㊎実家の両親のバトル ~教えて!波動相談室~

金曜日は「教えて!波動相談室」のコーナーの日です。

こちらのコーナーでは、読者の方から寄せられた質問に、波動の見地からお答えしていきます。

また、波動の見地からお答えするものの、これは私の個人的見解にすぎません

ですから、これだけが正解ということはもちろんあり得ませんから、「意見やアドバイスの一つ」として参考にして頂き、その上で自らで答えを見つけて頂けたらと思ってます。

どうぞ、この点お含み置き頂きました上、お読みくださいませ。

実家の両親のバトル

本日頂いたお悩みは、「実家の両親のバトル」です。

50代女性・かんころさん(主婦)から頂いた質問です。

ではまずは相談内容をご紹介致します。

いつもブログ楽しみに読ませて頂いてます。波動にとても興味があり、ゆりこさんのブログで日々勉強させて頂いてます。

ところで、実家の両親なんですが母が病気の為か父への当たりがかなりひどく、父も負けてない人なのでけんかが絶えないようです。

それを私が実家に行くと母から延々と悪口を聞かされます。 母は長女で、上には兄がいたのですが家出や亡くなったりで自分が一番上の立場になり下の妹弟をしきっていました。父親も早くに亡くし母親も頼りない人だったので気を張って生きてきたのだと思います。

今病気になり父に甘えたいのでしょうが父も両親を早くに亡くし一人っ子なのであまり人の気持ちをくむ事ができないようです。

私も母の愚痴を聞いてやればいいのでしょうが、父も親なので不憫になることもあります。 2人の波動に飲み込まれないようにふかくしてみようと思ってるんですが、いつもザワザワした気持ちで帰ってきます。

どのように対処したらいいのでしょうか。 是非アドバイス頂きたく投稿させていただきました。 よろしくお願い致します🙇

それでは、かんころさんからのご質問にここからお答えしていきます。

また今日のお答えポイントは以下2点とさせて頂きます。

今日のお答えポイント

①両親が「変わらないと!」と思わないことには変わらない

②ザワザワも親孝行です

この2点に沿ってここからお答えしていきますね。

①両親が「変わらないと!」と思わないことには、変わらない

「二人暮らししている両親が、どうも年々仲が悪くなっていることに、頭を悩ませている」とのこと。実はこのお悩み、私の周辺でもよく聞きますよ。ですから、同じような悩みを抱えている人たちって結構多いのではないかと思います。

親からしてみれば、子供がいた時は、子供がいたことで気が紛れ、子供が巣立ってからも定年までは、昼は別行動できたのに、高年になると四六時中一緒にいなきゃいけないことでお互いのストレスがたまってしまうのではないのでしょうか。

そういうストレスがたまって、年々不仲になってしまう高齢夫妻って結構いるように思います。

ちなみにうちの家も、基本母の当たりが強くて、その結果父も当たりが強くなって、父が病気に伏すまではかなり喧嘩が絶えない家でした。

とはいえ現在は父が障害者ということもあり、前のようなバトルには発展はしないのですが、今も母の当たりの強さは基本変わりません。母は意識して抑えているつもりのようですが、9割型変わっていません。

母をかれこれ7年ほど観察して分かったことなのですが、還暦過ぎて性格は変わらないし、変えられないんじゃないかなと。逆に性格を変えようとすると、極度の混乱に陥って、上手く生活ができない状態に陥る可能性も高そうと感じるようになり、変化を求めなくなりました。

ですから、私はそこら辺は諦めて(親が喧嘩しなくなることは諦めて)、高度なスルースキルを身につけて、基本我関せずを貫いています。

両親が喧嘩しないようになってくれるのは、子供にとっては有難いことなのですが、そこに辿り着くためには、両親の性格を変えてもらう必要がどうしてもでてくるはずです。

でもそれが究極に難しいと言える実情が転がっているので、その点ふまえて、付き合い続ける事が良策と言えるんじゃないかなと私は思ってます。

 

②ザワザワも親孝行です

両親それぞれの気持ちが分かってあげられている、かんころさんは凄いなと思います。

そしてお互いの気持ちが分かり、でもどうしてあげることもできないなという気持ちもあって、毎度ザワザワした気持ちになって帰ってくるのだと思うのですが、

これを波動の観点で見ると、「親と調和してあげたからこそそのような気持ちになった」と言えます。

図にするとこういう事ですね。

かんころさんは解決を求めているとは思いますが、少なくともかんころさんが両親それぞれのお話しを聞いて上げることで、ご両親の気持ちはそれまでよりは楽になっていると思います。

また解決はできなくとも、上記図のように自分の波動を両親に渡しています。

そして、両親二人の問題について、子供ができることはこれが精一杯で、これが最大の親孝行なのではないかなと思います。

ですから、これから両親と会ってザワザワしたら「親孝行したわ!」と思ってしまって良いのではないかなと思います。

気を揉むことは続くと思いますが、敢えて解決を求めないことで、ただただ両親のストレスを受け止めることだけが仕事と思って取り組まれた方が良いのではないかなと私は思います。

 

ということで、今日の波動相談室は以上となります。

かんころさんのご質問に答えられたでしょうか。

どうぞこれからも宜しくお願い致します。

 

 

また来週の相談室は、ももんがさんから頂きましたお悩み、「見下される自分の波動について」を解説したいと思います。

 

それではまた来週お会いしましょう♪

 

あなたのお悩みお待ちしております。

こちらのコーナーでは皆さんのお悩みを受け付けております。

ご相談がある方は、下記リンクの「相談室ポスト」からご投稿ください。

相談ポスト

 

4 件のコメント

  • ゆりこさん、今回相談を取り上げて頂いてありがとうございます。
    とてもわかりやすい説明で私のモヤモヤがかなり晴れました。
    そうですよね、80年近く養ってきた性格は変わりませんもんね。
    これからも解決を求めず、受け止めていき親孝行します。
    確かに私が遊びに行くと”元気になるわぁ~”と喜びます。
    それでいいんですね。
    ありがとうございます。ゆりこさんから元気もらえました。
    これからもブログ楽しみにしています。

    • その言葉に私が救われました。ありがとうございます。
      今回の相談が、今まで解答してきた中で、最も解決にならない解決の方法を書いたと自覚していたので、どう思われるのかすごく気になっておりました。
      だから、モヤモヤがかなり晴れたとお聞きし、私も嬉しいです。
      私たちは存在している事が既に親孝行で、まずは親より長生きすることだけでも充分親孝行で、親の気持ちを汲み取って上げられたら充分親孝行な気がします。
      それでも親のあれこれは気に障る事が多いはずですが、明るく生きていきましょう。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • ゆりこさん、いつも楽しく拝読させていただいています。今回のテーマ、私も母の愚痴を聞く事に毎回ザワザワしていました。嫁の愚痴、親の愚痴、際限ありません。ついつい余計な事を言わない方がいい、などと説明することもありましたが効果は当然なく、いつもとても疲れて帰っていました。
    でも、ザワザワは親孝行なんですね。波動の図でものすごく納得がいきました。ありがとうございました😊

    • おはようございます。
      いつも楽しく読んでくださりありがとうございます。
      納得されたとのこと嬉しいです。
      親の事はみんな悩みが尽きないと思いますが、上手く付き合っていきましょう。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください