【2021】死んだはずの人が蘇る年になる?

今年はいろいろと「まさか?」な事が目白押しになる気配です。

どうもアメリカでは、死んだはずの人が蘇ったりするイベントが多数起きそうです。

 

まさかに思えるあれやこれや…アメリカでは通常運転みたい

「死んだはずの人が蘇る」なんて話は、にわかに事実として受け容れがたいですが……

これは黄泉がえりとか

いま、会いにゆきますとかみたいに

ガチで死んだはずの人がこの世に再び蘇ったり、現れたりするという怪現象の話ではありません。

 

アメリカでは「(本当は生きてるけど)死んだことにしちゃう」っていうことが多々あるみたいで、そういう死んだことにされていた人達が今年一気に蘇ってしまうという大イベントが起きるみたいです。

ではなんでアメリカでは「(本当は生きてるけど)死んだことにしちゃうのか」ということですが、「死んだことにしないと、本当に殺されちゃうから」からみたいです。

私も今回の米大統領選と向き合うまでこのようなアメリカの現状に全く気が付いていなかったのですが……アメリカって(言葉悪いですが)簡単に人を殺してしまうというか、口封じや脅しのための殺人って滅茶苦茶横行してるみたいなんですね。

っていうか、これが世界のスタンダードであって、日本だけがやたら長閑なだけかもしれませんが、「命を狙われる」と言った時の危険度が日本とは桁違いというか次元違いであることはさすがの私も理解しました。

以前、ヒラリー夫妻に関わるとなぜか死んでいく人が多いというNEWSを取り上げたことがありますが…

ヒラリー夫妻だけの特別な話ではなく、DS(ディープステート)に関わる事案ではこういうことが横行するのかどうやら世界のスタンダードのようです。

 

さて……生き返るのは誰か…。

ということで…今ネットで「生き返りそう」と話題になっている人をご紹介します。

それは、エプスタインとJFKジュニアです。

エプスタインとは、あの子供たちを誘拐して、そしてエプスタインが所有する島(通称:エプスタイン島)にてその子供たちを隔離した挙げ句、子供たちを拷問したり性的危害に遭わせたりしていて昨年再逮捕されたものの獄中で自殺したと言われている方です。

↓詳しくはこちらの記事で↓

【陰謀論じゃないんです 】今「陰謀が暴かれていってる」んです。

2020年11月28日

 

先日っていうか大晦日の日にトランプ陣営の弁護士・リンウッドさんが「エプスタインは生きてる」とTwitterで呟いてから、この話でネットは持ちきりでして…いつエプスタインが現れるのかという話になっています。

現在生きているかどうかはっきりしたことは分かりませんが、わざわざはっきり言及するということは「生きている」んでしょうね。

 

それからJFKジュニアについては、以前よりQ界隈で話題になっていた話でして…

トランプ大統領の応援に常に駆けつけるヴィセントフスカさんが「JFKジュニアではないか」と囁かれ続けています。

正直私には彼がJFKジュニアかどうかなど分かりっこないのですが、こちらについても「そろそろ公に登場する」という情報がひっきりなしに起きています。

 

いやはやどうなるかは分かりませんが、アメリカの内情を知れば知るほど、あっておかしくない話だなと私は思うようになっています。

 

去年も充分に世界はひっくりかえりましたが…今年はさらに世界がひっくり返るイベント目白押しになる予感です。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください