【盲点潰し】一歩踏み出すと沢山の事が見えてくる

ただ見ているだけで想像していた世界は、実践すると全く違ってみえてくるね。

今まで考えていたことは、個人の思考の枠組みで作られた妄想だったと気が付かされるものですね。

 

GoogleAdsenseを導入してみたら急に見えてきたいろんなこと。

私が重い重い腰を上げてGoogleAdsenseに申請を行ったのは9月11日の5日前。

審査が通って導入開始されたのが翌日の9月12日。

【お知らせ】Google AdSense始めました。

2019年9月12日

あれからまだ4日しか経ってないのだけれども、それまでの日々がものすごい過去に感じてしまうくらい別の世界に来たように思うくらい見える世界が変わっています。

いわゆるアフェリエイト、つまりは広告収入に対する認識だって全然違ってきていて驚いています。

そもそも私アフェリエイトをよく思っていない時代が長くて……
ちなみに、どんな風にアフェリエイトを捉えていたかというと……

無理くり相手を自分の望む方向に誘導してクリックしてもらう的な?

現実世界で言えば、あまりに商魂逞しい営業マン的な?

そういうイメージを持っていたんです。

だけれども、自分自身が電子書籍を販売するようになって、買ってもらえる場所はAMAZONだから、それを機に自分の本や自分が良かったと思った本を紹介する際にはアフェリエイトでリンクを張るようになったのだけれども、これをやってみてアフェリエイトに対して抵抗感を持ってる自分ってなんだったのかな?って思うようになりました。

Amazonからしてみれば、紹介してくれたお礼金なわけだし、買う人は普段のリンクと何も変わらない。なんならアフェリエイト画像で紹介した方が見やすい。

合理的なシステムなんだなと思えるようになりました。

それ以上に、今までの自分は「宣伝するのに金がかかる」といういわゆる広告業界に生きた人間らしい考え方に雁字搦めになっていたのですが、「宣伝するのにお金がかからずお金が入るんだ!」って言う事実にも気がついてしまい目から鱗でしたよ。

本当に驚きました。

↓その時の思いは新刊に綴ってます↓

でも、自分のサイトにこうやって広告を入れるのは抵抗がありました。

自分のサイトが急に商業化したように思えるような感じがして……。

お金目的で書いているのではないのに、広告入れた瞬間からそういう見られ方しちゃうのかなって思って……。

ただそうは言えど、同じような事をしているのにガンガンお金を稼いでいるYoutuberの事は羨ましくて……。

彼らのように経済的な事がこの場所で循環するようになれば、ここにもっと時間を費やしていろんな事ができるのになんて矛盾した考えを思っておりました。

ということで…

まぁそんなに彼ら(youtuber)の存在が気になるなら「やってみよう」と思って重い腰(悩んで友達に相談して答えが出てから、実践するまで実は1ヵ月かかってますwwww)を上げたんです。

そしてやり始めた瞬間から、すなわち導入された直後から、自分の想像した以上に収益が入ってきちゃったのですが……その現実を目の当たりにして、まずは驚きました。

ただ自分のサイトに広告が載るだけでこんなにお金が入ってくるとは思いませんでした。(ちなみに今導入して4日目だけれども1万5千円超えてます。ちなみにAmazonのアフェリ収入は一カ月で5千円~1万円くらいです。)
しかも広告の設定の仕方とかが全く理解できてないこんな雑多の状態ででもこれくらいの結果が出るんだなと知ってびっくりです。

「ネットの広告収入は想像以上に大きい」この事実を知っているか知っていないかでは、見える世界は大きく変わるものだなと思ったし、何より完全に自分の中で盲点であったビジネススキームが存在していたことにようやく気がつけました。

 

ずっと分からなかった「いらすとや」のビジネススキームはこれか!

今やあらゆる所でお目にかかる「いらすとや」のイラスト

私もちょくちょく利用させて頂いて、こちらの本↓の図のいらすとは、全て「いらすとや」さんで作らせて頂いています。

一般的に無料のイラストを商業転用や利用することは禁止されているのですが、「いらすとや」さんの場合はそれも許してくれてるの。

https://www.irasutoya.com/p/faq.html

だから、私もこのお許し頂けている範囲内でイラストを利用させて頂いて書籍を販売させて頂いているの。

通常あのイラストを外注したら、それだけでどんなに安く見積もっても数万の支出は避けられないのに、無料でいいよって言ってくれるから、私もお言葉に甘えて利用させて頂いたのだけれども、「一体いらすとやさんはどこで収益を得ているのだろう……」そればかりが気になってたんだよね。

全然分からなかったの。

知名度上げて企業とかとコラボレートするのかなと思ったりもしたけれど、そういった案件のイラストもほぼ見つからず、いろんな企業がいらすとやさんのイラストを利用しているけれど、私と同じように無料で使ってるところが多分ほとんどなはずで……どうしてここまでやり続けれるのかなってそれが不思議で不思議で仕方なかったんだよね。

令和の時にはさっきの菅さんだけでなく……NHK見てた人ならみんな思ったはずのこんなイラストまで物凄いマッハで上げてくれてるし……。

【令和】日本って、いいな!!

2019年4月2日

ずっとずっとずっと分からなかったけれど、きっと広告収入のおかげで無料で配布できるに違いないっていう事に気が付きました。
私のアクセス数でこれくらいももらえてしまうのだから、いらすとやさんだったら月単位で1千万はいっていてもおかしくないんじゃないかなと思いました。
だとすれば、サイトを回転させていた方がもちろん効率的なはずだから「全部無料で良いよ」になりますよね。「一点〇円」っていう商売よりよっぽど効率的です。クレームの対応とかも基本しなくてよくなると思うし……。EC販売のシステム導入とかも不必要だし……。

そしてこれに気が付いた瞬間から、今まで見てきた世界とは違う扉が開いてしまいました。

どういう風にお金の流れが移り変わっているのかいまいち掴み切れてなかったんだけれども、一気に分かり始めました。

つまりは、マーケティングにおいても大転換期です!

今までの市場環境の考えとは真逆にお金の流れになっているのですから!

ということで次の記事では、マーケティング的に見てどのように経済環境の変化が起きているのか、そこに触れていきます。

めっちゃ書きたいことがいっぱいあります!

追記
これからの記事では、積極的に経済の自己確立についても述べていきたいなと思ったので
端楽コーナーを新設しました。
まだ記事数はこの1つだけだけど、これから充実していくと思うので、是非チェックしてね♪

 

新刊のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください