるので↓

【日韓関係】波動乖離ができて初めて起きる同期

2019年9月28日

こちらでご確認ください!

 

ただ超要約して言うと、波動乖離によってエネルギーが入らなくなることによって、低波動も自活せざるを得なくなるということです。このままではダメだという危機感が覚醒を生むんです。

 

だから、今回割合まともな人が選出されることになったんだと思います。

ただ、だからと言って、日本が韓国に同期するのはまだ早いです。

どうかそこを気を付けてください!!!!!!

 

韓国の完全自立までには、後100年…いや1000年?

新大統領は保守系ということで、これまでとは違って「親日」キーワードが、メディアを中心に盛んになることが予測されます。

が、気をつけましょう。

韓国には「親日」はありません。

あるのは「用日」だけです。

 

だから気をつけましょう。

 

彼らの目的は、日本と仲良くして、依存することです。

そして、依存されて起きる現象は、これまで何度も日本は経験しており、その結果何も良いことはありませんでした。

だから、気をつけましょう。

 

これからの韓国は、徴用工や慰安婦問題の解決に積極的になってくれるかと思いますが、それでも心は開いてはいけません。

それから、経済がヤバいので支援してくれとか、留学生を大量に日本に送り込もうとしてくるとも思いますが、受け入れてはいけません。

最終的には、徴用工や慰安婦問題の二の舞になるのが目に見えていますから、関わってはいけません。

というより、韓国人の気質は全てが上下関係で成り立っているだけでなく、優しい=弱いと解釈するという日本人には理解しがたい感覚の中で生きていますので、注意が必要です。

もちろん対等という感覚はあるはずもなく、日本が対等に付き合おうとした瞬間から、彼らはマウントを取る行動に走ります。

 

ですから

①日本が韓国の上であることをはっきりさせること

②日本は怖いと思わせること

という二大原則はどんな時にも外してはいけません。

 

↓詳しくはこの記事で↓

【脱・韓国疲れ】韓国と仲良くする方法

2018年11月2日

 

それからいつ何時も、韓国の日本への戦略マニュアルを忘れてもいけません。

↓詳しくはこちらの記事で↓

【対韓国】「毅然&関わらない」が普通になってきて思うこと

2019年1月27日

 

絶対にここから、日本と同期させるために今までとは真逆の工作が始まると思いますので、気をつけましょう。

そしてそうなってしまえば、またもや日本は同じ失敗を繰り返すことになるだけなので、波動乖離した距離を保ち続けましょう。

それに、韓国は5年で大統領が変わり、大統領が変わるたびにそれまでの政策はなかったことにされるどころか、大統領になった人は逮捕されるなど不遇の結末となるのが常です。

ですから、ちょっとまともな人になったといって、心を許すのはとても危険だと思います。

 

それに、私たちが善意だと思ってしたことも、後に恨まれる原因になっていることは沢山あります。

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~

ですから、触らぬ神に祟りなしの格言を頭において、とにかく関わらない方針を貫いていきましょう。

そもそも日本は韓国がいなくても困らないのですから。

韓国がいない方が、調子が良いのですから。

距離のあるお付き合いを心がけましょう。

特に政治家やメディアは仲良くしようという方向に絶対舵を切ってくると思うので、民意でそこを阻止していきましょう。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください