【大村愛知県知事】あいつの検閲って一体何だ?

先週名古屋で行われていた「あいちトリカエナハーレ」。

折角の地元開催だったので行きたかったものの、私は旅に出ており伺うことができませんでした。

ただ、大村愛知県知事が見事に罠にひっかかった模様で、すごく話題になりましたね。

トレンドから少し遅れて記事を上げるのはどうかな?と思ったのですが、地元愛知においては見逃せない話なので記事にします。

 

あいちトリカエナハーレって何?

先週の日曜日(令和元年10月27日)、一日だけの無料開催で「あいちトリカエナハーレ」は、名古屋駅近くにあるセミナービルの一室で行われました。

どんなイベントか端的にいうと、「あいちトリエンナーレ『表現の不自由展・その後』」のパロディです。

開催直後から物議を醸した「あいちトリエンナーレ『表現の不自由展・その後』」の作品を違う角度で造って見たらどうなるだろうという芸術作品展示会でした。

超ざっくりですが比較する図作ってみました。

展示物のパッと見そっくりでしょ???

あれ(表現の不自由展)が許され芸術と主張されるのならば、こっち(あいちトリカエナハーレ)も芸術と認めてもらって良いと思います。

っていうか、表現の不自由展って単なる生ゴミですら芸術として出展されてましたからね。

この生ゴミの出展にすら税金がかかっているなんて、正直意味不明なのですが、それがまかり通って芸術という言論統一をされてしまったのが「あいちトリエンナーレ」であり、そのあまりの酷さを違う形(パロディ)でそのまま表現してみたのが「あいちトリカエナハーレ」と言えるでしょう。

しかしながら、我が愛知県知事は、この「あいちトリカエナハーレ」」に対して、すっかりご立腹のようです。

 

検閲しちゃいけないってあれほど言ってなかったか??

この展覧会はたった一日だけ行われたイベントだったのですが、相当大村県知事はご立腹のようで

大村氏は「明確にヘイトに当たる」「(展示内容が)分かった時点で、中止を指示すべきだった」と主張し、この政治団体への法的措置も含めて対応を検討する考えを示した。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191102/dom1911020002-n1.html

そうです。

ちなみにトリエンナーレの時に「表現の不自由展その後」が問題になった時はこう言ってました。

公権力を行使する人が『これはいい、これは悪い』というのは検閲行為。憲法違反の疑いが濃厚だ」

憲法21条は、いっさいの表現の自由を保障している。検閲してはならないとしている

「税金でやるからこういうことをやっちゃいけない、範囲が限られるんだというのは逆。行政、国、県、市、公権力を持ったところだからこそ表現の自由は保障されなければならない。税金でやるからこそ21条はきっちりと守られなければならない」

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-08-06/2019080615_01_1.html

トリエンナーレの根本的な問題は、そもそも表現の自由などと言う問題とはかけ離れた所に本質的な問題がありました。

それは「税金・公金・行政主催でやることか?」ということです。

トリカエナハーレは、税金・公金は使われていないし、行政主催でもありません。

大村知事の以前の主張からすれば、充分「表現の自由の範疇の出来事で、尊重しなくてはならないこと」と言えるでしょう。

しかしながら、彼は「(展示内容が)分かった時点で、中止を指示すべきだった」と言ってしまったのですよね。。

ホントお前が言うな!ですよ。

二度とこの人だけには投票しちゃいけないなと思った県民も多いことでしょう。

とはいえとにかく選択肢がないのが愛知県なので、次の知事選はちゃんとした人が出馬してほしいです。できれば河村名古屋市長が出馬してほしいです。

 

ダブスタビジネス遂に窮地へ

また、今回の出来事で彼らの主張が如何にインチキでダブスタなのか、多くの国民が知る事になりました。

それだけでなく、「トリエンナーレ」という芸術祭のビジネスモデルそのものが、彼ら(反日活動家)の生活費の為に行われていることも、どんどん露呈してくるようになりました。

そのため文化庁も潔く対応を変える方針を示すようになりましたし、

隠れて行われていた別の日本ヘイト展も即時見つかり、対応方針の変更も出るようになりました。

ほんと…多くの国民が知らなかっただけで、こういうビジネス構造が完全に確立されてしまっていたのだなぁと思うと…「情けない」としか言いようがないですが…あいちトリエンナーレでこのような実態が表沙汰になったことで、彼らのビジネス構造が瓦解に向かっていることは「良し」としたいと思います。

それに名古屋市は、津田大介を検事と民事で訴えてくれましたしね。

一方で大村知事は文化庁や「あいちトリカエナハーレ」を訴えると息巻いてますけれどね(^^;)

しかし、騒げば騒ぐほど大村県知事の支持率は確実に落ちているはずですよ。その事実にも気がつけないのでしょうね。

彼を救うのは潔く謝り、自身の不徳の致す所を認めることに尽きます。しかし、もう彼にはその道すら残されていないほど追い詰められているのだと思います。

ご愁傷様です。

とりあえず「あいちトリカエナハーレ」によって、愛知県知事がまたその周辺に集まる人たちが、いかにダブスタでインチキな論法で、圧力的な言論統一を図ろうとしているのか如実に理解できるようになってよかったです。

とはいえ、他のトリエンナーレでも見逃せない事が目白押しなので、みんなで注視し続けていきましょう。

 

関連記事一杯あります。

関連記事いっぱい置いておきます。

こんな馬鹿馬鹿しいこと愛知以外に飛び火させないために頑張りましょう。

 

本を書いてます。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

4 件のコメント

  • 私が嬉しいのは、竹久さんを含む愛知県民の方が怒っている事ですね。
    「流石は愛知、織田さんや秀吉さん利家さんを排出した土地柄だなぁ」と思っています。
    確かに河村さんだと未来は明るいですね。
    どの県も首長の選択肢は少ないのが悩みですね。
    ただ時間は掛かりますが、着実に良くなって行くと感じています。

    • こんにちは。
      社会の波動が高くなるにつれて、日本の内部の問題点が浮き彫りになってくるはずだと思っておりまして……ですから、愛知県もふくめ最近各県の知事について国民の目が向かうようになったのは、社会全体が高い波動で生活し始めれた現われかもしれなないなと思ってます。
      もちろんこれで終わりではなく、次々に国内問題が溢れてくることになるのですが、一つずつ国民みんなで力を合わせて善処していき、住みやすい穏やかな社会になるように頑張っていきたいですね。

  • 取り上げて頂いてありがとうございます。

    相変わらず桜井さんは頭がよくて、おもしろい方ですね
    来年は都知事選にも立候補するそうです。
    チマチョゴリ姿が、目に焼き付いて忘れられないです(笑)
    この日は金髪のカツラ着けて津田さんのコスプレした方もいました(笑)

    大村さんが法的処置を検討するとの報道に怒った日本第一党は大村さんを訴えること決定したそうです。
    まさか桜井さんが一番最初になるとは(^_^;)
    もし愛知知事選が始まれば日本第一党から候補者も出す考えだそうですよ
    もちろん河村さんでも良いとは思いますが。

    さてこの前のコメントでも書きましたがこの日この建物の
    別の階で在日の福祉を考えるシンポジウムが同じ時間に行われていたんですが、なんとこちらは愛知県の後援が
    ついていて本来は2週間前に申請出さないといけないのに
    たった6日前の申請で後援がついてるんですよ!
    あいちトリカエナハーレは1ヶ月前に申請出さないと後援は無理だと愛知県に突っぱねられたのにおかしいですよ

    • こんばんは!

      更なる情報提供ありがとうございます。
      在日の福祉を考えるシンポジウムに愛知県の後援とかホント考えられない!やめてほしい。
      っていうか、大村知事は基本在日擁護派というかかなりの移民推進派です。
      それが私は前から嫌で嫌で嫌で仕方なかったのですが、代わりになる候補者もいなかったので仕方なく投票していました。
      本当にもうこれっきりにしてほしいと、知れば知るほど思います。

      これからも何か気がついたことあったら是非教えてください。

      これからも宜しくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください