【無能すぎるいじめ対策】「さん」付けでいじめが減る?バカだろ!

子供のうちから距離をとる事ばっかり教えて、コミュニケーション能力は育まれるんだろうか。

 

どうしても付け焼刃にしか見えないんだよな。

最近こういう系↓のニュースをよく目にする。

小学生の子供たちに「さん」付けを強要するやつ。

ちゃんや君ではなく「さん」

そして、あだ名は禁止。

これってどうなんだろうね。

 

ちゃんや君は男女平等の流れからやめてとこうって流れだと思うんだけど、それもどうなんだろうね。

ちゃんや君で呼ぶのって、幼馴染ならではって感じがするし、ちゃんづけについては男女関係ないと思う。

 

私は幼馴染に「こうちゃん」って呼んでいる男の子がいて、今は小学校の先生をしてるんだけど、たまたま生徒連れてる彼とすれ違った時に、向こうが「ゆりちゃん」って声かけて、私が「こうちゃん!」って声をかけ直したら、普段は苗字に先生で呼んでる子供たちが、目を合わせて不思議そうな顔をした後に、大爆笑になった思い出がある。

多分普段の先生のイメージからして「こうちゃん」って呼ばれていることすら考えられなかったんだと思う。

私の場合は大人になってもあだ名で呼ばれているケースが多いし、名字で呼ばれる時は大概呼び捨て、唯一のさん付けは、取引先か前の会社の後輩たちなんだけど、仲良い後輩は大概「タケさん」決して「竹久さん」とは呼ばない。多分「タケさん」のが仲良さげな感じがするから、後輩たちはそっちを選択してくれてるんだと思う。

てな感じで呼ばれる音の響きで、人間関係って見えてくるもので、そういう人間関係のイロハみたいなものは小さい頃に友達と遊んだり喧嘩したり、成功したり失敗したりする中で育まれると思うんだけど、幼少期から「苗字+さん」統一になると、そこら辺の匙加減が分からなくなっちゃうんじゃなかろうかっていう心配が個人的にある。

っていうより、確実に「さん」付けした方が人間的に距離がでるので、本音を話せる距離みたいなのが分からなくなっちゃうんじゃないのかな?って思う。

とりあえず「さん」付けすれば、各々かしこまった距離感で過ごすようになるから、校内の雰囲気的には「いじめがなくなった」っていうことになるかもしれないけど、これで本質的な問題が解決できるはずもないから、別の場所にその反動が出るようになっていくんじゃないかなって思う。

 

大人がいじめばっかりしてたら、なくなるわけないじゃん

っていうかさ、毎年毎年「いじめはなくそう」ってスローガンでいろいろ頑張ってるように見えるけどさ、一向になくならないよね。

それってさ、そもそものシステムに問題あり、っていつ気がついてくれるんだろうか。

↓詳細はこちらで↓

3-8.学校教育と共産主義の親和性

2019年4月18日

システムの根本見直ししたら、職にあぶれる人が大量に出てくるから、みんな目を逸らしてるんだろうけど、解決しないのはそもそものシステムに難ありだからだと思う。

その上、大人たちが常日頃から誰かをいじめているからだと思う。

特にメディアや文化的知識人たちや左翼議員のいじめは分かり易く酷い。しかしもっと酷いのは、当人たちにいじめをしている感覚がないことだ。

そういう彼らが「いじめをなくそう」とスローガンを言ったところでなくなるはずもない。

だって、いじめの火種はいつも彼らが握っているのだから。

 

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください