【混乱する東アジア】ゲス過ぎる日本の上級国民たち

私がついつい山ちゃんの結婚に夢中になってしまっているこの数日の間に……

世界がめっちゃ動いていました……。

大東亜戦争(第二次世界大戦)と同じ轍を踏まないように、民間の庶民こそ冷静に頑張っていきましょう。

 

香港で、フィリピンで、台湾で……世界は混乱の渦

先週の日曜日から始まった香港のデモ。

習近平氏“失脚”危機!? 香港流血デモ、負傷者70人超…中国共産党は“内紛”状態 専門家「G20前にヤマ場」

その前の週である6月4日は、天安門事件から30年という節目だったこともあり、中国全土がキリキリピリピリしている様子が海を隔てたこっち側にも沢山届いていました。

そんな空気感が冷めやらないところで始まった香港のデモなのですが、二回目のデモである12日には、人民解放軍が入ってきていたそうで……。

もちろんこの辺のこと(人民解放軍が入ってきていること)などの報道は、日本できちんとされていません。

それから、香港でデモが開始された先週の日曜日(9日)。フィリピン沖合で、中国船がフィリピン漁船に衝突し、船が沈没する事態が起きたのですが、中国船は船員を救わず放置しました。

南シナ海、中国船がフィリピン漁船に衝突、沈没 船員22人を救わず放置=比国防省

ベトナム漁船がフィリピン漁船の船員を救出したとのことです。

 

それから、台湾の扱いが世界では大きく変化したことが先日ありましたが、それも日本ではほぼ報道されていないと思います。

それは米国防省が台湾を国家と表記したことです。

米国防総省、台湾を国家と表記

【米国、台湾を国家認定】他国ソース続々くる中、なぜか日本マスコミが完全スルーきめてる件wwwwwww

少なくとも、この一週間だけでも大きく東アジア情勢は動いているのに……日本と言ったら……。

 

年金2000万円問題で、政局活動&消費増税プロパガンダ。

もうすぐ参院選&消費増税を確実にしたいチームは、とにかく政権潰しに必死なのが分かります。

蓮舫さんが年金2000万とかで騒いでいますが、話し合うべき部分はそこではないといういうか……蓮舫さんの主張はそもそもお門違いの上に、フレーズ重視で政府の不信を買いたいだけにしか見えません。

【ワロタw】テレビにより明快に判明「冠婚葬祭と旅行費に毎月8万円、95才まで30年間続けると2000万円の赤字になる」

年金問題はきちんと話し合ってほしいと思いますが、はっきり言ってこれも、消費増税のためのプロパガンダ(=社会保障費の充実の必要性)にしか見えず、絶対にこれで問題解決なんてできないどころか、そもそも問題とする論点が間違っている上に、変な意識を国民にすり込むだけなので、社会が殺伐化するだけの布石になると、私は思ってます。

【日本の解き方】世にも奇妙な「老後2000万円」報告書… 金融庁の「不都合な事実」とは

でも、政権を倒せればそれで良い野党とメディア、それから消費増税さえできればいい財務省にはそれが見えないんでしょうね。

ちなみに今週の毎日新聞は、上記リンクした記事を書いている高橋洋一先生の相方である原英二さんに陰湿とういよりも犯罪と言っても良い噛みつき方をしてますね。

悪質な印象操作を重ねたフェイクニュースを連日TOPに持ってきて、原さん潰しにかかっています。

毎日新聞記事への反論② — 原 英史

この話を聞いた時、私はZ学園の最終話が頭に浮かびました。

今でこそ、「新聞社発の悪質なフェイクニュースである」ということがすぐに露呈するので、メディアも爆弾落としてみたものの……という状況になってきましたが、昔だったら、こういうガチなフェイクニュースによって、政権倒れるとか当り前に起きてたんですものね。

本当に怖いですわ……。

っていうか、こういう時代なのにも拘わらず、この手のフェイクニュースに乗っかって、官房長官記者会見でこのネタを基に質問したり、場合によっては国会質疑がこのフェイクニュースに使われることになるんでしょうね。

【特定野党】日本の一番の無駄遣い!!!!

はぁ……また……金と時間の無駄遣いが始まる(/_;)

 

っていうか……今日本はこんなことしている場合じゃないでしょ(/_;)

政局だとか、政党だとか、省益とか言って内部で紛争している場合じゃないでしょ。

一丸となって、本当に日本としてどうあるべきか考えれば、自ずとこんなことをしている場合じゃないと気がつくものなのに……本当におかまいなしっていうか……ぶっちゃけ彼にとっては、今こそ好機という感じなんでしょうね。

ぶっちゃけ……野党とメディアと財務省の一連の行動を見ていると、尾崎秀実らのコミンテルン工作員の謀略によって、戦時混乱が続き、敗戦することになってしまった大東亜戦争の悲劇を思い出します。

3-8.学校教育と共産主義の親和性

つまり、日本人でありながら反日主義者の人たちにとっては「この国が無くなることが良いこと」だったりしますから……今こそ好機なのかもしれません。

3-8.学校教育と共産主義の親和性 より

コミンテルンたちの考えに最も欠落しているのは「母国」の感覚です。戦争に勝っても負けても、それを契機に自分たちの理想である一党独裁の共産主義国家を創り出すことは彼らの普遍的な目標です。

そのため戦争という非常事態も彼らにとっては、その理想を叶えるための好機に全てすり替わっていくのです。

つまり、私が不思議だと感じていた軍国主義の実態とは、完全な共産主義国家になるための通過点でもあったのです。そして、共産主義者たちによる工作によって計画経済が敷かれていき、日本はより深い混乱に陥っていたというのが事実だったようです。

 

この記事では書かなかったけれど、一昨日中東のホムルズ海峡では日本の石油タンカーが攻撃されました。中東と日本そして米国の関係も揺れています。

そして、東アジアはもっと揺れています。

この揺れこそが、そして揺れから発生する混乱こそが、反日やコミンテルンなど「母国の感覚が薄い人には好機である」ことを胆に命じておきましょう。

 

それにしても、政権を引きずり降ろすことしか考えていない日本の上級国民の人たちって、ゲス過ぎるわ。

彼らを変えることはできないと思うので、それふまえて庶民が冷静に対応していきましょう。

 

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

2 件のコメント

  • はじめまして。
    今後に大きく影響してきそうな国際ニュース(しかも日本に密接な)が続くのに、マスコミの扱いが小さすぎて驚きを通り越して呆れます。
    庶民がわかる優先順位が何故わからないのか、仕事しろよと…。

    コミテルンとか左系の人が、日本嫌いだの、安倍さんがどうだの平気で言ってられるのは、そもそも日本で生まれ育ったお陰なのに、どうしてそれが分からないんでしょうね。
    自分の立つ土台がわかっていないと言うか、知識、教養の問題ではなく、少し考えれば分かることなのに。

    私はキリスト教を背景にして育ちましたが、日本のキリスト教って、すっごく日本を悪く言う人が多かったです。聖職者も左翼活動に熱心です。
    (勿論全員じゃないですよ)
    キリスト教が自由に活動できる日本が嫌いで、キリスト教が迫害されている中国にシンパシーを抱く思考回路が理解できなかったのが、教会から離れるきっかけの1つになりました。

    キリスト教の問題というより、自分の土台が理解できなくなっているから、明後日の思考回路になるのだと思います。
    竹久さんのおっしゃる土台とは意味が違ってしまうかもしれませんが、”土台問題”には共感を抱いています。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

    • こんにちは。
      お読みくださりありがとうございます。
      コメントから察するになのですが、多分私の言っている土台とさきさんが感じられている「土台」は同義だと思います。

      キリスト教も日本人としての土台がある中で、その思想を受け容れれば素晴らしいものになると私は思うのですが、仰る通り、根元が反日となれば、非常に面倒くさい思想の一つとなります。また最近のキリスト教会は、どう考えてもウリスト教としか思えない内容がキリスト教として伝播されているのも考え物だと思っています。
      私が尊敬している渡部昇一先生は、生粋の神道論者かと思っていましたが、カトリック信者でした。それほどまでに、日本の神話や日本の根本を理解されていました。私は、渡部昇一先生の本を読むようになってから、キリスト教だからといって、日本を否定するのはおかしいと思うようになりましたし、またキリスト教で学んだ考えの上に日本を融合させて頂けるのであれば、渡部昇一先生のような素晴らしい考えを伝えることに繋がると思っています。

      どうぞこれからも宜しく願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください