【展開ハヤッ!】心屋、FBやめるってよ

不倫宣言から、やることなすこと完全に裏目に出ているとしか言いようがない心屋さん。

そんな心屋さんから今度は、FB止める宣言飛び出しました♪

 

ネタが尽きない心屋さん。

年末、心屋さんが不倫宣言をしてからというもの、私のブログは心屋さん追跡ブログと化しちゃってますが(^^;)

こんなに立て続けに記事上げる予定などもちろんなかったんですよね。

単純に、心屋さんが不倫宣言した後の流れが面白かったから記事にしただけで、それだけで終わる予定だったんですよね。

↓ちなみにどんな流れなのかは、こちらの記事で確認を↓

【予言的中?】心屋コミュが内部崩壊してるみたい!

2019年12月31日

そして、そこからネタが飛び出して仕方が無いことが立て続けに起きておりまして、その度にネタにさせて頂くことが続いています。

↓その他関連記事はこちら↓

 

心屋、FBやめるってよ

ということで、本題。

先ほどFBチェックしたらこんな記事に出くわしました。

FBアカウント削除するそうです。

あらあら……いろいろあったんでしょうね。

お察し申し上げます。

心屋塾も急いで新体制を築いているみたいですしね…いろいろあるんでしょうね。

ただ、この新体制、日本語としていろいろとおかしいと思うのは私だけでしょうか…。

心屋塾の体制が変わります!という題名で始まって…

  • 心屋塾から「卒業」がなくなります

というのは分かります。

だけれども……

  • 「家族」に憧れがありました
  • 個人で生きる時代!
  • 理想は縄文時代の生き方?

 

これ新体制の説明?一体何なの?と思うのが一般の人でしょう。

それから「心屋塾から「卒業」がなくなります」というのは、一般の人が見たときに、永遠に受講生から搾取する気満々なんだなと思われるのがオチだと思います。

誰のどこ向けのプレスリリースか分かりませんが、少なくともこのプレスリリースで新規獲得はより壊滅になったと言えるでしょうね。

塾の体制が変わるという言葉の後に、連なれたこの言葉↓を見て、

  • 心屋塾から「卒業」がなくなります
  • 「家族」に憧れがありました
  • 個人で生きる時代!
  • 理想は縄文時代の生き方?

興味が沸いてしまう人というのは、よっぽど心屋さんに心酔している人に限られると思います。

逆に言えば、心屋さんに心酔している状態が浅ければ浅いほどドン引きの境地に陥るんじゃないかなと私は思いました。

プレスリリースの文言すらきちんとできない心屋塾、一体これからどうなることでしょう……。

そんなことは、もちろん私には知る由もありませんが、とにもかくにも少しずつの引退宣言を心屋さんははかられているようです。

アメブロ卒業も待ったなしでしょうかね。

その方が心屋さんにとっては自由を手に入れられる気が私はするのですが、どうなることでしょう。

芸名心屋仁之助から本名に戻って、心機一転できた方が、身も心も軽くなるんじゃないかと私は思うのですが、如何でしょう。

心屋さんは、心の専門家に心の相談をするべきでは?

とにもかくにも、心が弱っていることはブログをみていてもFBをみていても間違いのないことなのだろうなと思います。

ちなみにこのFB記事↓、知人はこれ見て、完全に壊れたんじゃないかと心配されてました。

心屋さんは心の専門家ということですが、世の中的にきちんと資格を得た心のスペシャリストである医学専門の方に一度見て頂いた方が良いかもしれないですよ。

早期解決は、何事も問題を大きくしない一歩ですからね。

下手なプライドはこのさいかなぐり捨てて、きちんと心のリハビリをされるのが心屋さんにとって一番良いことなのではないかなと私は思います。

ご回復されたおりには、普通の人として生きられますことを、心密かにお祈り致します。

 

追記(2020/1/13)

読者さんから教えて頂いたのですが、

「卒業がなくなるというのはジェニーさんの一件から『認定講師を名乗るかどうかは自由』になるということだそうです」

受講したら卒業できないという意味ではなく、認定講師の離脱を防ぐ(揉め事を減らす)やり方なのかなと思いました。

またポッドキャストで実際にお話を聞かれた読者さんは「素人ごっこレベルの心屋流カウンセリングを看板隠して心理カウンセラーとしてやって商売しちゃうのかなーと心配になりました。」とのことでした。

まぁそれにしても、プレスリリースとしては難あるどころか、話を聞けばもっと難があることが露呈するのが心屋式といった感じですね。

 

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

8 件のコメント

  • 今晩は。
    そうなんですねー、
    でも 不倫の噂が沈静化したら
    必ず戻ってくるという確信がありますね、
    だって、happyちゃんや子宮系女子も
    結局 戻ってきたじゃないですか。
    一度脚光を浴びると中毒になるんだって
    わかりました。そういえば、
    関野あやこさんという バシャールで
    一儲けした女子がいました。
    最終的に ワクワクで散財して
    倒産した人なんですが、
    今回はアセンションビジネスで
    また一儲けしてるようです。
    やめられないんですよ、結局、
    甘い汁味わっちゃうと。

    • おはようございます。
      モナさんの見解に一票です!
      辞めるって言った後に、やっぱ辞めないのが彼等の基本でしたよね。
      ですから、モナさんの見解通りの展開に落ち着くんじゃなかろうかと、私も思います。

      関野あやこさんは、図書館にバシャールとの対談本があって読んだ事があります。
      驚く程中身がなくてひどい本だったのですが、バシャールで一儲けできたんですね。
      でも、倒産ですか……。ありがちな展開ですね。
      そして、先ほど初めて彼女を検索してみたら、ガッツリアセンションビジネスやってましたね。
      ビジネスやる前に2012年の総括をしてほしいものですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • ポッドキャストで配信しているラジオの説明でしょうかね?
    本で言うところの目次のような。

    家族に憧れ、個人で生きる、理想は縄文時代?
    って、なんのこっちゃって感じですね(^^;;

    • おはようございます。
      多分ラジオで話した項目なんだと思います。

      ほんと滅茶苦茶ですよね(笑)
      支離滅裂感がスゴイことだけは、聴かなくても想像できちゃいますね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 心屋氏のことは好きではないですが
    さすがに失礼かなと思いつつも
    下記の無料姓名判断サイトで「心屋仁之助」と入力してみたら
    本当にその通りの人生を送っていらっしゃるような印象ですw

    そういう点からみても
    自分で名乗ってるわけですから自業自得ではないかと。

    おっしゃるように本名(知らんけど)戻すか
    人に奉仕すると運気が上がる様な名前に改名した方が良いように思われます(*´∇`*)

    https://enamae.net/

    • おはようございます。
      shoichiさんがリンクしてくださったサイトでお名前検索してみた所、私もその通りの人生を送ってらっしゃるような印象を受けました。

      ちなみに自分の事もやってみたら、言い当てられている印象をうけました。
      姓名判断ってスゴイですね。

      教えてくださりありがとうございました。
      これからも宜しくお願い致します。

  • ゆりさん、こんばんは。
    心屋氏がTwitterを始めてTwitterもブログも大荒れです。
    もちろん都合の悪いツイートは削除か非公開にされましたがwブログも消すかも?です。

    さもありなんですが、ゆりさんの予想通り、心屋氏はお金払ってネットのアンチ対策してたようです。
    「心屋の悪い評判がネットに流れないようにそういう対策にもお金もかけてきたし」とブログに書いてました。

    なんというか…カウンセラーと名乗りながら言動が残念です…(^^;
    予想通りどんどんひどくなっていきますね。
    気持ち悪いのでちょっと遠目で見ることにします。

    • おはようございます!!

      Twitterやブログ見てきました。
      もう何がなにやらなくらいに、訳が分からなくなっている様子ですね。

      私も児童虐待の法改正は、働き方改革並の愚策を思っている一人ですが、この児童虐待の法案の制定となるきっかけに実は心屋ロジックというものが大きく影響しているのではないかと考えています。
      実際、心屋さんのメソッドに嵌まった主婦たちが子供を虐待しているというお話しはもの凄く多いですものね。
      そういった現状から、このような愚策を作らざるを得ない事になってのではないかという邪推がある中、当の本人はその部分について全く理解されておられないことがよく分かりました。

      その上、心が止められないほどのアンチ批判。全く心が自由になっていなかったことを露呈する惨状に、さらにドン引きする人は多いでしょうね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください