㊊中身のない商品を売るキラスピ起業女子の理由

さぁ!新しいWeekday♪が始まりました。

月曜日は、週の始まり!お仕事の始まりです!

ですが……月曜の朝はちょっと憂鬱っていう人も多いかもしれませんね(^^;)

ですから、そんな憂鬱を吹き飛ばし、少しでも皆さんの仕事が楽しくなったらいいなと思い、月曜日は「今日から使えるマーケティング講座」を曜日企画としてお届けしております。

また、少しでも気持ちいい出勤時間のお供になったら良いなと思ったので、「今日から使えるマーケティング講座は朝7:00に更新しています☆

是非今日からの仕事に「今日から使えるマーケティング講座」を使ってください。宜しくお願いします☆

 

なぜ彼女たちは中身のないものを売るのか

先週の告知では「中身のない商品を売る人たち」というタイトルでお届けすると書きましたが、主にそういう事をするのはキラスピ起業女子なので、はっきり限定して解説した方が分かり易いだろうなと思ったので、タイトルをほんの少し変えて、「中身のない商品を売るキラスピ起業女子の理由」として、今週はお届けさせて頂きたいと思います。

さてさて、スピ系及びキラキラ系と呼ばれる人たちは、往々にして、プロの仕事とは思えないどころか…素人以下の代物を高額で売りつけていることがよくあります。

では、その原因となる部分はどこにあるのでしょうか。

多くの人が疑問を持つ部分だと思うのですが、実はこれ、彼女たちが大いに勘違いしているマーケシング理論に影響があると私は考えています。

そのマーケティング理論に従った結果、ことごとくビジネスをはき違えていく言動を引き起こすのであろうと、私は考えています。

では一体、そのマーケティング理論はどのようになっているのか?そして、彼女たちはどこのタイミングでビジネスを捉え違いしていくのか?

その部分について、今日はお話ししていこうと思います。

 

未来に気持ちがあると良い商品は作れません。

先々週の「キラスピ起業女子たちの間違いマーケティング」にて、

キラキラ起業女子とスピ系起業女子の究極の共通点は、「輝いている自分(成功体験)」を見せる事でお金が入っていくるという飛んだ勘違いをしたビジネススキームを信じている

事が最大の問題点と指摘させて頂いたのですが、この影響は彼女たちが売り出す商品にも現われております。

ちょっと雑な図で申し訳無いのですが、こちらをまず見てください。

これが、一般的な人たちとスピキラ系の一番の違いです。

一般的な商品開発というのは、核になる理由(大義)があって、そこからどのような商品にするのか、どのように売るのかなど、少しずつ肉付けしていって、販売にもっていきます。

しかしながら、スピキラ系の人たちには一番大事なこれがないのですね。

どんな商品を作り、そしてそれをどんな風に売っていくのか考えるのでなく、「イケテル自分を魅せることで、イケテル商品になる」というメソッドしか持ち合せていないから、当然ながら中身がスカスカなんですよ。

以前ここの部分に関して詳しく書いた記事があるので、ここの部分だけ少し引用します。

【論破用③】SNSキラスピ起業女子の引き寄せのおかしい部分より

つまりですね、外見を良くすれば、それに合わさった現実がやってくると思っているように見えるんですね。そんなことは絶対にありえません。

だって彼女たちのやっていることは、お菓子とかで言うと、外箱だけめっちゃお洒落にして、中身が入っていないものを売っているようなことですよ。

誰が買うんですか?買わないでしょう。一度買ってみる人もいるかもしれませんが、その後二度と買う事もないでしょう。

彼女たちは今に夢中になっているつもりで、夢中になっているのは夢が達成されたはずの未来に夢中になっているんですね。だから、中身が無くなってしまうんです。中身がないのに外見だけを整えようとしてしまうんです。

これじゃどんなに投資しようとも、努力しても、一向に一つも目標など叶うはずもありません。

こういう事なんですよ。

そして、中身がないけれど一番外側の部分だけ厚みが強くなってしまうのです。また、その外側の部分が壊れたのならちっぽけな自分がバレてしまうから、プライドだけは人一倍になります。

だから、たいした商品を売っていないのにもかかわらず、自分や自分の商品をけなされたりすると凶暴になりますが、それは中身のない事を露呈していると言えます。

本来お客様の声ほど、有難いマーケティング材料はないのです。その情報を取り込むことによって、商品やサービスが今よりも進化する事など山のようにあるのに、彼女たちはたいした経験則や技術がなくとも、販売を開始した瞬間からプロ気取りでそのプロ気取りを崩しちゃいけない魔法にかかってしまっているから、お客様の苦情やニーズを受け取り対応することができないのです。

だから、成長することすらできず、というか貴重な成長の機会を自ら捨てているのです。一方で、プライドだけはどんどん成長していくため、えげつない負のスパイラルの中に巻き込まれるだけとなります。

 

高価格商品になるのは、お金と自分が一体化してるからでは?

また、たいした事のない商品を売っているのにもかかわらず、なぜか高額であることが常なのがキラスピ起業女子の特徴と言えるでしょう。

セッション2時間で36万円とかね。

まぁ2時間で36万円なんて数字は、Happy様級のモンスター教祖さまに限られたことと言えるかもしれませんが、数万程度の値段を取るのは当り前ですよね。

なぜ彼女たちが不釣り合いな価格をつけるかと言えば、荒稼ぎしたいというよりも「商品価値を高めたい」という意図があるからだと思います。

またその商品価値と自分というものが比例化しているからだとも思います。

「【自分が人から羨望されるに値する人間であること】を実質的に証明するために、価格が上がっていくのではなかろうか?」と、私は推察しておりますが……これこそ、自由になりたいという欲望と真逆の事だと言うことにも彼女たちは気がついていないのは残念ですよね。

お金というのは、労働や技能の対価に過ぎません。

しかし、彼女たちはそれを自分の価値と混同しているのです。

つまり、「お金が入る額=自分の社会的価値」という解釈に、無自覚の中でなっている可能性が高いと言えます。

そして、彼女たちは手に余りある程のお金が入る状態になれば、自分の社会的価値も上がり、自由な人生になると飛んだ勘違いをしているようですが、

お金=自分という結びつきがつよくなればなるほど、お金に支配される人生が待ち受けているだけです。

また、お金に心が支配されればされるほど、今まで以上に心は閉塞的になり、不安になるのが通常です。

ですから、表では煌びやかな自分を魅せながらも、心は今まで以上に孤独で不安で辛い気持ちに苛まれるのです。

 

彼女たちが上手くいかないのは、「自由になりたいと言いながら、どう考えても、不自由になるための選択をしている」から仕方ないのですが、間違ったマーケティング理論を信じていると、今までよりも不幸になることが多々あるので、気をつけていきたいですね。

 

ということで、今日のお話はここまでです。

来週は「気をつけて!データは見せ方次第で印象操作が可能!」と題してお届けします。

 

それから「今日から使えるマーケティング講座」の過去記事が読みたい場合は、TOPの「曜日企画」→「㊊今日から使えるマーケティング講座」を押して下さい。

今までの過去記事が見れます。

またマーケティングに関して他の記事が気になる方は、ページ右上にある検索窓や🔍で「マーケティング」と入力してみて下さい。

 

それでは来週月曜日の7時にまたお会いしましょう♪

 

 

6 件のコメント

  • ゆりこさん、おはようございます。
    今回も良質な記事をありがとうございました。
    特に今回の記事は「元鴨」だった私にはとても腑に落ちることばかりで(^^;;
    キラスピに惹かれた理由のひとつとして『現状を直視せず現実から逃げまくり未来を夢見ていたこと』ではないかと思っていましたが、やはりそうだったと確信しました。
    そして目が覚めたきっかけも教祖の中身の無さに気づいてしまったからなんですが、界隈をゆるくヲチしていると、信者の皆さんが同じように『ラッピングだけ豪華にすることに必死』で中身がなく、教祖と同じことやって自分も上手くいくと信じている様は哀れだなぁと思っています。

    今はたまにフラフラする自分を戒めながら(笑)地に足をつけた生活を満喫しております。

    長々と失礼しました。
    年の瀬の折、お身体に気をつけて下さいね。

    • おはようございます。
      お読みくださりありがとうございます。

      今日の積み重ねでしか未来は作れないのですが、西欧諸国から輸入された自己啓発系のほとんどは未来に意識を強める傾向があります。
      そしてその考えは、知らず知らずの中で、私たちの社会に溶け込んでいます。
      だから、多くの人たちがスピ系コンサルの沼に嵌まることにはなってしまったと思うのですが、気がついた人から今日を生きることを取り戻したいですね。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • ゆりこさんのマーケティング記事のおかげで、月曜日がとても楽しみです!
    今日も秀逸な記事をありがとうございます^^

    商品の段取りの図解、とってもわかりやすいです!
    本来はそこに大義があって、そこに自分のキャリアや実力(または資格)を使って現実レベルに落とし込むのだと思うのですが「私はこうなりたい!未来の理想の私はこれ」が先に来てしまうと、ちゃんとした商品ができないのでしょうね。
    理想の人生から逆算して商品を作るのならば、「すきを仕事に」ではなく「多くの人が望んでいる商品づくり」でなければいけないし、自分!自分!ではなく他人の要望に敏感でないと無理なのに・・・といつも思います。妄想の世界に生きている感は否めませんよね。

    私も以前コンサルに「匿名さんはプロ意識が高すぎます!そんなに高くなくていい」といわれてびっくりしたことがあります。お金を頂くのだから意識が高くて当たり前なんですけどね、特別すごいことを言っているわけでもないですし(笑)。

    スピではなくコーチング出身の方でしたが、やはり、商品の値段=自分の社会的価値、ちやほやされること=自分の存在証明、格上の起業家との交流=自分のランクという印象でした。正直「コーチングやってるのに、こんなに自分を見失うのか・・・」と驚いた次第です。表が煌びやかであるほどに、内面は寂しくて、不安定で、不自由なんだと実感しました。でも、なぜか自分は最先端を生きていると思ってしまうんですよね。お金にも見栄にも支配されてしまいますしね。

    ゆりこさんの記事を拝読していると、気が引き締まります^^
    次回もとても興味深い内容ですので、楽しみにしています!

    • こんばんは。いつも楽しみにしてくださり、本当にありがとうございます!

      図も分かり易かったと言ってもらい、ほっとしております。
      キラスピ系の人たちがしていることは、マーケティングで考察すると無意味としか言いようがない努力と喘ぎと続けているだけですね。

      「意識が低くて大丈夫」というコンサルの方の発言は、自分自身に対する肯定感の醸成のための言葉なのでしょうね。
      意識が低くとも、求めるのは煌びやかな世界であり、その煌びやかの仲間になったことでようやく自分を認められるようになるって、いろいろ終わってる感じがしますね。
      でもそういう方が多いのも事実なので、これからもお互い気をつけていかなきゃですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    いつもご丁寧なお返事をありがとうございます。

    >「意識が低くて大丈夫」というコンサルの方の発言は、自分自身に対する肯定感の醸成のための言葉なのでしょうね。
    意識が低くとも、求めるのは煌びやかな世界であり、その煌びやかの仲間になったことでようやく自分を認められるようになるって、いろいろ終わってる感じがしますね。

    ああ、とてもストンと落ちました。
    まさに!私の感じていた違和感を的確に言葉にしてくださってありがとうございます。

    このような感じのコンサルさんにお会いするのは2回目なのですが、2回も続いていたので「自分の考えが古いのだろうか?」「自分の在り方は時代の流れに合っていないのだろうか」と少し心配に思っていました。

    ゆりこさんの記事を拝読すると、真っ当な感覚を持っていれば、相いれない世界の考えだったのだと安心できます。
    何よりも、自分が求めていた骨太なマーケティングが学べます。

    本当にいつもありがとうございます。

    • こんにちは。
      よく考え方が古いなんて言葉は見かけますが、本当は考え方に新旧は存在しておらず、社会環境の変化に合わせて経済手法を変えるだけの事なのですが、その手法と考えがごっちゃになった挙げ句、今までの当り前を「古い考え」として捨て去ろうとしてしまう人は、結構いますよね。
      そういう考えは必ずいきずまります。
      私たちがするべきことは常に、新しい社会環境を受け容れ、それを利用しながらも、流されず、昔通りの規則正しい生活を心がけ成長するだけだと思います。
      そういうコンサルに立て続けに出会ってしまうのは、結局世の中の全体が見えている人の方が少ないっていう現われなだけだと思いますし、分かっていないのにプロ気取りの人が増えただけだと思いますよ。

      こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください