【迷走N国】変わるNHK世論

埼玉参院補選に出馬されるため、国会議員を辞めてしまった立花さん。

議員活動より選挙活動に執着し過ぎて、完全迷走している感は否めないものの、このお方のおかげでNHKに対する国内世論が変化したのは有難いなと思ってます。

 

今NHKの議論が正念場なのに……

今結構な具合で、NHK議論が国会内で地味に正念場を迎えている事をご存じですか。

N国党立花さんは「NHKをぶっ壊す!」と掲げて当選したので、こういった本格的なNHK議論で頭角を現わしてほしいなぁと思うのですが、正直完全迷走状態と言える状況に陥りつつあるのは残念だなと思ってます。

それから、NHKから国民を守る党に入党した丸山穂高議員については、酒絡みのゴシップネタで引きずり降ろそうとするメディアと特定野党の工作ばかりを感じてしまいますね。

とはいえ、N国党のお馴染みフレーズ

NHKをぶっ壊す

のおかげで、確実に世論は変わりつつあると思います。

私個人がN国党に期待していたことは、政策提案よりも立花さんのフレーズ連呼の影響による世論の転換だったので、ある種この転換は成し遂げられつつあるのではないかなと思ってます。

だって、立花さんのフレーズの連呼のおかげで、国民世論は確実にアンチNHKに傾き「NHKのやりたい放題はもう許さないぞ」という雰囲気が生まれましたから。

そして、その世論の後押しもあって、今までNHKの圧力で押し切られていた法案にメスが入り始めています。

先に貼り付けた渡邉さんの動画でお話しされている「NHKに関するパブリックコメントの収集」なんて、国民世論の変化の現われと言えるものだと思います。

だから、この世論の転換期に国会にいないことはもったいないですよね。言い方&見せ方次第で、自分の手柄にできる事沢山あるのに、議員活動より選挙活動ですからね(^^;)

まぁそれが立花さんだからしゃーないけれど、個人的にはもったいないなと思います。

 

NHKに関するパブリックコメントとは

さてさて、話は本題。「NHKに関するパブリックコメント」についてです。

この事について説明します。

NHKは現在ネット同時配信をしようと考えています。

↓参考記事↓

ただNHKというのは、無料ではありません。視聴者から受信料を頂いて放送している放送局です。

そういう放送局がネットに踏み込むということで起きることは何か…それは、「ネットに繋がれる人は全員受信料を払え」ですね。

現在NHKを全く見ていな人であっても、ワンセグ機能がついている携帯電話を持っているなら、受信料を払えと恫喝しているNHKですから、もちろんネット参入してきたら、同様の事が起きるでしょう。

家にテレビがなくとも、ネットが繋がってるなら金払えになるでしょうね。

このような問題もある中での改正案だったため、去る7月にも政府はパブリックコメントを募集しました。

その際多くの反対意見が集まったことで再度考えることになり、

また9月の内閣改造で、NHKの在り方に懐疑的な高市早苗氏が総務大臣に復活したことから、NHKの在り方を含めて再度パブリックコメントを収集する段取りになりました。

ここで反対意見が多ければ、NHKの新しいビジネスモデルは頓挫することになります。

ちなみにパブリックコメントの募集は12月8日までです。

こちらのリンク先でコメントを送ることができます。

NHKがネット事業に乗り出すことに反対される方は、是非こちらのパブリックコメントに意見を出しましょう。

リンク先のページに飛ぶとあまりに難しい言葉が並んでいるため、気後れするかもしれないですが、思った事をそのまま書けば大丈夫だと思います。

7月に実際に投稿された方のブログ記事がありましたので、参考になったらと思うので貼らせて頂きます。

私もまだパブリックコメントは提出していないのですが、12月8日までには提出しようと思います。

日本は民主主義ですから、民意が伝えられる場所には積極的に絡んでいきましょう。

また今年起きた韓国のホワイト国排除において、政府や官僚が毅然とした態度が貫けたのも、パブリックコメントが異例の4万件を超える事態が起きたからだと思います。

世論によって、政治の流れは変わります。私たちが出来る事は少ないですが、数少ないチャンスをきちんと活かしてこの国を整えていきたいですね。

 

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

2 件のコメント

  • こんにちは

    いつもコメントありがとうございます。

    鼻息荒く、コメント書いてきました。

    立花さんのことはよくわかりませんが、ぶっつぶすの時のポーズは好きです(1,2回見ただけです)。
    まじめな日本人が「ぶっつぶす」とは物騒なと思うのですが、NHKのやってることの酷さがあってのぶっつぶす、ですから傑作だと思います。
    たまたま違うジャンルの動画で他の男性が立花さんのポーズをマネしてたんですが、それもサマになってました。
    もしかしたらああいうポーズはあるのも一体感!?があっていいのかもしれませんね。
    子供のマネしそうですし。。。

    • おはようございます。
      パブリックコメントの提出お疲れ様でした。
      N国の立花さんは、元々メディア(NHK)におられた方なので、どのような情報投下したら浸透するか、かなり計算されておられると思いますし、本人のyoutubeでも、施策を本格的に投下する前に、マーケティングを行っていると言われていましたね。
      ですから、あの決め台詞を言うときの、ポーズ・表情・そして声のトーンは計算尽くされた上でやられていると思います。
      実際子供もすごく真似していましたから、戦略は当たったと言えますね。

      これからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください