【台湾総統選】おめでとうございます!

少し遅くなりましたが、土曜日(1/11)に行われた台湾総統選のことについて話します。

 

良かった台湾!頑張った台湾国民!

一昨日行われた台湾総統選は、蔡英文総統が再選を果たされました。

得票数は817万と1996年以降の直接総統選で最多で、投票率も74.9%と、16年の前回選挙を9ポイント近く上回ったそうです。

日経の記事タイトルにも書かれていますが、香港情勢が追い風になったことは間違いないと思います。

中国に気を許したら、香港のようになるだけだと台湾国民が気がついたのでしょう。

去年の今頃は、蔡英文氏の再選はないだろうと言われていただけに、ほっとします。

とはいえ、北京側の人(韓国瑜さん)も500万票を超える票数を獲得しており、台湾全体の38%は親中側の人という見方もできます。

せめぎ合いはまだまだ続くでしょうが、台湾の皆さん頑張ってください。

それに蔡英文氏の再選早々、習近平は脅しをかけていますが…

どうか負けずに頑張ってください。

 

っていうか、日本政府はもっと台湾をちゃんを応援して欲しいです。

習近平を国賓として招こうとしている場合じゃないですよ!!

 

沖縄、北海道のみんなは気がついているだろうか……

ということで、なんとか窮地を凌いだ感のある台湾ですが、もちろん油断はできません。

また、油断できないのは日本も同じです。

特に国境線となる沖縄や北海道において、中国の工作が盛んなことは先日お伝えしたIR汚職の実態でも見えてきていることです。

こちらのイラストはネットで見かけたもなのですが……ずばり言い当てていると思います。

この事実にまずは民がしっかり気がついて、そこに対して声を挙げていくことが何より必要じゃないかなと思ってます。

経済だの、人権だの、老後だのなんだの言ってますが、有事となれば全て水の泡です。

そして有事にならないためには、常に国防意識を持つことが大事なのですが、はっきり言って沖縄行政も北海道行政も当てになりません。

なんなら行政は傀儡化しているとも言えると思うので、その辺きちんと国民が理解して対応していきましょう。

ちなみに沖縄の石垣島は国防最前線ということもあって市長や議会は頑張っているのですが、自衛隊が来てから県外の工作員の諜報活動が激しさを増しているようですから、気は抜けません。

中国が内部から瓦解してくれれば良いなとは思いますが、なかなかそうはならない実情が目の前に転がっているので、とにもかくにも気を引き締めていきましょう。

 

なんで朝鮮半島だけ、半島読みをしなくてはならないのか。

ちょっと話はそれるのですが、蔡英文(さいえいぶん)さんって、中国読みでは(ツァイ・インウェン)と読まれるのですね。

先ほどの記事を読んでいて初めて知りました。

よく考えたらキンペーもシー・チンピンが本当の読み方なんだから、違って当然なんだけれども……

今の日本って、なぜか半島人だけ半島読みにこだわるよね…。

金正恩でキムジョンウンだし、文在寅でムンジェインだし、金妍兒でキムヨナだし。

なんで半島人だけ半島読みしなきゃいけないんだろうね。

これの方が良く考えたら差別だよね。

だって台湾や中国の人は、日本語読みにしてるんだから、同じように半島人の人も日本語読みした方が良いように思うわ。

金正恩はキンショウオンでいいし

文在寅はブンザイトラでいいし

金妍兒はキンケンジでいいと思う。

わざわざ半島読みする必要ないよね。

なんだかおかしいなと、思いました。

 

話はなんか逸れてしまいましたが、改めまして

 

蔡英文総統!再選おめでとうございます!

 

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

2 件のコメント

  • いつも楽しみに見させて頂いてます。勉強になります。

    蔡英文総統の再選、ホッとしております。台湾は日本の災害の際は、いつもいち早く協力を申し出てくれます。台南市では日本兵を祀ってくれているそうです。本当に有難いですし、台湾国民はちゃんとした感覚を持っているんだな、と嬉しくなります。

    死神(中国)のイラスト、分かりやすいです。周囲の人に見せようと思います。

    • こんばんは。
      いつも楽しみにしてくださり、ありがとうございます。
      台湾は八田与一さんを始めとして、台湾に貢献した日本人のことを日本人以上に大事にしてくださってくれているだけでなく、その感謝を今も尚持ち合せてくださっていますよね。
      私には、台湾の方が私たちの祖先のことを大事に思い続けてくれたからこそ、気がつくことができた史実が沢山あります。
      そのほんの少し先にある沖縄は、左翼の工作によって多くの事が葬り去られており、間違った認識を持つ人も多く悲しくなる時が多いです。
      沖縄タイムス、琉球新報、八重山毎日新聞と、少ない情報しか手に入らない場所で偏った情報の持つ威力の強さには、本当に辟易します。

      あのイラスト分かり易いですよね。是非見せてあげてください。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください