【続報】バイデンさんの笑ってはいけない帰り道♪

この間の週末、大統領に就任されてから初めての帰省をしたバイデンさん。

行く道中も、乗った飛行機が通常のエアフォースワンは別の機体であったことから物議を醸しましたが…

【大統領格付けチェック!】バイデンが乗った飛行機は、大統領専用か否か?

2021年2月7日

帰り道はもっと大変な事になっていました!

 

事故車、レッドカーペットなし、VIP仕様じゃない機体…どいうこと?

週末故郷デラウェアに帰省されたバイデンさん。

↓ワシントンから出発する時のバイデンさん↓

スーパーボウルを故郷デラウェアで見終えて、無事にホワイトハウスに戻ってきました。

ただ…デラウェアから帰ってくる時の映像が、あれもこれも「笑ってはいけない」仕様になっていてですね…大変なことになっております!

その事を今日はお伝えします!

まずこの写真でお気づき頂きたいのは、帰り道もVIP機体ではなかったということ。

さらにもう一つ注目頂きたいのはタラップ。

後ろのタラップにはレッドカーぺっトがあるのに、バイデンさんが使う前方にはカーペットがありません(笑)

実際にバイデンさんはカーペット無しのところを歩かされ、つまずいちゃってます(^^;)

こんなことどう考えてもあり得ない事ですよね!

さらに指摘するべきところはあって、バイデンさんが乗って来た車が酷い(笑)

汚れている上に、事故車。

 

しかも要人を乗せるバッハとかじゃなくて、庶民が乗ってる車(笑)…空港内だけの仕様なのかもしれないけれど…それでもこれは酷い。

さらに言っとくと、護衛の人の服装がなぜかジーンズ↑

も一つ言っとくと、ホイールなしじゃない?この車。

これもあり得ないことですよね。

いやはやもうここまで来ると、ちゃんと気がつけよ!と言っているようにしか見えません。

またこのツッコミ所満載の帰り道の珍道中は、下記の動画でしっかり検証してくれているので、気になる方はこちらの動画を確認ください。

この動画を見た方の感想はこちら↓

実はデラウェア到着の時にもなかったレッドカーペット

後序でなんですが、情報探ってたら、デラウェアに到着した時の映像もありました。

↑この時からレッドカーペット外されていたんですね(^^;)

ここまで来ると、可哀想になっちゃうのも人の性ってものでしょうか(笑)

それでも「たまたまじゃない?」って思う人もいるかもしれないけれど、大統領に対してこんなたまたまは絶対あり得ないものでしょう。だって、こんなポカしたら普通は即失職じゃないですか?

しかも、到着でも忘れ、出発でも忘れるなんて意図的以外のなにものでもないですよね。

それでもバイデン擁護側は、この情景を肯定するがために、指摘した人たちをデマゴーク扱いするんでしょうが、この擁護いつまで持つかな~(´д`)

「もう無理!」の限界すれすれまで来ているように私は感じていますよ♪

 

 

それでは最後のお口直しで、トランプ大統領のタラップシーンをどうぞ♪

いろいろ違いますね~。

こういう当り前の普通がバイデンさんの時には欠落するって、やっぱりあり得ないですよね。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください