【レーダー照射から満一年】今日は日韓離間記念日

今日は、一年前にあの事件(韓国海軍レーダー照射問題)が起きた日です。

早いもので、あれから一年が経ったのですね。

記念の日ですからおさらいしておきましょう。

 

レーダー照射事件って何?

かれこれ一年前の話なので、すっかりレーダー照射の事が頭から抜けてしまっている人もいるかもしれません。

そのため簡単にですが、去年のこの日(12/20)に起きたレーダー照射事件をおさらいしておきましょう。

レーダー照射問題とは?

2018年12月20日15時頃、能登半島沖の日本海において韓国海軍の船が、海上自衛隊の飛行機に対してレーダーを照射したと日本政府が抗議したことに端を発した、日本政府と韓国政府との間における一連の問題です。

なぜこれが問題になったかというと、レーダー照射された事について、日本が韓国に確認すると「レーダー照射なんてしていない」と言いだし、その後も韓国がとんでもない嘘を繰り返しついてきたからです。

具体的なやり取りはLINE化してくれた内容が一番わかりやすいと思うので、貼りますね。

人は誰でも間違うことがあります。

ですから嘘でも「誤って照射してしまった」とでも言っておけば、ここまでの問題にならなかったのですが、

なぜか韓国は「照射なんてしてなかった」の言い分から始まって、「日本が悪い」「日本のせいだ」「僕らは被害者だ」という立ち位置にどうしてももっていきたいという気持ちがあったために、どんどんおかしな方向に自ら舵を切っていきます。

「日本が悪いという証拠があるんだぞ!だから今のうちに謝罪しろ」と言ってきたこともありました。

実際上がってきたのは、なんの証拠にもならない雰囲気でごまかしたトレーラーみたいな映像。

しかも使っている映像は日本の自衛隊のもの。

この一連のやり取りで、韓国を好意的に見ていた人の流れも大きく変わりましたね。

この一年の世論変化はスゴイ!

それから今までこのような情報はマスメディアが第一発信者となる形で表に出ていたのですが、この案件を機に大きくその流れが変わりました。

防衛省がyoutubeに直接動画をアップしたことは、マスメディアを通さなくても情報を世界に発信できる事が顕わとなった一例とも言えます。また防衛省が日本のメディアを信頼していない事も暗に示唆したものであるとも言えます。

 

そして、この件で大きく振り上げた拳を降ろす先が無くなってしまった韓国は、雪崩を打ったかのように、おかしさが増してきます。

そして日本の世論も様変わりして、レーダー照射から半年後には、今までとは真逆の世論になりました。

そこに付け加えるように起きたのが、韓国のホワイト国排除。この話が表に出たのは、大阪G20直後のことです。

そして、そこからの常軌を逸した行動のあれやこれやは、もはやレーダー照射を忘れさせるほどの惨事となり…もはや日韓関係は誰もが修復不可能と感じるようになりました。

改めて振り返ってみても、ほんとうにこの1年の出来事はとてつもなかったですね。

そして、この一年ほど世論が真逆の変化を見せることもなかったです。

日韓の問題はまだまだ山積みですし、それに今後の半島情勢次第では不法移民が多発することが考えられるだけでなく、対馬が竹島のようにのっとられてしまう可能性だってあるので、今まで以上に緊張の面持ちで日韓を見つめなくてはいけないことは分かっているものの……かれこれ5年ほど日韓関係を見つめていてイライラしていたあれやこれやが一気に消滅していったように思います。

少なくとも韓国勢力による日本中枢のっとりだけは、阻止できたように思います。

それに韓国内部で韓国を改めようとする声が広がっているのも大きな変化だと思ってます。

【日韓関係】波動乖離ができて初めて起きる同期

2019年9月28日
まぁそれにしても、本当にこの一年の変化は大きかったです。

どんどん常識がひっくり返っている事を意識して、時代の波に乗っていきたいですね♪

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください