【体感しよう!】今のメディアは、第二次世界大戦中と同じ事をしている。

メディアが今していることって、第二次世界大戦中の戦時革命と全く同じに見えます!

 

「やる」と言えば「やめろ」、「やめろ」と言えば「やれ」…その心は…。

メディアの節操の無さは昔からとはいえ、最近の節操の無さは酷いとしか言いようがないですね。

たとえばGoto。

Gotoキャンペーンを行っている時は「Gotoのせいで感染が増えている」と大キャンペーンを張り、政府がGotoを中止したのなら、今度は「経済ガー観光地ガー」と政府批判を展開する。

本当に節操ないよなと思いますが、これがメディアです。

ちなみにこのような手法はGotoだけに留まらず、報道全てに利用されています。

今絶賛推進中のワクチンもそうですよ!

今メディアはワクチンを絶賛推進しているので、ワクチンを人々に打たせる前までは「人の命が~、政府がしっかりしていなから~」と騒ぎ立てて、とにかく急いで打たせようとしています。

でも、既に世界のあちらこちらからこのワクチンの危険性が叫ばれています。というより、ワクチンというものはそもそも副作用で悩まされる人が一定数現れるものですから、必ず二次被害があるものです。ですから、こんな状況下の中でワクチンを大多数に打たせたのなら、副作用などの二次的被害が出るのは言わずもがなでしょう。

でも、そんな話を一切無視しメディアは勢いよく推進しようとしています。

それはどうしてか、ぶっちゃけこのワクチンで被害が出た方がオイシイと思ってる部分もあるのではないかなと私は思ってます。

だって、ワクチン被害がでたのなら、それをネタに政府を揺さぶることができちゃいますから。

ですからその場合は、マスメディアは「政府のせいで~」と騒ぎ立てて、ワクチン訴訟を画策したり、この問題で政局を動かそうとするでしょう。

ほんとどうしようもない存在だなと思われるでしょうが、メディアの大半はかつての時代(特に朝日は戦前から)から、そういうものです。

問題解決をする気など、さらさらないのです。

彼らはいつだって問題解決する話を必死に止めにかかり、逆方向へと誘導するのが仕事といえます。そして、逆方向へと誘導した結果、トラブルが出たのなら、それを好機と捉え政権批判に展開していくのがお仕事なんです。

オリンピックの森さんの話も、はっきり言ってこのパターンですよ。

彼らは最初から解決する気などないのです。

解決させずに、世の中を混乱させ、国民を疲弊させ、その上で革命を起こすことが狙いなだけです。

そのために情報が悪用されているだけの事なんです。

どうか、そこに気が付いてください。

 

戦時革命をやればやるほど、墓穴を掘っている彼ら

それでも以前の時代と比べて、幸運と思えることがあるとするのなら、今の時代の情報流通はマスメディアだけに限らないということです。

そして、そういう時代がかれこれ10年以上続いているため、マスメディアに触れない人口も増えたし、また見ていたとしても冷めた目で見ている人が増えています。

ゆえに、メディアの論調に熱狂的になるケースがあからさまに減っていると言えるでしょう。

これが過去の時代と見比べた時の現代の幸運と言えるべきことでしょうね。

 

また池上さんのように、総バッシングを受けるケースも増えています。

【気づいて♪】池上彰の言い訳こそが「陰謀論」

2021年2月9日

 

しかも、今や主要メディアは軒並み赤字産業です。

【噂はガチ】想像以上にフジテレビは、お金がないらしい!

2020年1月6日

かつてのような上り調子の時代は既に幻であることは彼らも認識しているでしょう。

それでも、こびり付いてしまった体質のせいなのか……やればやるほど嫌われる行動を止めることができないようです。

ただ、この必死のもがきが、さらに彼らの寿命を勢よく縮めているようにも見えます。

ですから、今起きていることは、彼らの最後っ屁だと思って傍観して見る事が一番の策だろうと私は思いますが、人はヒステリックな状況に置かれれば置かれるほど、思考能力が欠如され馬鹿馬鹿しいことに扇動されやすくなります。

ぶっちゃけ今の日本の混乱なんて、まさにその状況と言えます。

ですから気をつけてほしいですし、なんなら日本の大掃除は未だ始まっておらず、これからです。

 

ゆえにもっと腹立たしくヒステリックになることが待ち受けていると思いますが、そこに乗っかったのなら、戦時革命に荷担したことになるのでどうかお気をつけを♪

しかもそういう人に限って、後から人のせいにするものです。

 

だから面倒臭いです。

 

ということで、どうぞ今一度、伊丹万作氏の「戦争責任者の問題」を読んで、現状と照らし合わせてみてください。

【リフレインされる…】伊丹万作「戦争責任者の問題」

2020年11月8日

びっくりするくらいに、今とかつてが合わさって見えてくると思いますよ♪

そして、思考能力が欠如した人間の浅ましさや醜さが分かると思いますよ。

いろいろ腹立たしいことはあると思いますが、とにもかくにも傍観するようにして、私たちは新しい時代の畑を耕すことに精を出していきましょう。

それではまたね♪

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

2 件のコメント

  • 日本の事でないと中々実感がわかないところで、
    今回の竹久さんの記事、参考になります。また、
    https://twitter.com/max358japan/status/1359077572789764099?s=20
    この記事を見て、真相はわかりませんが、富士山になんて事を!と思いました。

    そしてコロナワクチンについて、
    https://t.co/ENTfMGSuzo?amp=1
    を読んで、私の頭には響きました。

    ネットを普及させて、コロナで家に閉じ込めて、ワクチンを打ち、
    人間をコントロールするのが、目的なんじゃないかと思っています。

    それと同時に、いろいろな事が頭の中に広がり、過去の情報が繋がってきました。
    メディアはシャットアウトして、いろいろな本を読みたいと思いました。

    人間であるとは一体どういうことか?・・・

    • おはようございます。
      記事紹介してくれてありがとうございます。
      突飛もない話に見えますが、どちらも可能性は否定できないなと思っています。
      特にコロナワクチンに関しては、状況を見ていてその可能性のが高いように思います。

      私は人間とは、星の波動を管理維持する役目だと思っています。そう思えてしまうのは、私が波動に注視してしまう特性からに因るものでしょうが(^^;)
      これが地球に生まれた地球人にしかできないことだと思って頑張って生きています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください