【案の定www】法案見送りで…焦る枝野!

昨日言っていた通りの展開が始まっていて、笑いました。

↓昨日の記事↓

【胸熱展開】検察庁法改正案見送りで、激しい内ゲバ始まるかも!

2020年5月18日

 

言った通りの展開になってて…ぶっちゃけ草。

昨日の記事で「法案見送りになったら、国家公務員の定年も含めて見送りなるだろうからもめるだろうな」と書きましたが……

やっぱり揉め始めましたね(笑)

 

これ、人としての感覚があれば普通に気が付くものだと思うのですが、特定野党さんは気が付かなかったってことなんでしょうね(^^;)

昨日から突然、「国家公務員の定年延長は通して!」と無理くりな論を展開し始めます。

見送りが濃厚になって初めて事態の深刻さに気が付いたのでしょうね(笑)。

ちなみに、17日までの枝野のハッシュタグは「#検察庁法改正案の強行採決に反対します」、「#週明けの強行採決に反対します」「#20日の強行採決に反対します」でした。

しかし、見送りの報道が出た18日から「#検察庁法改正部分は切り離し」に切り替わりました。

見送る事が想定外だったんでしょうね(笑)

っていうか、そもそもまとめ法案で運用しているのだから、切り離す方のが難しいでしょうし、本当に検察庁の法案だけ切り離したいと言うのなら、活動の最初の段階で適切にそのことを市民にお伝えするべきだったでしょう。

もちろんそんなことはしていなかったですし、「強行採決と言う名の法案成立に確信を持った上での印象操作だった」からこそ、突如「切り離して!」と言いだしたんでしょうね。

 

しかも、今回の国家公務員の定年延長に基づき、地方公務員もそれに応じて定年延長する予定でしたから、日教組も含めた全国の公務員労働組合からもの凄い怒りの声が届いていることでしょう。

↓詳細はこちらで↓

ふざけんじゃないよっ!と。みんな怒って当然ですよね(笑)

 

だから、慌てて「国家公務員の定年延長は賛成」とか言い出しましたけれども……この文言で拍子抜けした賛同者も多かったんじゃないのでしょうか。

だって、あれだけ民主主義の危機だの、三権分立の危機だのって煽っていたのに、蓋を開けたら「公務員の定年延長だったの?」って思う人多数だと思いますよ。

 

ここで「騙された」と気が付いた芸能人も実は沢山いるんじゃないのかなぁって思ってます。

 

だって、枝野が昨日から始めた「#検察庁法改正部分は切り離し」でチェックすると、上がってくるのは大概こういうTweet。

抗議活動のためにハッシュタグを使っている人はほぼ見かけず、いたとしてもガチ信者だけで、大多数は上記のようなTweetばかりです。

 

それでも枝野さんたちは、「まとめ法案で見送ることは民主主義に反する」とか言い出すのでしょうが、どう考えても枝野さんがしていることの方が憲法違反ですよね。

職業によって差別することになるのですから、憲法違反ですよね。

それでも「検察庁だけはしてはいけない」と言うのなら、それ相応の理由を上げて頂かないといけないのに、出てくるのは「黒川さんは安倍さんと仲が良い」とか曖昧な理由。

「安倍総理と仲が良いと悪い人」という思考性は大変危険な差別主義者の論です。

また、安倍総理自身は、黒川さんと個人的な付き合いなどそもそもないそうです。

では、黒川さん自身がそんなに悪い人なのかというと、やはりそうでもないどころか…評判の良い人みたいですよ!

おかしいですよね。

特定野党のしていることは、黒川さんに対する人権侵害ですよね。

 

政治は国民主権を守るためのものです。

それから……杉村太蔵さんのように擁護している芸能人がいる裏で、外国籍の芸能人がなぜか黒川さんの辞職を求めてますね(^^;)。

水原希子さんが黒川検事長の辞職要求の署名をTwitterで呼びかけておりました。

↓これ↓

水原希子さんは一見日本人のように見えますが、アメリカ人と韓国人の方の間に生まれたハーフで、アメリカ国籍です。

選挙権はありません。有権者でもありません。

さも日本人のように活動していますが、さり気なくディスカウントジャパンを繰り返すことでも有名な人です。

日本のことをさげすむ外国人が日本人のふりをして政治に介入し続ける。この方が問題じゃないですか?

【身に染みる…】芸術は、豊かで平和な時にできること。

2020年4月10日

しかも水原さんが呈示した署名活動は「全国の市民、市民グループ、諸団体のみなさま」と書かれています。

ちなみに政治で「市民」と言う時、それは日本国民以外の人も含む意味合いで使われます。

つまり、在日外国人の存在に呼びかけているという意味であり、このような行動は外国人による日本の政治介入を意味することでもあります。

とうことは、日本の政治が、主権のない外国人によって決まるということでもあるわけで、この方がよっぽど日本の民主主義の危機と言えるのではないのでしょうか。

政治の根幹は何より「主権を守ること」です。

民主主義の国であれば、民主主義によって主権を守り抜くだけのことです。

 

今回の騒動は検察庁が中心となっていますが、昨日の記事に書いたとおり「本丸は倒閣」です。

一部の在日外国人の方にとって、安倍総理が憎き相手であることも、改めて露呈したと言えるでしょう。

さて一部の外国人の人にとって、安倍政権で困る事情とはなんでしょうね(笑)

とりあず国民としては、水原希子さんがはりきる方向とは逆選択が無難でしょう。

こんな感じで外国人勢力が張り切ることは考えられますが、どうあがいても枝野が袋小路に入ったのは事実だと思うので、彼等の扇動に煽られることなく冷静に対処していきましょう。

個人的な感覚では、今回の騒動は一昨年年末韓国が犯したレーダ照射事件とくりそつな展開になるのではないかなと思ってます。

↓詳しくはこちら↓

【レーダー照射から満一年】今日は日韓離間記念日

2019年12月20日

レーダ照射事件後、日本国民が韓国の主張に耳を傾けなくなったのと同様、特定野党や活動家の皆様の言うことは相手にされなくなるだろうなと思ってます。

 

今朝の記事で左という概念がなくるまで後数年と書きましたが……もっと早いかもしれませんね!

㊋終わる!政治を右左で語る時代

2020年5月19日

ますます波動乖離が進みますね!

 

それでは♪皆さん良い午後を♪

 

年に一度の無料セミナー!現在ネット受講生のみ募集してます

自宅からでも参加できます。年に一度ですから、是非ご参加ください☆

 

本を発売しています。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

4 件のコメント

  • 今回の件、表側しか知りませんでした。中身を知ったらなるほど〜と唸ってしまいました。
    情報をたくさん見ても、中身が伴わないと、意味がないと痛感させられました。

    ところで、水原希子さんの件ですが、若いのにそこまで考えて行動してるという事はかなり頭が切れるのでしょうか?また、指示を出してる人が周りにいるのでしょうか?

    • こんにちは!
      指原さんが仰っていたように、政治の話はすぐに飛びつかず考えてみる時間は必要ですよね。

      水原さんは、元々ご本人が反日だと思いますよ。
      ですから切れるというより、活動家な一面があるだけだと思います。
      もちろん周囲にも反日活動仲間が沢山おられると思いますよ。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • その黒川さんですが、テレビの報道によると、自宅に剃刀の刃入りの手紙が来たらしいですね。
    はっきり言って、一番の被害者なのでは・・・。
    それにしても、司法のプロにこんなことするなんて、何を考えているのだろう、と、思います。

    • こんばんは!
      教えてくださりありがとうございます!
      えぇぇぇぇぇ!!!!!!って感じですよね。
      一番の被害者は黒川さんですよね。
      以前、加計学園問題の時に元愛媛県知事の加戸さんが、正直に発言をしてもぞんざいな扱いを受けたことをふと思い出しました。

      立憲民主党がしていることが、一番のイジメであり、ハラスメントだと思います。

      本当に酷いですよね。
      今回のことで検察も敵に回した立憲民主党にはどんな未来が待っているのでしょうね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください