【リフレインされる…】伊丹万作「戦争責任者の問題」

実は数日前から、伊丹万作の「戦争責任者の問題」が頭の中でリフレインし続けております。

ですから、伊丹万作の「戦争責任者の問題」を改めてご紹介したいと思います。(※伊丹万作さんは、伊丹十三監督のお父様です。)

 

メディアの情報を信じてる人は…また騙されるんだろうね…。

あまりに筋違いとしか言いようがない日本の報道を目にするたびに、私の中では伊丹万作さんが終戦直後に寄稿された「戦争責任者の問題」が頭の中でリフレインされてしまう事態が続いております。

 

あぁ…あの時も同じように入り口から間違った情報に民が扇動されて、そしてその情報が事実として動いた挙句…大変な思いをしたんだなぁと………、今までとは違う感覚で伊丹万作さんの言葉が入ってきてしかたがないです。

 

ということで、伊丹万作さんが書き残された「戦争責任者の問題」がどんな文面だったのか一部ご紹介したく思います。

伊丹万作 「戦争責任者の問題」より

[冒頭省略]
多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はつきりしていると思つているようであるが、それが実は錯覚らしいのである。たとえば、民間のものは軍や官にだまされたと思つているが、軍や官の中へはいればみな上のほうをさして、上からだまされたというだろう。上のほうへ行けば、さらにもつと上のほうからだまされたというにきまつている。すると、最後にはたつた一人か二人の人間が残る勘定になるが、いくら何でも、わずか一人や二人の智慧で一億の人間がだませるわけのものではない。

 すなわち、だましていた人間の数は、一般に考えられているよりもはるかに多かつたにちがいないのである。しかもそれは、「だまし」の専門家と「だまされ」の専門家とに劃然と分れていたわけではなく、いま、一人の人間がだれかにだまされると、次の瞬間には、もうその男が別のだれかをつかまえてだますというようなことを際限なくくりかえしていたので、つまり日本人全体が夢中になつて互にだましたりだまされたりしていたのだろうと思う。

[中略]

いうまでもなく、これは無計画な癲狂戦争の必然の結果として、国民同士が相互に苦しめ合うことなしには生きて行けない状態に追い込まれてしまつたためにほかならぬのである。そして、もしも諸君がこの見解の正しさを承認するならば、同じ戦争の間、ほとんど全部の国民が相互にだまし合わなければ生きて行けなかつた事実をも、等しく承認されるにちがいないと思う。

 しかし、それにもかかわらず、諸君は、依然として自分だけは人をだまさなかつたと信じているのではないかと思う。

 そこで私は、試みに諸君にきいてみたい。「諸君は戦争中、ただの一度も自分の子にうそをつかなかつたか」と。たとえ、はつきりうそを意識しないまでも、戦争中、一度もまちがつたことを我子に教えなかつたといいきれる親がはたしているだろうか。

[中略]

 いくらだますものがいてもだれ一人だまされるものがなかつたとしたら今度のような戦争は成り立たなかつたにちがいないのである。
 つまりだますものだけでは戦争は起らない。だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起らないということになると、戦争の責任もまた(たとえ軽重の差はあるにしても)当然両方にあるものと考えるほかはないのである。

 そしてだまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。
 このことは、過去の日本が、外国の力なしには封建制度も鎖国制度も独力で打破することができなかつた事実、個人の基本的人権さえも自力でつかみ得なかつた事実とまつたくその本質を等しくするものである。

 そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。
 それは少なくとも個人の尊厳の冒涜、すなわち自我の放棄であり人間性への裏切りである。また、悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚である。ひいては国民大衆、すなわち被支配階級全体に対する不忠である。

 我々は、はからずも、いま政治的には一応解放された。しかしいままで、奴隷状態を存続せしめた責任を軍や警察や官僚にのみ負担させて、彼らの跳梁を許した自分たちの罪を真剣に反省しなかつたならば、日本の国民というものは永久に救われるときはないであろう。
「だまされていた」という一語の持つ便利な効果におぼれて、一切の責任から解放された気でいる多くの人々の安易きわまる態度を見るとき、私は日本国民の将来に対して暗澹たる不安を感ぜざるを得ない。

「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。
[以後省略]

全文はこちらから↓

 

日本は、第二次世界大戦に突入する前から始まっていた支那事変(日中戦争)において、どう考えても間違いだった南進論が正しいと解釈されてしまいました。そして、それこそが正義だとする世論も多勢となり……日本は終わらない戦争に突入していってしまったのですが……そんなあの時と今が、どうも私には重なって見えるのです。

そして間違った道を進んだ挙句、終戦後多くの人々が発した言葉は「騙された」だったのです。

今の米国大統領選の国内世論の現状を見ていると、騙されているというより、好んでそちらの情報を民が選択しているようにも思うのですが……そんな民たちが最終的に持ち合わせる言葉は…「騙された」になるはずなのです。それを伊丹万作さんの言葉からどうしても感じ取ってしまうのです。

ぶっちゃけ…スピリチュアルに騙されたと感じる人々(カモ)の心理構造にも似ている気がしますが……騙される人はその時自分が騙されているとは思いもしないものなのでしょう。

【なるほど!】カモになるタイプがカウンセリングで求めること。

2020年9月26日

だから最終的には「騙された」という感覚に満ちてしまうのだとも思います。

 

そして彼らが「騙されてしまう理由」について、伊丹万作さんの言葉を借りれば…

批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任など」があるからでしょう。

また「個人の尊厳の冒涜、すなわち自我の放棄であり人間性への裏切り」をしたからであり、「悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚」があるからでしょう。

そしてそういう人たちのことを伊丹万作さんは…「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。と、推論すれておりますが……今のメディア報道を事実として受け取っている人たちは75年前と同じ事態を繰り返すのではないのかなと思ってしまいます。

が……そもそも論として敵と味方を見間違えたのならもともこもありません。

なぜなら敵と味方を見間違えたのなら、誰しもが、「悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚」に陥いってしまうからです。

そして、残念ながら今の日本では悪気のない人が多勢な中で、敵と味方の見間違いが量産されているように思うのです。とはいえもちろん、敵と味方を誤ったのなら誰しも「悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚」に陥いってしまいます。私はそれを危惧しています。

何度も繰り返しますが、今回の大統領選は、どちらが勝つかの問題ではなく、大規模な不正が起きている事が問題なんです。

大規模な不正があったことを事実として受け入れる人と、今の事態はトランプの横暴と思う人では敵と味方は入れ替わるし、目的も全く筋違いのものになります。

そして、筋違いの内容を前提として解釈したのならば、必然的に誰もが「悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚」に陥り、そして最終的には「騙された」と誰かが誰かを罵る事態に陥ります。

既にこのような馬鹿げた事は祖先が経験済みで、二度と繰り返してはいけないこととして警笛を鳴らしてくれています。

でも、祖先の言葉を大事にしてこなかった私たちは、またもや同じ轍を踏みそうです。

ですから…どうか気が付いてほしいです。

自分の批判力が失われていないか、思考力が失われていないか、信念が失われていないか確認してほしいですし、敵と味方が間違っていないか、目的を見誤っていないか見直してほしいです。

説教臭い記事で申し訳ないですが……「トランプ大統領がごねている」と思ってしまうだけのことで、色々と現状把握を見誤るトラップが沢山あるので、どうかここだけは見誤らずに乗り越えていけいたらいいなと思ってこの記事を残しました。

ご理解頂ければ幸いです。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

2 件のコメント

  • 初めてメッセージさせて頂きます。
    今回の米大統領選はかなりショックな状況になってしまいましたね。

    日本のためにもトランプさんに大統領をやって欲しかったという気持ちもありますが、それよりなにより世界で最も影響力のある国の大統領選挙でここまであからさまな不正が行われたこと、それが深く追求されることなくそのまま押し切られたこと、挙げ句の果てにその不正を疑惑を伏せたうえ、抗議したトランプさんを悪者に仕立て上げ吹聴してまわるメディア…
    あまりにも悲惨な状態に、正直がっかりを通り越して呆れてしまいました。
    民主主義は…正義は死んだのか、と。

    それに連動するかのように日本のメディアもトランプさんをこき下ろすような偏った報道をばら撒いています。
    せめて身近な人たちには、と色々説明しましたがダメでした。
    「テレビではそんなこと言ってない、本当に問題があるならニュースになるはずだ。」「不正があったのなら選挙がやり直しになるはずだ、そうなってないってことは不正はトランプの言い掛かりだ。」「そもそも興味ない、こういう話題面倒くさい。」などなど…
    これが子のいる親の発言です。
    自分の周囲だけでもこの調子なら、日本にこういう人たちはかなり多いと思います。

    不正疑惑はちょっと調べれば沢山情報出てきます。
    アメリカ向けの報道だけならともかく、米大統領選に関与できない日本人に向けてまでわざわざトランプ下げの報道をする理由など、背後にどんな勢力の意向がはたらいているか、少し考えれば想像できます。

    戦前の世論の暴走もそうですが、私達はずっとメディアに踊らされ続けています。
    21世紀になってからもそれは続き、悪夢の民主党政権を樹立させてしまった恥ずべき過去もあります。
    それでもまだメディアや自称専門家を盲信し、これからも騙され続けるのでしょうか?

    現在ではインターネットがこれだけ普及し、かつて大きな力にもみ消されていた情報がいくらでも手に入るようになったのですから、日本人は自分の頭で考えて判断することの大切さをもう一度思い出す必要があると感じます。

    • おはようございます。初コメありがとうございます。
      それから、お返事が遅くなってしまってすみません。
      昨日一昨日と用事が立て込んでおり落ち着いてお返事を書く余裕がありませんでした。
      ごめんなさい。

      ホント、今回のことでどれほどまでに庶民がメディアの好きように踊らされているか分かりますよね。
      メディアは疑惑があるなら調べるべきだとモリカケサクラと政府が無関係と言える内容について何年も時間を割いてきましたが、今回の不正選挙の疑いに関しては一切の無視です。
      そして不正疑惑を追及している人たちを性格異常者のような形で取り上げます。
      完全なるダブルスタンダードで、公平や公正さの欠片などないですが、洗脳されている人はそれに気がつけないんですよね。

      人数としては気がつけていない人の方が多いですが、ちなみにそれはあまり気にすることはないと思います。
      彼等はトレンドマーケで言うと、後から流行に乗ってくるタイプなので、世の中の空気感が変われば自然とそれに便乗します。
      ですから、「分かってない人」に意識を向けず、分かっている人同士で連携して対応して仕事していくことが大事かなと思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください