【アセンション】混乱の要因を探る

気がついたらなんだか毎日アセンションの事ばっか記事にしちゃってるのですが……大事なことだと思うので、気が済むまで続けます。

 

個人のアセンションと地球のアセンションは違います。

つい先日、山口敏太郎さんのアトラスラジオをきっかけに、スピ系がアセンションビジネスに再度乗り出している事を知りまして……そこから色々書いておりますし、現在どのような情報が発信されているのか確認したりしています。

で、今日も思った事があったので、書いていますが……これは2012年のアセンションの時も思ったことです。

それは、アセンションに関するほとんどの情報発信っていうかぶっちゃけ全部の情報が、個人のアセンションと地球のアセンションを混同させるというか、違いが分かっていないまま発信されている点です。

その違いが分かっていないから混同している面もあると思うので、この記事ではそこを整理することにします。

 

日本の変化と国民ができること

アセンションとか宇宙とか言うと、話が大きすぎてファンタジック過ぎて何が何だかみたいなことになるはずです。

そのため、いわゆるチャネラーとかサイキッカーとか霊能者とか「不思議能力があると自称している人の話を信じるしかない」みたいなことになっちゃうのだと思いますが、これはとっても危険なことだと昨日の記事で書きました。

【アセンション】大衆扇動とプロパガンダ

2019年12月12日

ですから、現実的な思考で考えられるようにするために、身近な事に置き換えて今日はお話しをしていきますね。

例題として、日本国と日本人で話していこうと思います。

ではでは早速この例題を元に話しましょう。

私たちは日本人ですから、常に日本全体(政府)の舵切りに影響されています。

経済対策、国防対策などなど、政府の舵切りが間違えば、どんなに真面目に生きている民であっても災難を被ることになります。

日本の記憶に残る悲惨と言えば、やはり2009年~2012年の民主党政権ですね。とかく政権のミスが重なり、さらに東日本大震災も起きてしまい、日本はこのまま沈没と言っても過言ではない窮地に陥りました。

とはいえ、悪いのは政府だけかというと、もちろんそうではありません。

民主主義という形で運営されている日本国の政治は、私たちの集合意識が反映されたものなのですから、この責任は国民1人1人にあると言えます。

ですから、あの当時の政権批判だけをしても、また現政権批判だけを繰り返しても意味がありません。

では、良い国家を作っていくために、国民はどうしたらいいでしょう。

国民は何ができるでしょう。

すぐに思いつくことと言えば、投票に行くこと、それからきちんと働いてくれる政治家を見つけることなどでしょうが、もっと大事な事があります。

それは、正しい国家観を持つことです。正しい国家観を持つためには、日本国の正しい歴史を知る事が必要です。(この記事では触れませんが、戦後の日本は敗戦国ペナルティで正しく日本国の歴史を知らないまま大人になっているため、正しい国家観を持ち合せている人が微々たるものになっています)

その上で、自分もこの国の民の1人として、精一杯尽くそうと思う気持ちを持って、毎日懸命に生きることです。

話が飛躍するように感じられるかもしれませんが、「日本国と日本人の関係」と「地球と地球人の関係」も似たようなものです。

地球全体の民度が下がれば地球は荒廃していきます。

一方で地球全体の民度が上がれば、地球は幸福に満ちやすくなると言えるでしょう。

そのために必要なのは、アセンションの知識を高めることではなく、地球に生まれた1人の人間として、精一杯尽くそうと思う気持ちを持って、毎日懸命に生きることだけです。

つまり、結局やれることは、それだけなんですよ。

対日本で考えても、対地球で考えても、対アセンションで考えても、私たちがやるべき事は変わらないのです。

だって私たちは人間なのですから。

そもそも、空気があって、水があって、土があって、食べ物があって、太陽があって、初めて生きる事ができるだけのことなのですから。

元々地球上に生きる人間には制約が多く、その上非常にちっぽけな存在なのです。だから、やれる事も限られています。

でもそのちっぽけな存在たちみんなが、自分のやるべき事をきちんとやり、誇り高く民度高く生きる決心をして、それを心がけて生きていさえすれば、世の空気は殺伐することも無く平穏に満ちたものになることでしょう。

そして、個人のアセンションとは、自分のやるべき事をきちんとやり、誇り高く民度高く生きる決心をして、それを心がけて生きることだけです。

そういった積み重ねによって、ようやく現実に変化が生まれるだけのことで、結局私たちができることはそれだけなのです。

それ以上の事は何も無いです。

セミナーとかに通うよりも、身近な人に大きな声で気持ち良く挨拶したり、滞ってしまっている人間関係を解決したり、それからきちんとした日本の歴史をしって、日本国民として本来あるべき姿に戻るべきです。

っていうか、大概の日本人は、本来の日本人の在るべき姿に戻れば、個人としてのアセンションは完了するはずです。

それ以上の事は、私たちの手の届かない話なので、どの状態になったとしてもそれを受け容れ、その環境でまた懸命に生きていくことしかできません。

また同様の内容をこちらの記事でも書いてますので、宜しければお読み下さい。

 

地球のアセンションとは?

スピリチュアル界隈では、あれやこれやとぶっ飛んだアセンション情報が飛び交ってますが…超ざっくり地球のアセンションを説明しますと…

それは、宇宙の波動と地球の波動の同期です。

これが地球のアセンションです。

宇宙の波動と地球の波動の同期=地球のアセンション

であり、

これこそが地球の次元上昇ですが……既にこれはもう完了しています。

最近アセンションという事象を知ってドキドキしている方には申し訳無いですが、スピリチュアルマスターが未来形式で話すあれやこれやはだいたいもう終わった話です。

 

この図で確認ください。

またここら辺のことは下記の詳細記事で詳しく書いてますので、どうぞご確認下さい。

詳細記事↓

さらに詳しいことは、書籍に書いていますので気になる方はそちらでお読みください。

電子書籍は、紙書籍の半額で買えます。

アセンションが騒がれた2012年の宇宙のタイミングを利用しながらも、地球がちゃんとした同期が始まったここ数年の話なのですが、その同期によって起きた変化は定期的にまとめていますので、気になる方は、こちらを読んでください。

 

また、大概なところアセンションマスターとやらは、アセンションすれば幸せが待ってる的な事を言いたがりますが、そういうことではないので気をつけましょう。

またどうしてそういうことになってしまうのか、こちらの記事で詳しく解説してますので、必要な方はお読み下さいませ。

 

多分今年の年末から年度末までにかけて、こういう情報の声がどんどん大きくなると思いますが、そういった情報に流されず、淡々と今日やるべき事をやって、丁寧に懸命に賢く生きていきましょう。

繰り返しますが、私たちがやるべきこと&やれることは、自分のやるべき事をきちんとやり、誇り高く民度高く生きる決心をして、それを心がけて生きること、それだけですから。

ですから、もうすぐお金の要らない時代が来るとかいう口車に乗せられて、無駄遣いしないように気をつけましょう。

なぜなら、スピリチュアルマスターが一様に言っているような事は起きないからです。

ちなみに同様のことは2012年にも語られておりましたが、やはり起きていません。

しかし、彼らの言っていることは起きていないものの、地球は、世界は、大きく変容しております。

その事については、下記の本で詳しく書いてますので、必要であればお読みください。

それでは今日も楽しく生きましょう♪

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

28 件のコメント

  • こんにちは。
    いつも貴重な情報を丁寧に説明して下さり有難う御座います。
    たまたま、昨夜行きつけの書店で
    【竹田恒泰・久野潤著「決定版日本書紀入門」ビジネス社】
    を見つけて買ってきました。
    こちらに書かれている
    【それは、正しい国家観を持つことです。
    正しい国家観を持つためには、日本国の正しい歴史を知る事が必要です。
    (この記事では触れませんが、戦後の日本は敗戦国ペナルティで
    正しく日本国の歴史を知らないまま大人になっているため、
    正しい国家観を持ち合せている人が微々たるものになっています)】
    ですが、
    P13、L11~L14に
    【「日本書紀」の最大の特徴は、やはり「正史である」ということだと伝えています。
    様々な歴史書がある中で「正史」であることは大きな特徴です。
    というのも、「正史」とは国家が編纂する公式な歴史書のことを指します。】
    以前こちらで紹介された古事記を買って読んだのですが、
    同じ著者の方が書かれていらっしゃるので興味をひかれました。
    日本書紀も古事記同様に大切で有ることを教えて頂きました。
    いつも有難う御座います、感謝します。
    竹久様のより良い発展をお祈りします。

    • こんにちは!
      その本読んでないのですが、良さげな本ですよね。
      竹田さんや久野さんなどの地道な努力によって、少しずつ正しい歴史認識の中に立ち返ることができる日本人が増えていることは、本当にありがたいことだと思います。

      スピリチュアルやアセンションの前に、まずは正しい国家観を身につけることの方が第一だと、先に精神世界に染まった私は心から思います。
      特に日本の先人たちが築いてきた歴史は、他国に類を見ない素晴らしいものなので、その国家観に基づいた言動を心がければ、多くの事は解決するはずだと私は思っています。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • アセンションとは、世界人口を減らして地球の重量を軽くすることを言います。
    今の人類の状況とは…?

    ・森林伐採で酸素(空気)を減らし、
    ・水を電気に変えて(電気を作るには大量の水を消費します)、
    ・土は化学肥料で汚れまくり、
    ・途上国では1人の女性が10人以上の子どもを産むので10年後には食べ物がなくなる。

    「虫を食べて食い繋いでいくしかない」というのが政治家の最終決定です。
    『昆虫食』と検索すれば、すぐに真相がわかりますよ。

    しかし、人間の数はもうこれ以上増やさない、赤ちゃんは2人までとすることができれば…。
    全ての事態が好転します。
    つまり、波動が上がる。
    子どもを3人以上持つことは増加を意味しますのでダメです。

    これが真のアセンションの概要。

    • 削除OKの事でしたが、また面倒な詮索をされると嫌なので公開しますね。
      はっきり言いますが、これは陰謀脳そのものですね。
      でも、安村さんは宇宙人とのことなので、また938の霊格だそうなので、未熟な地球人との間に理解の齟齬が起きるのは仕方ないことでしょう。
      安村さんが1人その方向性で頑張ることは止めはしませんので、頑張ってください。
      私は未熟な地球人ですから、このような主張に一切関わりたくありません。
      ですから、今後はお気遣い頂きお知らせ頂く必要もありません。
      お互い違う道で頑張りましょう。
      次投稿頂く時は、新しい発電システムができた時になることを期待しております。
      それでは失礼致します。

  • 新しい発電システムは、マスコミが報道で教えてくれます。
    木内鶴彦さんには好意を持っていらっしゃるようなので、彼のことを信じて待ってあげてください。

    「人間の増加に食料生産が追いつかない!」

    学者が本などで叫んでいる言葉です。
    スピリチュアル本の読み過ぎで、肝心な本を読んでいないみたいですね。
    残念ですよ。
    ついでに言えば、

    波動が上がる=酸素濃度が上がる、です。

    戦後からの70年余りの間で大気中の酸素が5%ほど減っています。
    人間は自覚していませんが、実は人間は日常的に息苦しい思いをしており、かなり呼吸に力を入れています。
    横隔膜を動かすのに相当の筋力を費やしている。
    人間の性格が荒れやすくなっているのはこれが原因。
    力まないと呼吸できないせいで、心がすぐに疲れるからです。

    正直になれば波動が上がるなんて、それこそ陰謀論ですよ。
    百歩譲っても自分自身への催眠術。

    • 安村さんって、全く空気読めないのに、霊格が高いんですよね。
      霊格が高いのに、相手の気持ちが分からないって不思議だなといつも思ってます。
      昆虫食で頑張ってください。応援しています。

      • 酸素と食料の確保を物理的に考えないと助からない状況です。
        精神論は禁物。

        スピ系批判をしていながら、ここ最近のあなたは彼らと同じく精神論を展開しました。
        私の仲間になった人たちは、正しいと信じてきた己の生き様を否定する私の説得に嫌がりながらも耳を傾け、苦しみながら1年がかりでの改心を遂げました。
        スピ系には本物と偽物がいる、そう教えておいたのに悪口ばかり。
        頭にくるのは当然でしょう?
        せめて偽スピと同じ思考回路でなければ、嫌なコメントを書いたりはしなかったのですが…。
        他に方法がないとはいえ、批判自体が波動の低い行為です。
        私の批判に傷ついたのなら、もう少し優しい表現で記事を書きましょう。

        私は引き続き、
        「皆が納得できるよう、もう少し物理的に説明できるようになれ!」
        と、偽物たちを本物に変えていきます。
        彼ら、ちと感覚が狂ってはいますが実力はあるのでね。

        • ではこれでお別れということで。
          ちなみに全く傷ついてはいませんので、ご心配なく。
          今までお読みくださりまして、ありがとうございました。
          さようなら。

          • スピ系人間どもの感覚が狂っているのは事実。
            そこは正しい。
            ならば修正すれば良いだけ。
            敵を作るのではなく味方を増やす、これが霊格の差。

            批判なんて低波動をまき散らしておきながら「波動を高めよう」なんて笑わせてくれる。

          • あなたのコメントをこちらで掲載するのはこれを最後にさせて頂きます。
            以後、掲載されることもありませんし、コメントもできないように対応させて頂きますので、宜しくお願い致します。

            私はあなたを否定はしていませんよ。
            あなたとは道が違うと言っているだけです。
            どうぞあなたが選んだ道を誇りをもって突き進んでください。
            応援しています。

    • 新しい発電システムや酸素濃度の低下が補えるシステムが開発されることを楽しみにしています。頑張ってください。

  • 竹久さん、こんばんは。
    いつも楽しく、興味深く、ブログを拝読しております。
    大変勉強になり、ありがとうございます。
    私は竹久さんの仰る、毎日を丁寧に一生懸命生きていくことの大切さを身をもって実感致しましたので、竹久さんのお話は、私の感覚が間違っていなかった、と、励まされているようで心強いですし、日々、その感覚を強めています。
    ですが、まだまだ私には高次元への憧れ?のようなエゴがございまして、ついフラフラとアセンション情報に引き寄せられる時があります。
    アシュタールさんのツインフレームだと仰る方のブログがあるのですが、読んでいると、スゴいなぁ…と思います。
    竹久さんはどのように思われますか?
    本当であれば、本当にすごいとだと思います。
    https://narudeko-com.cdn.ampproject.org/v/s/narudeko.com/amp/?amp_js_v=a2&amp_gsa=1&usqp=mq331AQCKAE%3D#aoh=15752956838723&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&ampshare=https%3A%2F%2Fnarudeko.com%2F
    でも、私のエゴというか、何かにすがりたい、そんな気持ちで歪んで見てしまっているのか、不安になります。
    最近は、スターゲートやアセンションの事を記事にしてくださって、ありがとうございます。
    きっと、私のようにモヤモヤと悩んでいる人が他にもいるのではないかな、と思います。
    このようなコメントをして、お忙しいところ申し訳ありません。
    もし宜しければ、竹久さんのご意見をお聞かせ願えないでしょうか。

    • おはようございます。
      いつも楽しく読んでくださりありがとうございます。

      頂いたコメントの中にあった人は、お会いした事はないですが、アセンションに興味を持った頃(2011年末~2012年頃)、こちらのブログをよく読んでいました。
      確かこの方は東北の方で、医療関係の翻訳などを元々されていた方だと思います。そして東日本大震災を機に、色々調べていく中で目覚めを体感されるようになり、その後海外サイトで落ちているチャネリング情報をひたすら翻訳され続けていた方だと思います。
      そして2013年くらいからだと思うのですが、同じ事を思っている人たちと共有を深めたいとのことで、セッションやヒプノセラピーなどを始められた方だと思います。
      当時の私は、非常に真面目な方で誠実な方だなという印象を持ちました。
      ただ、チャネリング系ばかりの情報を集めていった結果、日に日に現実的では無い思考に彩られていっているように私には映り、全く見なくなりました。

      そして久しぶりに彼女のサイトを見た感想は、「まるで宇宙語で何をいっているのかさっぱり分からない」です。
      アセンションという事を機に、チャネリングに傾倒していったグループというのは、その想念によって新たな世界を生み出しただけではないかなと、私は思っています。
      身体で表現すると、ポリープとかイボみたいな感じの別のルールの別の空間と言えば良いでしょうか。特段身体に悪影響を及ぼすこともないけれど、存在する事に意味は無いというか、好影響を及ぼすことも無いというか……。そういう感じだと思います。

      とはいえ彼女は悪気もないし、一生懸命なだけだと思います。
      ただ、その先にあるのは、現実に蔓延るものとは別の想念帯で彩られた空間なだけだと思います。つまり、お花畑に移動するだけのことですよね。
      現実世界から移動したお花畑の空間はそれはそれで楽しい事かもしれませんが、現実とは違う事を認識しなければ、いずれ矛盾に苦しめられるだけだと思います。

      私の見解は以上です。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久さん、お返事ありがとうございます!
    お忙しいのに、コメントひとつひとつにお返事される姿に恐れ入ります。感謝します。
    実は、こんな質問ばかりして、厳しいお返事を頂くかもしれない、と覚悟をしていました。
    しかし、親切丁寧な竹久さんの見解を拝読し、モヤモヤがスッキリしました。
    私自身も気づかないモヤモヤの正体を代弁し、言葉にして気づかせて下さり、ストンと府に落ち、納得です。まさにそうだ!なるほど~!と、つい声に出してしまいました。
    確かに、お尋ねした方は、悪い方ではないのに、なぜか引っ掛かるのは、そういうこと(お花畑など別世界を創る)だったんですね~!
    ブログを読んでいると、しょっちゅう着いていけなくなるんです…。
    並木さんの時も、竹久さんに頂いたコメントで冷静になり、離れることが出来ましたし、今回も的確な、しっかり地に足のついたご意見を下さり、竹久さんの冷静な分析力、識別力に救われます。
    本当にありがとうございます。
    竹久さんがいつも仰る、日本人は日本人らしく、毎日コツコツ丁寧に一生懸命生きる、というニュアンスのお話、大好きです!私も賛同します!
    これからも、ブログを含めたご活動を楽しみにしています。いつも応援しています。
    ありがとうございます(*^^*)

    • こんばんは!
      とんでもないです。
      私も頂いたコメントで、かつて参考にしていた人の今を知ることができました。
      教えてくださり、ありがとうございます。

      っていうか……言い方がよくないかもしれませんが、私も一歩間違えばあちら側だったと思う事が沢山あります。
      それくらい精神世界にのめり込むということは危険なことです。
      ですから、極力入り込まないようにしながらも、それを否定しない生き方が一番安全なことだと思い、私は情報を発信し続けています。
      現実世界のしがらみに苛まれている時ほど、精神世界に彩られた世界はファンタジックで面白い世界に見えると思いますが、本気で足を踏み入れてみると実態は違います。
      無理してでもそのような彩られた世界であると言い続けなくては自分を保てないような環境に陥るだけのことです。
      あの世界に入った上で向こう岸(ニルバーナ的な世界)に渡る方が、現実志向の上で向こう岸(ニルバーナ的な世界)に渡るよりも難しいことです。
      精神世界に没頭した方が近道のように多くの人は思われるかも知れませんが、逆です。そっちに舵を切れば、迷い子のお花畑に誘われるだけのことです。
      あちらの世界の方が良いなんて思う必要は、絶対にありません。
      それは身をもって体験してきた私が言うのだから、どうか信じてください。
      こちらの世界で(現実の世界で)、一歩踏み出すこと、一つ成長することの方がどれほど大変で、どれほど労力がいることか。
      私たちは一生悩みを抱えながらきっと生きることでしょうが、それでもこちらの世界が真実です。
      お互い頑張って生きましょう。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • 精神世界にのめり込むのが危険なことは、竹久さんのブログに出会って色々な事を教えて下さり、だんだん分かってきました。
    竹久さんのブログを読んでいると、その時は頭で分かっているつもりになっていても、無意識に私の中で熟成されて、然るべきタイミングで、「あのことって、こういうことだったのか!」と、閃きがわいたり、実生活で心から納得出来るように府に落ちることが多々あります。
    点と点が繋がり、嬉しくなる瞬間です。
    精神世界を否定する訳ではなく、しっかり地に足を着けた生活をしながら、その上で精神世界を勉強することは、心を豊かにしてくれることだと思います。ただ、キラキラしている(ように見える)別世界にのめり込まないように気をつけます。
    まだ私のエゴが正常化出来ておらず、キラキラ彩られた世界に魅せられてしまいます。
    本物というか、本当にすごい世界の話のように見えて、あちらの世界に足を踏み入れてしまいそうになります。
    竹久さんの御著書、『波動とエゴの法則を書いた本』を、これからもバイブルとして熟読していきます。

    ひとつ気になることは、私の妹が最近、アセンションなどに興味を持ち始めたようで、覚醒したい。と言っております。妹は昔から、地に足をつけ、しっかりした生き方をしている印象でしたので、大丈夫だと信じてはいるのですが。
    もちろん、竹久さんのブログをオススメしたり、竹久さんのブログで学んだことを、私なりに理解出来る範囲で話をし、妹が変なスピリチュアルにはまらないように、さりげなく気をつけて、見守っているつもりです。
    妹は、覚醒したら、3次元的な悩みがなくなったり、高次元の存在とテレパシー出来ると思っているような感じがします。
    実は、覚醒がどのようなものか、私自身もよく分かっておりません。
    もし宜しければ、竹久さんが思われる覚醒した状態を教えて頂けますでしょうか?

    • おはようございます。

      安全な覚醒というものは、もみの木さんが感じられている閃きとともに点と点が繋がり、視野が開けるものだと思います。

      ただ、自分の意志や意図ではなく、突然の不思議体験を機に、能力が突如開花するような覚醒を体験することがあります。こちらの方がファンタジックだから、こういう体験に憧れる人の方が多いと思うのですが、間違った方向に行ってしまう危険性も同時に高まるので、憧れたりされるのは危険だと思ってます。
      妹さんが別の世界に憧れを持つということは、単純に今の世界に辟易した思いを抱えすぎているのではないかなと思います。
      そういう思いを携えて精神世界にのめり込むと、状況は必ず悪くなるはずなので気をつけたいですね。

      というのも、もみの木さんが体験するような閃きと供に点と点がつながる感覚というのは、現実に即した中でその問題と向き合っているから起こることなのですが、ファンタジックな世界に意識が傾くと、その最も重要な事が欠落していきます。
      また、波動上昇というのは、もみの木さんが体験されるような地味で地道な事の繰り返しでしか成し遂げられないはずだと私は思っているのですが、ファンタジックな世界に傾く人は、一番重要な地味で地道な作業の繰り返しを怠って、一気に高見に登ろうとします。
      その我欲が、低波動層においては格好の餌となります。
      前にこっくりさんもチャネリングの一つとお伝えしたことがありますが、
      https://takehisayuriko.tokyo/2018/03/18/1475/
      チャネリングはやろうと思えば誰でもできることですが、繋がれる層は自分の持ち合せている波動によって変わるので、低波動のままで繋がったらそれこそ危険です。
      妹さんにそこの理解が伴えばいいけれどなと思いました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久さん、お返事ありがとうございます。
    詳細でご丁寧な解説に感謝致します。
    妹はあれからまた色々調べているようで、現在は、神道と日本語に興味があるそうです。
    フワフワしたスピリチュアルは、あまりしっくり来ていないようで、心配していた方向には行かずホッとしています。頂いたコメントも、参考になりました!ありがとうございます。
    これから妹とは古事記の話なども一緒にしていけたら良いなぁと思っています。

    それと、連日、アセンションの記事をアップして下さり、ありがとうございます。大変勉強になります。
    竹久さんのお話は、読んですぐには本当に理解が出来ていないのか、しばらくして閃きが起こり、府に落ちる瞬間があり、頭の中だけでなく、心から深く納得できます。そのタイムラグがあることも、自分の中では面白く観察しています。
    アセンションのことも、連日記事にしてくださったおかげで、不安が消えていきました。今は穏やかな気持ちで、心がブレたり、ザワザワすることはありません。
    しっかりと自分の中に軸が出来たようです。
    本日の記事、『【アセンション】知らなくてもできること!』もすごく良かったです!
    今の私を肯定して下さるような、勝手にそんな気持ちになって嬉しかったです(^-^)
    これでいいんだ、と、心が落ち着きました。
    これからもシンプルに、人として大切な事、当たり前の事を当たり前に(感謝、挨拶、掃除、笑顔、謙虚さ、思いやりの心などなど)誠実に、コツコツと、毎日を丁寧に生きていきたいと思います。
    たくさんの気付きや、ためになる情報、素敵な記事を、いつもありがとうございます。

    水曜日のいいね!イイネ!のコーナーも毎回楽しみです。竹久さんのご紹介されるものはすごく興味があります。
    本では『日本人に謝りたい』『ラノベ古事記』を購入致しました。竹田恒泰先生の古事記は、図書館で借りて読んでいます。
    他の本も、図書館にあるものは予約中です。
    それと、置き財布にラッキーショップさんの白蛇長財布、普段使いにレザーファクトリーのお財布も注文しました。素敵なものをご紹介下さり、ありがとうございます。届くのが楽しみでワクワクしています。

    いつも応援しています。
    2020年が、また素晴らしい一年になりますように、ご健康とご活躍とご多幸をお祈り致します。

    • こんばんは!
      妹さんの展開良い感じに早いですね!!
      神道と日本語に興味が向いてくれたと知り、嬉しくなり、素直にほっとしました。
      後は竹田恒泰先生にアタッチメントすれば、変な方向に行くことはないはずなので、楽ですね。
      一度でも竹田先生の情報に触れたのなら、世のスピ系の話(特に神社系や神話系の話)の浅はかさに気がつけるので、早く竹田民になってもらえることを祈ります。
      もし機会があれば、妹さんに竹田先生の「古事記の窓」を教えてあげてください。
      https://www.youtube.com/watch?v=7AHJxdCPF6E
      ここで開眼したら、よっぽど変なスピ系に入り込むことはないでしょう。

      それからイイネイイネを楽しみにしてくれてありがとうございます。
      一番この記事が悩んで書いているので、楽しみにしてくださっていると知り嬉しい限りです。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。
      それでは良いお年を♪

  • 連投すみません。
    私は、スピリチュアルにはまって追いかけていた時より、毎日コツコツ、自分のやるべきことをこなし、丁寧に生きている時の方が、心の穏やかさや、何とも言えない、心が晴れやかな清々しさを感じます。これははっきりと実感するので、竹久さんのお話はかなり府に落ちます。
    何気ない日常や、人と話している時に、竹久さんの言葉が降りてきて、ハッとして、「そういうことか!」と納得したり、ブログ記事が実生活にリンクすることがあり、深い気付きを得られ
    、あれもこれも、と、パズルがどんどん繋がり、理解がさらに深まり楽しくなっていきます。しみじみと、神道は宇宙だなぁ、すべてと繋がるなぁ、と思います。

    • いえいえとんでもないです。
      私が書き綴った言葉を真摯に受け止めてくださり、有難いし恐縮の限りです。
      閃きや納得は、もみの木さんが理解しようと心がけてくれたからこそ起きたことだと思います。
      本当にありがとうございます。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。
      私も頑張ります☆

  • コメントがエラーになったようなので、再度コメントします。同じような内容が重複していたら申し訳ありません。

    先ほど連投している間に、すでにお早いお返事を頂いておりました。ありがとうございます!
    妹には以前、竹田チャンネルや古事記の窓などを紹介しておりまして、面白い、と観てくれているようです。スピリチュアルをきっかけに、神道と日本語、日本人の素晴らしさに興味を持ってくれて嬉しい限りです。妹は元々、保守的な考えを持っていましたので、竹田先生のお話も気に入ってくれています。

    それと、竹久さんの愛読書や愛用品などを紹介して下さったら嬉しいなぁ、と思っておりましたら、タイミング良く、イイネ!イイネ!のコーナーが始まり、とても嬉しかったのです。
    これからも楽しみにしております。
    いつもありがとうございます。

    • 大丈夫ですよ!これだけ届いてます☆

      もう妹さんは竹田民なのですね!!
      それはそれは!素晴らしいことです。
      年末のうちに私も悩みの一つが解決した感じがして、素直に嬉しいです。

      こちらこそどうぞこれからも宜しくお願い致します。
      それでは良いお年を♪

  • 妹のこと、ご自身の事のように喜んで下さり、ありがとうございます。こちらのサイトのお陰で、私も変な方向に行かずに救われました。
    アセンションの記事のお陰で、スッキリとして気持ち良く年が越せます(^-^)
    来年も宜しくお願い致します。
    よいお年をお迎えください☆

  • おはようございます。

    妹のこと、ご自身の事のように喜んで下さって、ありがとうございます!
    竹田先生の古事記の窓やその他のお話、面白いですよね。日本の事を知るのに、色々と勉強になります。これからも、地に足をしっかりつけて生きて行こうと思います。

    ありがとうございました。

    • おはようございます。
      とんでもないです。
      こちらこそこれからも宜しくお願いします。
      昨日の夜ご投稿頂いた分とこちらとまとめてお返事させて頂きました。

      いよいよ後二日で令和元年も終わりです。
      来年も良き年になるようお互い地に足をつけて生きましょう。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 今朝、昨日のコメントがエラーになっていたようなので、再度似たようなコメントを送信してしまい、失礼致しました。
    コメント欄の一つ一つに、真摯なお返事ありがとうございます。
    こちらのコメントには返信不要です。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください