【心屋仁之助】あなたは世間から叩かれるために生まれてきたのでは?

虐待肯定をしたとされる発言で、絶賛炎上中の心屋仁之助さん。

「心理学ではなく新興宗教」精神科医が、人気カウンセラー・心屋仁之助氏の「娘叩く母」肯定を斬る

心屋さんのメソッドに沿えば、そもそも心屋さんが反論することの方がおかしいと思うようになりましたので、追加記事を書きます。

↓関連記事↓

 

叩かれた子供は、叩かれる為に産まれてきたと言ったのは心屋さんでしたよね?

こちらのブログによくコメントをくださるひでぽんさんは、いつも私の盲点を突いてくれる指摘をしてくださいます。

本日お寄せ頂いたコメントをそのまま引用しますね。

どんなもんかと思って、心屋氏のブログを見に行ったら、よっぽど自分に対する批判には打たれ弱いのか、読むに耐えない記事を書いていますね。いつもは、割とこの手のブログは淡々と読んで笑ってるのですが、本当に生理的に気分が悪くなりました。
多分、彼は(世間から)叩かれるために生まれてきたんだから、気にすること無いのにねぇ(笑)

最後に残してくださったこの言葉を見た時、

彼は(世間から)叩かれるために生まれてきたんだから、気にすること無いのにねぇ(笑)

ファーーーーー―っと、私は開眼した気持ちになりました。

ひでぽんさんありがとうございます!!

確かにそうですよね。

 

だって、心屋さん、娘を叩いてしまう自分を責めて相談してきた母親にこう言ったんでしょ?

「キミの娘さん叩かれるために生まれてきたのよ だから、叩きたくもないキミを動かしたのよ」

つまり、叩く側には罪がないってことですよね?

 

叩いた母が悪いわけでも無く

叩かせたような気持ちを作らせた娘が悪いのでも無く

そもそも叩かれる人は叩かれる使命を持って生まれてきたということになりますね。

 

心屋ロジックに沿えばそのようになるはずですよね。

 

ですが、ロジックをお伝えしたはずの心屋さんの行動はおかしいですね。

 

私もあの後少し心屋さんのブログを読ませて頂きましたが、

「俺は悪くない」

の一点張りでしたよ!

 

あなたが相談してきた女性に伝えたメソッドをそのまま受け入れれば、

心屋さん、あなたも叩かれるために生まれてきた

ことになります。

 

そして、叩いている側には全くの罪はないはずなのに、どうしてでしょう。

わたし、あなたたちのこと
悪く言ったり、攻撃したり、
不利益を与えた覚え、
いちども無いんですけど?
なんでこんなに攻撃されたのかな?

 

なぜ、自分のことは

叩かれるために生まれてきた

と思えないのでしょうか。

 

娘を叩いた女性に対してあなたはこう返答していますよね。

「キミの娘さん叩かれるために生まれてきたのよ だから、叩きたくもないキミを動かしたのよ」

 

であれば、私も心屋さんにこう言いましょう。

 

心屋さんは叩かれるために生まれてきたのよ だから、叩きたくもない私たちを動かしたのよ

 

まずは、心屋さんはご自身が発信した言葉を元に、今ご自身の身の上に起きていることに説明する必要があるのではないのでしょうか。

 

心屋さんのご指導に沿えば、今心屋さんに起きていることは

心屋さんは叩かれるために生まれてきたのよ だから、叩きたくもない私たちを動かしたのよ

となって間違いないと思います。

 

今日も、心屋さんにお読み頂いていることを期待します。

そして、是非私の疑問にお答え頂くことも期待しております。

 

心屋さんは叩かれるために生まれてきたのではなかったのですか?

だから、多くの人が叩きたくもないのに動かされてしまっているのではないのですか?

だとすれば、非難されることに反論する必要などどこにもないと思いますが、

どうしてあなたは、被害者面して叩いた相手を非難するのでしょうか。

どうかお答えください。

 

↓事件関連記事↓

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

8 件のコメント

  • たびたび拝読させていただいております。

    以前は会社勤めしていた時に、
    某炎上屋さんの本を中毒の様に次々買い読み漁りブログを毎日見ておりました。
    講演会や、心屋さんの弟子?のセミナーも行っておりました。
    でも退職後、きっかけは覚えてないのですが家で日中読んでいる内に段々と「??」となり
    読んでてモヤモヤしてしんどくなってきて、ブログから遠ざかり本も全部捨てました。
    心屋の事を客観的にみている所が無いかと探していたら、こちらの竹久様のブログにたどり着きました。

    スピブログの事を分析され、読解力が乏しい私にも分かるように痛烈に記事にしてくださり感動しました。

    最近は、別の所へ勤めており転職後は一切心屋ブログは見ておりませんでした。
    が!最近炎上していることだったので久々に面白半分で覗きましたが・・、
    ほんと胸やけみたいなムカムカし気持ち悪くなって引きました。

    ほんま信者にならんで良かったーー!!と一言言いたかったのでコメントさせて頂きました。

    失礼いたしました。

    • コメントありがとうございます。
      理解の一助になったとのお言葉を頂き、素直に嬉しく思います。

      ぶっちゃけ、あのブログ気持ち悪いですよね。スピ系の誰より、心屋さんのブログが一番気持ち悪いと思うのですが、一番人気ですから不思議です。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • ゆりさん、おはようございます。

    私は信者ほどではありませんが、いっとき心屋さんの本やポッドキャストをチェックしてました。
    一度だけ講演を聞きに行ったことがあります。
    たしかに楽になった部分はありました。

    講演では冗談っぽく、でもはっきりと「心屋は宗教ですから。」と言ってました。
    「心屋は宗教みたい」と言う人は、なにを言ってもそう思うんだから、だったら「宗教ですよ」と言えばいい。
    「自分が楽になればいいんだから」
    みたいな感じで。

    わたしも心屋経由でゆりさんの偽スピ記事に出会いましたが、ゆりさんの政治の記事で日本を取り巻く世界状況を知ったら、自分だけ楽になるようなスピリチュアルはぶっ飛んでしまいましたw

    噂なんで、真偽のほどはわかりませんが
    心屋さんは元奥さんと離婚したのはDVだったと前にネットの記事でよんだことがあります。(前の奥さんとの間に男の子がいたとのこと)
    もしそうだとしたら、「子どもは叩かれるために生まれてきた」という発言も、自分のために言っているような印象をうけました。

    その記事を検索しても出てこなくて、信憑性はないので不適切であれば、非公開にしてください。

    • いつもコメントありがとうございます。

      まつりかさんが心屋さん経由で訪れてくれたなんて、逆に驚き!!!今まで気がついてなかったです。
      講演で「宗教だ」という事を言うのは、ある種催眠商法と言われてもしかたないと思います。だって、宗教という言葉の扱い方も、自身を被害者に見立てて人の同情を買い、さらに宗教という設定すら肯定させていくということですよね。本当に口が上手いんだなと思いました。

      ちなみに私も、元奥さんとの離婚はDVだったとネットのどっかで見たことがありますよ。割とこれ心屋サーチした事がある人の共通認識な気がします。それから、まつりかさんが仰る通り、人を叩く事を肯定する感覚として心屋さんにはそのような思いを持ち合わせているのかもしれませんね。

      このブログに出会って、虎ノ門ニュースを見てくれる人が増えて、自分の思い描いていた世界との違いに気がついてくれる人が増えていて私も嬉しいです。
      私は、朝日新聞縮小団の手助けはできていないので、虎ノ門ニュース拡張団として頑張っていこうと思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • おはようございます。

    心やのDVは、昔の某テレビ番組の中でご本人が話してましたよ。
    離婚原因は、僕の暴力だと。
    ま、他にも原因があったでしょうけど。

    • 重要な情報ありがとうございます。
      やっぱり、奥様との離婚原因はDVだったんですね。

      サイコパスでDVな教祖さまって、さらに破壊力が凄いですね。

      教えてくださり感謝致します。

      • 何度もすみません。

        暴力もそうなんですが、確か彼は佐川急便で働いてたように話してたな~と、記憶してたのですが、ちゃんと確認しようと思ってネット検索してみたら、ビジネス心理学?と言うタイトルのブログ内で、やはり彼は佐川急便で19年間働いてたみたいですね。

        他にも詳しく記事にして下さってますよ。
        宜しければ、訪問してみて下さい。

        • そうそう、佐川急便で働いてたというのは、よく語っていますよね。
          業界大手である大企業ですから、佐川急便という名前を頻繁に出すことで、相手に安心感を与えようとしているのかなって、いつも私は思っていました。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください