【知ってる?】大きな数字の先にあるもの

今の世の中「成功者」と呼ばれる人は、必ずなんだかとてつもない数字を持っている。

そして、「成功者にならなければ、幸せにはなれない」的な話も横行してるから、みんな「成功者」と呼ばれるのに相応しい「数字」を身につけようと躍起になってる。

その躍起さは、その先に何が待ち受けているから知らないから、無邪気なんだろうなとか思ったりしてる。

 

数字の大きさが示すもの

今の世の中は「大きな数字や特別な数字を手に入れたら、今の生活環境の次元から抜け出せて、一生苦しまないニルバーナにいける」と思わせる情報が多い。

だから、今の生活環境が苦しい人ほど、ニルバーナへの切符を手にするために、数字に夢中になっているように思う。

幸せは数字が作ってくれるものじゃないけれど、「数字が幸せを作り出してくれる」と勘違いしているのではないのかなと思う程、数字に狂喜乱舞しているとしか思えない人がいっぱいいる。

ぶっちゃけ、数字さえ手に入れてしまえばと思える気持ちに入れる人ほど、本当の数字の世界を知らない。

だからこそ、狂気乱舞できるのだと思うけれども、数字が大きくなればなるほどそれは背負うものが増えるということでもある。だけれども、現実を知らない人ほどそれに気がつけないし、気づけない。

 

大きな数字の先にあるもの

「成功したい」と願う人は、往々にして大きな数字や特別な数字を手に入れようと奮起してしまうもの。

特に最近は、「あなただって簡単に儲けられる」的な情報が横行しているから、ついつい「自分だって一千万円プレイヤーくらいにならなれるかもしれない」と思ってしまう人がいるかもしれない。

でも、たとえ一千万であったとしても、それを実務として落とし込んでいったら、そこに必ずあるのは「大変」という二文字。

「なるまでが大変」なのではなく、「なってからも大変」なので、そこお間違えなく。

だって、一千万円の年収や純利を得るという現実的な計算をしていけばしていくほど、そしてそれを永続的にさせていこうと思えば思う程、それは「大変」という二文字意外に浮かぶものはない。

だけれども、大きな数字や特別な数字にニルバーナ性を持ち合せている人ほど、現実的な視野が欠落いているので、「その数字を得れる自分になれたら、苦行は終わる」とか思っているように見えてしかたがない。

ぶっちゃけ、そっちに行った方が大変だよって私は思う。

大きな数字を持つということは、自分以外の人の生活も支えることに繋がる。自分の生活だけでも大変なのに、大きな数字を持つと、周囲の生活の責任まで受け持つ必要が必ずでてくる。

世の中で横行し続けている、「ビバ金持ち!」や「私金持ちになれました」情報とか見てると、それ分かって言ってるのかな?って思ってしまうことが多い。

 

自分を商品にするのは一番危険な商売

また、ネットで金策してるよなぁって思う人って、必ず商売と自分を結びつけているなと思う。自分という価値を上げて、自分にお金をつけようとしている人が多いけれど、それって商売というより、タレント業。

普通の商売以上に大変なのがタレント業なのに、よくやるなって思って見てる。

タレント業というのは、つまりは人気の上がり下がりによって、値段が変わってしまうことでもあるから。

自分のやれる能力を提供するという形で仕事をすれば、相場は大きく変わらないのに、単なる「人気」という水物を軸にすれば、相場の変動は突如激しくなる。

自分のブランディングが成功すれば、確かに一時的にでも大金にあやかれるかもしれないけれど、それは水物。一時的な物。

人気というものは、とてもとても移ろいやすいやすいもの。上がったと思ったらすぐに下がるもの。

右肩上がりの上昇期には、その人気は青天井に見えるだろうけれど、ブームは必ず終わるもの。

しかも「自分という人物」を「商品」として定めて商売してしまう時の怖さは、自分の鮮度が落ちた時に起こる。

ついこないだまで、旬だったはずの自分が、急激に古い人になる。

自分の持ち合せている能力や商品を武器に商売している人は、自分という存在が一時的にバブルな熱狂にさらされていても、売っているものがそもそも自分ではないので、大いなる損失はない。

だけど、存在だけを売りにしている人は、ここで取り返しがつかなくなる。

そこから実直な商売を始めた所で、判断既に遅しとしか言えないから、本当に気をつけた方が良いと思う。

 

大きな数字を求めるな、小さな数字を積み重ねよう

自分に自信がなくなってしまっている人ほど、大きな数字を求めがちになるのではないかなと、私は思ってる。

なぜなら、その非現実性がニルバーナ性も高めるから。

だから、大きな数字を欲しがって無我夢中になって馬車馬のように頑張るんだろうけれど、大きな数字を求めた先にあるのは、単に「大変」な現実。

しかも、大きな数字の世界に慣れてない人が、いきなり大きな数字の世界の住人になったのなら、その世界に翻弄される生き地獄が待っていることは目に見えている。

大きな数字を持ち合せていなければ立派な人だと思われない的な、妄想から大きな数字を求めてしまう人は沢山いるだろうけれど、やめておいた方がいいと私は思う。

小さな数字でも実績がある自分にまずはなることを目標にした方がいいと思う…………というか、それが普通なはずなのに、いきなりでかい事に挑戦しようとするから結局みんな挫折する。

それって、野球でいったら、草野球でもレギュラー取れるかどうか分からないような人が、プロ野球選手を気取るようなものだと思う。もしくはいきなりプロ野球選手と互角に戦おうとするようなものだと思う。

肩書きはプロ野球選手並でも、実力は草野球以下なことくらい、普通の人は初見で見抜けるし、実力が草野球なら、どんなに頑張ってもプロ野球選手に太刀打ちなんてできっこない。

小さな積み重ねをしていくことしか、本来、人はできない。

それに商売というものは、決して大きくなければならないというものでもない。

草野球レベルならそのレベルで商売して成り立つことは実は沢山ある。それは決して、恥ずかしいことでもないし、間違ってることでもないし、脱落者でもないし、なんならそれはそれで成功者と呼べると思う。

つまり、草野球レベルであることを自覚して、草野球の範囲で仕事をすれば、それは草野球のプロと呼ばれても過言ではないこととなり、そこには必ず需要と供給が成り立つものだと思う。

 

しょぼい起業で充分生きてけます。

ちなみに、今日こんな記事を書いたのは、最近よく記事にしてるえらてんさんの著書を読んだからでした。

これね↓

私もしょぼい起業な生き方をしていたので、「だよね~だよね~やっぱりそうだよね~」と思って読んでました。

キラキラした世界に憧れている人こそ、この本を読んでほしいです。

だってキラキラした世界に行っても、そこにあるのはニルバーナではなく「大変」なのですから。

私はしょぼい起業で生きていく方が、ニルバーナ性が高いと思ってます。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

8 件のコメント

  • 毎度感心しながら拝見させていただいております。
    今回も私のど真ん中にきました。
    と言いますか、常日頃思っていることが書かれておりましたので「うんうん、ですよね~」と思いながら読んでいました。

    言葉を選ばず敢えて言えば「身の程知らず」な人が多くなったと思います。
    言い換えれば「身の丈を知らない」人です。
    何故にそうなるかと考えたのですが、やはりそのような人たちは「現在の自分に向き合っていない」と思うのです。
    問題の原因を常に「自分以外」に求めるが故に、地道な自己成長を怠り、そのくせ環境だけを整えようとする。
    今自分が立っている環境は、今の自分だからそれ相応の環境となっているはず(過去からの自分の選択で今があるはず)と思えば、やるべきは今の自分を見つめ、認識し、腐ることなく、目の前のやるべきことを愚直に行うことが、未来に向けた正しい歩みだと思います。そうしているうちに勝手に環境もそれに応じて変化していく(自分が次の段階に行けることの証左)ものと思います。

    昔は気にしていませんでしたが、「小さなことからコツコツと」が私の好きな言葉にランクインしそうです。

    • おはようございます。いつもお読みくださりありがとうございます。
      戦後の教育の中で「道」という概念が奪われてしまったことが、「身の程知らず」や「身の丈を知らない」人を生み出す契機になったのではないかなと思ってます。
      「道」の観念に立てば、今やるべきことを愚直にこなし続けることしかできないのですが、西洋主観が強くはたらく成功哲学などは、今ではなく「未来」を軸に行動していきます。
      未来を軸に行動させるように促すことこそが、「洗脳」においては必須の作業とどんどん気がつくに至っていて、すごく怖いなと思って世の中みています。

      本当に西川きよし師匠の「小さなことからコツコツと」は大事です。どんな業界であっても「小さなことからコツコツと」と頑張ることで「道」の住人にはなれると思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • お早う御座います。いつも楽しく読ませて頂いています。時々心配になる時もありますが・・・あ、文章の下手なのはお許し下さい。小さな数字でお仕事しています。リラクゼーション気功をしています。怖くて大きなお金が提示できません、神様のよりしろ気功ということらしいです。「らしいです」というのはスピリチュアルカウンセラーの方とお客様方で霊が見える方達からの説明です。欲をかくととても怖い気持ちがあり、細々と仕事をしています。スピリチュアルはインチキが多いように書かれていらっしゃったので気功のお仕事は書きづらかったのですが、つい書いてしまいました。お許し下さい。

    • おはようございます。コメントありがとうございます。
      私、気功は好きというか、ものすごく信頼していて、自分も気に入って通っているお店があるくらいです。
      http://www.a-t-i.jp/
      ただ、仰る通り、こういう本来素晴らしいものをインチキ利用する人が多いから、素晴らしいものすらおかしな色眼鏡で見定められることが増えていることはなんとかしたいと思ってます。
      でも、うるとらまんさんがこれまた仰る通り、価格を見れば大凡のことは判断できそうな気がしますよね。
      一回の施行に数万、十万、数十万を求める業態は何かがおかしいですよね。

      これからも素敵な気功で多くの人を癒やしてください。応援しています。

  • 今日も目から鱗な記事をありがとうございます^^
    頷きながら読ませて頂きました!

    自分という存在=商品 にしてしまうことの危うさは私も本当にここ数年で実感しています。
    きちんとした商品・技術の積み重ねがあって、そこに自分のカリスマ性や存在感が掛け合わさっているのなら良いのですが、何もない人の場合は、本当にタレント業と一緒で、飽きられたら終わり。
    分かっていない人が多くてびっくりします。

    私の知人も、自分という存在=商品にしている人が何人かいますが、発信も過激になったり、性格も人相もドンドン悪くなっている印象があります。中には軸がしっかりしていた人も多いのですが、それでも精神的に不安定になっている姿を見ると、切り離して考えることはかなり難しいことなのだと実感しています。

    結局は実力を磨いて「あの人以外に考えられない!」と言わしめるくらいの存在感になれば、自然とお金も人気もついて来るし、周りから引き立てて貰えるようになるのですけどね。

    • こちらこそいつもお読みくださりありがとうございます。

      本来商売で一番気をつけなくてはならないのは、価格に見合った商品を提供することであると思ってます。その上でより満足してもらえれるように提供側は頑張るべきものだと思うのですが……、商売の第一段階から見誤っているとしか思えない人多いですよね。
      なにか色んなことを反転させて考えている上に、結果を急ぐから余計おかしな事が起きているように思います。
      ネットの時代になって、個人としてメディアを持つのも当り前になりましたし、個人としての意見を発信するスキルを持つことは、誰にとっても必要なことだと私は思っています。ただ、彼らの場合は、「知名度さえ手に入れれば」とそもそもの考えがかなり浅はかな上に、ネットリテラシー(ネットにおける情報流通のしくみ)すら理解できていない上で大胆すぎる行動に出るから痛い目に合うんだと思います。
      自己プロデュースという言葉が昨今盛んに叫ばれてますが、大凡自分の良いとこ見せよう的な感じにしか考えていないのだろうと思いますね。それで上手くいく時代なんて十年前には終わったのに……そこに気がつけない時代錯誤も余計に空回りの原因になっているんでしょうね。

      それではこれからも宜しく願い致します。

  • 竹久 友理子様
    はじめまして 毎回 楽しく読ませていただいております。
    今回はどうしても どうしてもお礼をお伝えしたくてコメント欄にお邪魔させていただきました。

    こちらの記事のコメント欄の うるとらまん様への返信コメントに紹介されていた、友理子さんの通われている気功、行ってきました。

    もう何年も前から骨盤の歪みが気になり、整体や気功など行ってはみるのですが、期待するほどの効果はなく、ほぼ諦めておりました。

    ところが、

    こちらの気功、一回目の施術が終わった後、その身体の変わりようと言ったら、ビックリでした。(もちろん良い方への変化です)。

    どこ行っても何回か通わないと治らないと言われ、実際 通っても う〜ん な感じで、治療かヒーリングかよく分からない と言うのが正直なところ多かったです。
    なので今回は心底 驚きました。

    友達に紹介したところ友人も納得の結果に、そのまた別の友人にも紹介して、やはり 一回目であの結果には皆、感動すら覚えると。今 私の周囲では盛り上がっております。

    それから 先生、凄いのに 淡々としてて商売気がないと言うか ギラギラ感とか 全くゼロ だし。
    (私 職場で商魂たくましいと言われるほどギラギラ感出しまくりで販売してます 汗)

    友理子様の他の記事にもあった通り、本当に凄い方は 静かで 淡々として 案外 身近なところにいるかも と思わせるくらい 市井に入り込んでるような方だと 改めて 教えていただいたように思います。

    人生100年時代、折り返し地点を過ぎた50代でこちらのの気功に出会えたことに 命拾いをした思いです。

    友理子様 よくぞ紹介してくださいました。

    そして うるとらまん様のコメントが無ければ
    出会えなかったご縁です。

    友理子様 うるとらまん様
    本当にありがとうございます。

    私は
    友理子さんのブログのお陰で、抜け切れなかった片足を やっと 抜くことができた 脱スピ者の一人です(汗)。

    なんちゃらヒーリングとか なんちゃらセッションとか 講演会にセミナーに 大枚叩いて 痛い思いを繰り返しておりました(苦笑)。

    だからこそ、今回の気功の結果に並々ならぬ感動を覚えたのかもしれませんが、それでも やはり凄いと思いました。

    最後にもう一度、竹久友理子様 うるとらまん様
    ありがとうございます。

    追伸:本日3回目に行ってきました。
    やっぱり 凄いです。

    • おはようございます!!
      それはそれは!良かったですね。私も嬉しいです。
      っていうか、あそこの店めちゃくちゃ入るの勇気いりますよね(笑)
      勇気を出して入店してくださりありがとうございます。

      自分と同じ感動が共有できていることが素直に嬉しいです。

      本当に先生ね、めちゃくちゃ商売っ気がないですよね。
      私もあの値段でやっていけるのかなぁって少々心配になるのですが、先生は手頃な価格でみんなが良くなってくれればそれでいいそうです。

      それではどうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください